TORIENA インタビュー

TORIENA インタビュー

TORIENA(読み方 : トリエナ)
HP : http://toriena.net/
Twitter : https://twitter.com/toriena
Facebook : https://www.facebook.com/toriena321
Instagram : https://www.instagram.com/toriena/
LINEBLOG : https://lineblog.me/toriena/
Soundcloud : https://soundcloud.com/toriena

皆さんは「チップチューン」という言葉をご存知だろうか?このジャンルを辞書的に語るなら、テクノポップから派生し、ゲームボーイに搭載されていた音源チップを元に奏でられる音楽ジャンルだ。サウンドを擬音的に表すなら「ピコピコ」がそれに近いだろうか。近年、認知を拡大しているこのシーンにおいて、2012年より活動し、今その名を轟かしている女性クリエイターが存在する。それが、今回ご紹介するTORIENAだ。

改めてご紹介すると、TORIENA2012京都は立命館大学在学中より活動を開始した女性チップチューンクリエイター。作詞・作曲・編曲・アートワーク・ヴォーカルを全てセルフプロデュースで行う彼女。ゲームボーイとDTMを掛け合わせた激しさとポップさを兼ね備えたサウンドで、チップチューンシーンは元より、近年ジャンルを飛び越えて活動を行なっている。

そんなTORIENAだが、201810月に自身のレーベルMADMILKEY RECORDSより、初の全国流通作となる新作フルアルバム『SIXTHSENSE RIOT』をリリースした。彼女の言葉を借りるなら、「満を時して」リリースされた本作。従来TORIENAが培ってきたチップチューン的アプローチは元より、他ジャンルとの融合要素や今まで見せなかった彼女の感情……喜怒哀楽が収録され、ネクストステージに駆け上がった印象が見受けられる。

今回、SIXTHSENSE RIOT』にまつわる逸話は勿論、彼女の事を改めて掘り下げるべく、生い立ちからルーツ、チップチューンとの出会い、思考法等を伺うべく、怒濤の1万字超えインタビューを実施した。

取材・文 / 宮久保仁貴  編集 / 松江佑太郎


 

まずは、このメディア初登場ですので、TORIENAさんの自己紹介をお願い致します。

 

TORIENA : チップチューンアーティストのTORIENAです。作詞作曲編曲・アートディレクションなどセルフプロデュースで色々ています。

 

TORIENAさん幼少期はどのようなことをして過ごされたのでしょうか?

 

TORIENA : 親が音楽好きだったです。特に父はルーツレゲエやR&B好きで。家に大きなスピーカー2、アナログターンテーブルやミキサーがあって、音楽を聴くスペースみたいなものがあったりしていて。なので、結構良い音で音楽を聴いたりしてました。あと、3歳ぐらいの時からバレエを習っていて、音に合わせて踊ったりするすごく好きでした。

 

幼少期から音楽的に恵まれた環境だったですね!ちなみに、TORIENAさんが初めて購入されたCDはどなたの物だったのでしょうか?

 

TORIENA : アメリカのポップアイドルHilary Duffのものでしたね。それが小学校5年生ぐらいだったかな……でも、どちらかというと、元々電子音楽みたいなやつが好きでしたね。当時はバンド音楽が流行っていてそれも一応聴いてはいたけど、それよりかはDAFT PUNKKRAFTWERKとか、あのあたりがカッコいいと思ってましたちょっとエレクトロっぽい、電子音っぽい感じのものが好きで、中学校の時、POLYSICSに初めて出会いました。

 

この時期から、今の音楽活動への片鱗が垣間見えますね!続きまして、TORIENAさんが初めて楽器等に触れたのはいつの頃になるのでしょうか?

 

TORIENA :  同じ時期あたりから吹奏楽をやっていたですが人が少なかったからチューバコントラバス、エレキベースとか低音系楽器を一通りやりまして。

そして、個人的にベースギター買って演奏し始めて……でもまだDTMとかは流行っていなかったので、どうやればいいのかとかも分からなくて。そういう訳で、バンドやりたいと思いながら、1人部屋でベース・マガジンとか読みながらめっちゃテクいフレーズ……例えばJaco Pastoriusとかを練習して、「弾けない……。」みたいな事を繰り返していました(笑)

 

()。そこから、TORIENAさんは今現在主戦場とされているチップチューンと出会われる訳ですが、こちらのきっかけを教えて下さい。世代としては、GB直撃世代では無いように思いますが。

 

TORIENA : まず、高校3年の時にクラブとまではいかないような箱でテクノイベントがあって、たまたま友達に誘われて初めて行ったですよ。そこで流れてくる音は、当然ヘッドフォン聴くのと全然違う大きい音で、めちゃめちゃ衝撃を受けたです。その時、「私はテクノを作るために生まれてきた!」思って()そこからテクノ作ろうということで、アルバイトしてCubase買ったですけど……いざ触ってみたら、出来る範囲が広すぎて難しいと思ったんです。

 

なるほど。大学時代はどの様な生活を過ごされたのでしょうか?

 

TORIENA : その後大学オリジナル楽曲を制作するサークルに入ったらそこにテクノ好きな人が何人かいて。そのサークルの友達から、「チップチューンっていうのがあるだけど知ってる?」って言われたんですけど、その時の私は全然知らなくて。チップチューンっていうものを自発的に知ったというよりかは、偶然にやり始めた感じでした。チップチューンのイベントをやっていたりしていた、cafe la siestaっていう京都のゲームバーに行って、いざ、「チップチューンやりたいですけど、どうやってみんなやってるんですか?」と聞いたらカセッ貰ってLittle Sound Djっていうソフトんだけどこれで曲作った人多いよ。みたいに教えてもらって

 

ここで初めてチップチューンと出会われたのですね!

 

TORIENA : ただ、カセットゲットしたのは良いですけど、いざ触ってみたらめちゃくちゃ難しいんですよね。「ちょっとムズいな……。」と思って放置してんですけどある時友達から「TORIENAちゃん、ライブ決まったよ。」っていきなり言われてこの日、共演者もU.S.KさんとかOmodakaさんとか、めちゃくちゃ豪華だったで。「曲作ってないじゃん、作んなきゃ。」と思っ……1曲作るじゃなくて30のミックスみたいなものを1つのカセットの中に作って初めてライブしですけど、そのライブがすごく楽しくて……!そこから結局続けて……結局という言い方はアレなんですけど、気付いたらずっとやってます(笑)

 

TORIENAさんが活動を始められた頃、女性の方でこのジャンルに進出されていた方は少なかったですよね。

 

TORIENA : そうですね。それこそLittle Sound Djとかチップチューンの曲を作る制作画面とかを見てもらったら分かると思うですけど作曲の仕方が結構プログラミングに近くてすごく理系っぽいですよね。だからか、クリエイター側としては中々取っ付きにくい一面もあるのかな、と思います。そんな前提があったからこそ、当時の私みたいに女の子で若い子ってあんまりいなくて。だから良くも悪くも目立つというか。

そう意味で珍しがってもらって、ライブブッキングが増えたりとか注目してもらったりとか……ういう点ありがたかったですが、個人的にはすごくテクノが好きで、高校の時に初めて箱で聴いた衝撃から、私は純粋にテクノやりたいいう気持ちがあったです。作ったものを聴いてもらいたい欲求は勿論ありそういう本質のところまでちゃんと届いているのかが気になりましたねあと、「結局男の影響でしょ?」とか「すぐやめるでしょ。」みたいなことは言われたりしててそれはまあムカつくですけど()続けてれば本当に好きな気持ちは証明されるだろうと思って「この野郎!」思いながら、頑張って続けてきました。最近少しずつ本当に音楽好きでやってんだな!」という事が人々に少しずつ伝わってきてるんじゃないかなと思うので、そういう感じで続けていきたいです

 

ちなみに、活動当初からDJシーンのみならず、TORIENAさんはその他ジャンルとの共演も多いですよね。

 

TORIENA : 確かに。例えばアイドルの方と共演する事もあるので、私自身アイドルと間違われることが結構多いですけどステージに立つっていう側面では同じですが、アイドルの方とはまた違う職業を担っていると思っていますでもいろんな方と共演することは、1つの扉が増えている状態だと思うので……例えば人が音楽を聴くきっかけは沢山あるじゃないですか。ライブ見に行ったら曲が良かった結果、CD買ってみたとかもあると思うし。その一部として、パッと見のヴィジュアルイメージが良くてジャケ買いしたら実際良かったとか。そういう入り口が多いには良いと思うので、わざと顔隠してやったりするのも違うと思うし、どのシーンでやって、どう思われようが自分の世界観を全開にして行こうと思って活動してきました

 

アーティストにとって、どんな状況・場所で活動しようとも、本来一番意識すべき点ですよね。

 

TORIENA : ぶっちゃありのままさらけ出せる普通に生きてたらあんまりないじゃないですか。ただ、表現において、それは自由だし、やっぱりそういう事が出来る人間がアーティストだと私は思います。

自分自身繊細な方だと思っていて、少しの事でも感情すごく揺り動かされたり、すごく想像してしまったりとかそういうことが小さい時からありまして。生きにくいなと思っていたです。でも、それを0から100まで人に全部伝えて共感し合いたい気持ちはあって。私も発信するし、聴いている人の思ってることも全部知りたいみたいな人間だったですよ。ただ、思ったことを全部言うは無理じゃないですかでもそれが叶うのが表現だと思ってだからこそ表現を通して、なるべくありのままの自分を曝け出していきたいなと……それこそアーティストだし思います。

 

そんなTORIENAさんが先述の音楽ジャンルもしかり、今現在に到るまで影響を受けてきた方・物事を教えて下さい。

 

TORIENA : 私は音楽だけじゃなくて、絵とか作品からもすごく影響されるタイプなんですよ。中でも、一番影響されてるのは水野純子さんというイラストレーター・漫画家さんです水野さんは、人生の見え方、ものの見え方を完全に変えられました

音楽だと……難しいな実は、音楽のアーティストで憧れてる人っていないですよね、めちゃくちゃ生意気な話なんですけど。と言うのも勿論様々なジャンルを幅広く聴いてきて例えば「この曲カッコいい!」とかはあるですけど、曲全体と言うよりは、「この曲の特にこの部分がカッコいい!」という形で。完全に自分自身の形にぴったりハマるっていうのが無くて……やっぱりそれはその人の作品、哲学じゃないですか。だからこそ、私の物見方完全に一致することはあんまり無いですよねその裏返しとして、ジャンル問わず、1曲1曲の好きな部分をかき集めて、自分のものにしたいということで、曲を作り始めた節があったので

だから、憧れのアーティストがいて、いうよりかは自分になりたくてやっているので、特定の憧れはあんまり無いですね1ケ月誰かめっちゃハマって聴くとかあるですけど、ずっと通してこの人が好きとかはあんまり……でも、チャイコフスキーとか好きです(笑)もともとバレエやってたから懐かしい気持ちになります。

Comments are closed, but trackbacks and pingbacks are open.