多様化するVTuber オリジナル曲を歌う音楽バーチャルYouTuber Vol.4 東雲めぐ(feat.キツネDJ)、蒼月エリ、星街すいせい、星宮とと×TEMPLIME

多様化するVTuber オリジナル曲を歌う音楽バーチャルYouTuber Vol.4 東雲めぐ(feat.キツネDJ)、蒼月エリ、星街すいせい、星宮とと×TEMPLIME

先日2019年4月19日に日本テレビ系音楽番組『バズリズム02』にて、「ネット動画出身アーティスト」特集が放送された。番組内では天月-あまつき-、ヨルシカ、すとぷり、神山羊といった新世代ネット動画出身アーティストが紹介され、ゲストとしてVTuberのキズナアイとカミナリアイが出演。最早、VTuberの活躍は既存の音楽番組も無視できない。

改めて昨年のVTuberの音楽活動を振り返ると、2018年には、キズナアイを始めとする、YuNiや富士葵らオリジナル曲を歌うバーチャルシンガーの楽曲はiTunesミュージックチャートで10位内にランクイン。また、中田ヤスタカやDE DE MOUSE、田仲圭太などの日本を代表する音楽プロデューサーが彼女らに楽曲提供、プロデュースを行った。さらに、去年はミソシタがポニーキャニオン、富士葵がユニバーサルミュージックから、今年はときのそらがビクターエンタテインメントからメジャーデビューを果たすなど、音楽シーンにおいても一アーティストとして認められる存在となっている。

今回の本コラムでは、今後のVTuberの音楽シーン、そしてオーバーグラウンドの音楽シーンに台頭するであろうVTuberとして、東雲めぐ(feat.キツネDJ)、蒼月エリ、星街すいせい、星宮とと×TEMPLIMEの4組をフォーカス。彼女達の活動はもとより、楽曲自体に着目して、その魅力をお伝えしたいと思う。

関連 : 多様化するVTuber – オリジナル曲を歌う音楽VTuber 富士葵、キズナアイ、ときのそら

関連 : 多様化するVTuber – オリジナル曲を歌う音楽VTuber Vol.2 YuNi、Alt!!、銀河アリス、AZKi、花譜

関連 : 多様化するVTuber – オリジナル曲を歌う音楽VTuber Vol.3 HIMEHINA(ヒメヒナ/田中ヒメ、鈴木ヒナ)、樋口楓、アズマリム、memex

関連 : 多様化するVTuber 楽器を演奏する音楽VTuber 花奏かのん、音葉ねね、柊うるめ、椎名佳奈

文・編集 /  滝田優樹


【東雲めぐ feat.キツネDJ】

東雲めぐは2019年4月現在、日和丘高等学校に通う現役女子高生で、SHOWROOMEを中心にYouTube、Voicy、Mirrativなどで活動を行っている。2018年3月に歌手をめざしてSHOWROOMEでの活動を開始し、9月にVTuberとしてデビュー。過去、彼女は甲賀流忍者!ぽんぽこの生放送企画「ぽんぽこ24」ゲスト出演や富士フィルムやBIG ECHO等の大手企業とのコラボも果たしている。また、10月にはクラウドファンディングにて東雲めぐ原案の絵本「たくあんマン」出版企画が見事サクセスする等、活動は多岐にわたる。

今回紹介する「FUNKY MONKEY LOVE feat.キツネDJ」ではバーチャル界No.1のDJを自称するトラックメイカー、キツネDJとのコラボレーションが実現。自身が作詞作曲振付を行った「ぐみのうた」では、きらきらシンセポップなサウンドにより純真でゆるふわな彼女の魅力を活かした楽曲であったが、私立恵比寿中学での客演(「明日もきっと70点 feat.東雲めぐ」)を経て、発表された今回はアーティストとして新しい一面を見出した、かなりテイストが異なる楽曲となっている。

「FUNKY MONKEY LOVE feat.キツネDJ」では、ダンス/エレクトロニック、いわゆるEDM調なサウンドに、エフェクトが施されたラップ・ヴォーカルが乗せられたトラップ系ナンバーに仕上がっており、大人な印象を感じさせる。また、それとは打って変って「チャイムなって席について 君の座席をふりむいて もう眠っちゃてる君は早速先生に怒られて」と、等身大の女子高生の描写が綴られた歌詞。サウンドとの対比、ギャップが思わぬ切なさを演出する内容となっている。

アイドル的な可愛さを魅力とした楽曲からテン年代以降の洋楽シーンを踏襲しうた楽曲まで歌いあげた東雲めぐは、これから音楽アーティストとしても活躍していくのは間違いないだろう。

関連 : 東雲めぐ インタビュー
https://toppamedia.com/interview-2019-4-shinonome-megu/


【蒼月エリ】

蒼月エリはVTuberユニット「Honey Strap」メンバーで、TwitterとYoutubeでのライブ配信を中心に活動。東京都北区赤羽のどこかにあるらしい夜の喫茶店「Honey Strap -ハニーストラップ-」の歌姫店員である蒼月エリは、弾き語りを得意とし、VTuberの中でも圧倒的な歌唱力との評価を得ている。

同じHoney Strap所属の周防パトラが作詞作曲を手掛けた「蒼い蝶」は、今年2月にリリースされたシングル曲で、蒼月エリの歌唱力が遺憾なく発揮されたロックチューンだ。額縁の中の蝶をテーマとした歌詞は、まるでVTuberだけでは収まらない才能を魅せつける彼女自身のことであるようで感慨深い。ストリングス、ホーンなどが使用され、ジャズティックなサウンドと馬力たっぷりのドラミングは高揚感を演出。伸びやかで扇情的な歌声は“蒼い蝶”のように妖艶で、生命力に満ち溢れている。弾き語りとはまた違うエネルギッシュでアグレッシヴな一面も確認することができる。

歌の生配信ではギターの弾き語りによるカバーを定期的に行い、人気を獲得してきた彼女だが、今回楽曲提供により新たな魅力を発揮させた。これを皮きりに他のクリエイタ―やアーティストとのコラボを重ね、シンガーとして成長していく蒼月エリも見てみたい。

関連 : 蒼月エリ YouTube Channel
https://www.youtube.com/channel/UC3UKMRQmBcjXWu66cvxcngA

    Comments are closed, but trackbacks and pingbacks are open.