AZKi連載 「Come AZ You Are 」 #4

AZKi連載 「Come AZ You Are 」 #4

AZKi : すごい頑張ってます!もうね、全部で10曲以上あって、今は3曲録りました。めちゃくちゃ良い曲ばっかりなので……泣いちゃうかも(笑)。歌ってて泣いちゃいますね。みんなに早く聴かせたいです。

 

ツラニミズ : もともとそんなにストーリー作ってなかったんですけど、盤として輪郭が見えてきたらどんどんストーリーが見えてくる感じがしてます。

 

AZKi : 表題曲の「without U」がヤバいですよ。私、歌いながら泣きそうになりました(笑)。みんなも歌える部分あるんじゃないかな。サビの掛け声みたいなの、みんなまた歌ってもらえるんじゃないでしょうか。

 

-ちなみに、「Without U」はどなたが作曲されたんですか?

 

ツラニミズ : RD-Soundsさんです。その辺は、追ってドドンと発表します!

 

-それは楽しみです……!続きまして、AZKiさんはTwitter限定で新たに「こえにっき」を始められましたよね。やり始めたきっかけを教えてください。

 

 

 

AZKi : きっかけは花譜ちゃんにリプライをもらったことですね。喜びをどう表現したらいいかっていう話をカエルとしてて、「声でなんか喋ってみたら?」って言われて、思いの丈をマイクの前で言ってみよう、みたいな感じで始めまして……。

 

-声で伝えようっていう発想がヤバいですね(笑)。

 

AZKi : (笑)。「花譜ちゃんありがとう!」って。それで、イベントとか、節々のタイミングであげられたらいいねという話をしていて。そうやって始めましたが……いかがでしょうか(笑)。

 

-よりAZKiさんが身近なものとして感じられる試みだと思います。また、よりAZKiさんが身近に感じられる試みの一つとして、アズラジMAXが遂にスタートしました。初回、水科葵さん出演回を見に行っていたのですが、会場は開拓者とぶくぶくの民同士で良い交流が行われていたように思います。スタジオ側は如何でしたか?

 

関連 : 水科葵 インタビュー
https://toppamedia.com/interview-2019-6-mizushina-aoi-gems-company/

 

AZKi : みずしー良い子ですよ。めっちゃ良い子です。初対面だったんですけど、公開録音スタジオで初めて会いました。本人が音楽好きなのもあって、結構好きなアーティストとかも合ってたりして、お話していて、「関西弁で喋る猫耳良いな。」と思って(笑)。すごく落ち着いていて、良きところで突っ込んでくれるし、良きところでボケてくれるし、ウマが合うというか。そんな感じで、終始楽しくラジオを進められてよかったなと思います。

あと、やっぱり醍醐味はラジオなんですけど最後にミニライブもやった所で。みずしーの曲、「鮮紅の花」を一緒に歌うことが出来たんです。個人的に、今までリアルで一緒にコラボする機会が先日のINNK EXHiBiTiONくらいしかなくて少なかったので。みずしーがフリを教えてくれて、それも嬉しかったです。一緒にこういう風にしよう、とかなかなかないので。普段はひとりで歌ってますからね。またやりたいですね~。

 

 

-次回はfulfillの「形而境界のモノローグ」を是非……!9月にはそんなアズラジMAXの第2回目、そして「LAST V STANDiNG vol.1」、「レペゼンエンタス」とイベントが目白押しですね。まず、アズラジMAXゲストの彩音さんについてはどのように思われていますか?



▼「アズラジ」MAX!!チケット・公演詳細
https://spwn.jp/190901-azki/


 

AZKi : 私、彩音さんが歌った『ひぐらしのなく頃に祭』の主題歌の「嘆きノ森」を聴いていて、すごく遠い存在の人なんですよ。手の届かないアニソン歌手で、そんなに近くにいていいのかと。今回その話がきた時にも驚きの方が大きくて、「いいんですか?」と思いました。

 

-憧れの方との共演……ある意味夢が叶った感じではありますね!

    Comments are closed, but trackbacks and pingbacks are open.