原田ちあき インタビュー

原田ちあき インタビュー

原田ちあき
HP : http://cchhiiaakkii8.wixsite.com/chiaki
Twitter : https://twitter.com/cchhiiaakkii
Instagram : https://www.instagram.com/cchhiiaakkii9/

原田ちあきは1990年生まれの大阪在住のイラストレーター、漫画家、キュレーター。自身を「よいこのための悪口メーカー」と称し、一つのキャンバスの中に、ヴィヴィッドな色使いで描かれた女性像・後ろめたい心情を表す強烈な文言を内包するスタイルで活動している。彼女の絵を見て、衝撃を受ける人もいれば、はたまた感動する人もいるだろうし、そして勇気をもらう人もいるであろう。

これまでにWEB・SNS・リアル問わず幅広く活動している彼女だが、音楽アーティスト・イベントとのコラボ作品も非常に多い。でんぱ組.inc、クリープハイプ、sukekiyo、大森靖子、ゲスの極み乙女。、Su凸ko D凹koi、鬱フェス(アーバンギャルド)、RAB(リアルアキバボーイズ)、へきトラハウス、りんご音楽祭2017、ウルフルズ等々……数々のツワモノ達と共同作業を行なってきた彼女もまた、現代に生きるツワモノの一人なのだ。これらのアートワークを見て、原田女史の事を知ったユーザーも多いのではないだろうか。

大阪在住の原田女史に対し、略歴から絵を描き始めたきっかけ、作品を制作する際の心構え等を、メールインタビューにて語ってもらった。

文 / 原田ちあき 編集 / 宮久保仁貴


 

まずはTOPPA!!初登場です原田様自己紹介をお願い致します

 

原田ちあき : 原田ちあきと申します。生業はイラストレーター、漫画家をしています。

 

いつから絵を描かれていたのでしょうか?

 

原田ちあき : 絵を描くのは小さいころから好きだったんですよ。

 

当時はどのような題材を書かれていたのでしょうか?

 

原田ちあき : 幼稚園の頃はセーラームーンのイラストを描くことが多かったです。小学校に上がるとたまごっちのイラストばかり描いていた記憶があります。

そして、中学に上がったんですけど、そこで出会った美術教師がとてもいい人で、「美術の専門高校に進みなさい!」と私は言われていたんですが……当初は制服の可愛い商業高校に進むつもりでいました。ただ、中学3年生の進路決めの時期に、その美術の先生が病気で急逝してしまって。その時色々考えて、「先生も言っていたし……やっぱり美術高校に進もう!」と思い、受験、合格しました。

 

ある種の運命を感じますね。高校の生活は如何でしたか?

 

原田ちあき : それまで、俗にいうクラスで1~2番目に絵がうまい人間だったのですが……クラスの皆が私より絵がうまい子ばかりで自信を無くしちゃって。そこからすっかり絵を描かなくなり、入部した演劇部の活動に没頭しました。

その後、高校3年の受験の時期になり、適当に大学に入ろうと思った矢先に家が自己破産してしまったんですよ……。家族が解散したので「好きな事をしよう!」と思い、お笑い芸人を目指して養成所に入りました。

 

紆余曲折があったんですね。

 

原田ちあき : そうなんです。そして20歳の頃、美術大学に進学した友達から突然「グループ展をやらない?」と連絡を受けたんです。それがきっかけで、何となく絵本を一冊描いたのですが……これがやっぱり楽しくて!「絵を描こう!」と思い、劇団を辞めてイラストを描き始めました。当時、バンドをしている友人が周りに多く、フライヤーのデザインなどを引き受けていきまして。そんなこんなを経て、今の様にイラストの仕事を頂けるようになりました。

 

 

ありがとうございます。原田様は近年はイラストから漫画からグッズデザインまで……非常に多岐に渡る活動をされていらっしゃいますねいずれもが一目見て、「原田ちあきと感じさせるオーラを感じますまずはルーツから教えて頂けますでしょ

 

原田ちあき : 楳図かずお先生と荒木飛呂彦先生、あとは吉田戦車先生の影響が大きいです。奇妙なものが好きなので、学生時代は絵画だとサルバドールダリ、音楽だと”たま”をよく聴いていました。

 

作品に泣き顔女性が出てきて名言を発する作品が多いですが何故この作画スタイルを取られるに至ったでしょ

原田ちあき : イラストを描くのがとても下手で、21〜22歳の頃に凄く試行錯誤していた時期がありまして。その時期にとても嫌なことがあって「この気持ちを……イラストの女の子に言わせてみよう!」と思い、それをツイッターに投稿したんです。すると、それまでのイラストの中で一番共感や反応を頂きまして。同時に私自身とても救われたんですよ。

 

そのころ俗にいうネガティブなイラストとセリフを一枚の絵に落とし込む作家が周りにいなくて、「もしかすると私の他にも、このイラストが必要な人が他にいるかもしれない、その人のためにもっと描いてみよう。」と思い描き始めました。

 

その様な経緯があったんですね!これらの作品を見て、勇気付けられた人も多いかと思います。ちなみに、作品につける文言を想像する際な時にインスピレーションが湧く事が多いですか

 

原田ちあき : 私自身落ち込んだ時に、「何でへこんでるのか?」「誰のせいで落ち込んでいるのか?」「あの人は何を考えていたのか?」「何が正解なのか?」等……突き詰めて考えるのがとても好きで、グルグル考えているうちに思いついたりします。自分の中の言い訳とか回答が出ると、気持ち的に楽になります。

 

自身の救いにもなっているんですね。続いては、原田様の作品は非常にヴィヴィッドな色使いの作品が多いですが、色使いに関して注力している事を教えて下さい

 

原田ちあき : 自分の好きな色を塗る事です。

 

なるほど。ところで、原田様は近年は数々音楽アーティストとコラボレーションを行われていらっしゃいますね。そんな原田様自身音楽的ルーツを教えて下さい

 

原田ちあき : 学生時代は「たま」「P-MODEL」をよく聴いていました。今でもこの2バンドはよく聴きながら作業しています。総じて……変な音楽が好きです。

 

両者共に独自の世界観を展開されていますよね。続いては、そんなアーティスト様とのコラボレーションの経緯を教えていただけますか?

 

原田ちあき : 直近の話をすると、へきトラハウスさんですね。実は彼らが有名になるかなり前から、ふんわりとその存在は知っていまして。あと、直接面識はなかったのですが、カワグチジンくんが私のイラストに関してツイートしてくれていたのを見たんです。

数年経った今年の夏、音楽イベントでライブペイントをしていた時に本当にふとそのことを思い出しまして。「もう私の絵のことなんか忘れてるだろうな~。」と思って振り返ったら、相馬トランジスタさん、へきほーさん、カワグチジンくんのへきトラハウスさん3人が立っていて、びっくりした事を覚えています……!

 

運命的な出会いを感じますね!

 

原田ちあき : あれは驚きました……!顔は知っているんですけど、へきトラさんという確証が無いので……どぎまぎしながら「バンドマンですか…?」と訊ねてしまったんです(笑)。でも、笑って流してくださって「懐深~!」と思いました(笑)。

 

何というか……ジョジョの奇妙な冒険的に言うと、「スタンド使いは惹かれ合う。」的なモノを感じました!さて、一つ作品が出来上がる、原田様はどれぐらい時間をかけられるでしょ

 

原田ちあき : 物にもよりますが、大体1~5日で完成させます。ちょっと細かい作品になると……10日ぐらいかかることもあります。

 

お速いですね!ちなみに、原田様が初めて描かれた作品はどな物だったでしょ

 

原田ちあき : 最初は白黒の細かいイラストを描いていました。その頃は、女の子の顔ももっとかわいくない感じだったんですよ。初めて見られる方は、今の作品とは結構ギャップを感じられるかと思います。

 

 

作風の変遷を感じられます……!続いては、原田様が今まで活動されてきた中で印象深かった出来事を教えて下さい

 

原田ちあき : これ、いっぱいあって中々選べないですが……一番楽しかったのは大阪日本橋のメイドカフェmelcafeとのコラボカフェです!この時、いろんな色のごはんを作っていただきまして。皆それを笑いながら写真に撮ったり食べたりしていて……見ていて嬉しかったですね!

 

絵の世界観がそのまま飛び出して来たかの様ですね!お話は変わりますが、今原田様が会ってみたい方はいらっしゃいますか

 

原田ちあき : 楳図かずお先生ですね、私の絵の原点でもあるので。いつかお会いしてみたいです。

 

近い将来実現すると良いですね!さて、近年WEBやSNS上で爆発的にクリエイターやインフルエンサーが増えているかと思われますこちらに関して普段思われる事を教えて下さい

 

原田ちあき : フォロワーやファボリツが多いからと言ってそのコンテンツが「正しい」「正義」ではない……と思っています。「自分はフォロワーが多いから偉い、何を言ってもいい!」という訳でもないし、逆に「あの人はフォロワーが多いから何を言ってもいい!」という訳でもありません。画面の向こうには、”私たちと同じ人間がいる”という事を理解するだけで……少し世界は住み心地が良くなると思います。

 

違いないですね。皆本質を見失っている気がします。続いては、原田様の今後目標を教えて下さい

 

原田ちあき : 長生きする事、これが第一ですね。そして、そんな人生の中で、私が生きた証を絵として残す事が出来れば、とも思います。

 

そんな原田様が普段アーティストとして活動する上で、常日頃意識している事を教えて下さい。

 

原田ちあき : 最近は今まで自分が経験したことのない事を経験するように心がけています。魚釣りに行ってみたり、畑に行ってみたり、アイドルの現場やユーチューバーの動画を見たり風俗に取材に行ってみたり。画面の中でどこにでも行ける時代に甘えて、体験してもいないのに色んな物事を評価している自分がいることに気づきました。楽して得た情報や無料のコンテンツって粗ばかり見てしまうんです。

それよりも、実際に現場に足を運んで、対価を払うと「ここが楽しい」というのが見えてくるし、考え方が豊かになる気がします。

 

様々な経験からインスピレーションを得られているのですね!今回はご回答いただきありがとうございました!最後にこれから絵筆を取ろと考えている方に対してメッセージをど

 

原田ちあき : いっぱい描いてください。沢山考えて描き続ければ、きっと誰かがあなたの絵を見つけてくれます。

 

Comments are closed, but trackbacks and pingbacks are open.