えのぐ インタビュー

えのぐ インタビュー

()。合わせて、今回のレコーディングで意識した事はありますか?

 

白藤環 :  レコーディングの時に、「いつもより成分薄めで」って言われてました。大人しく歌ってくださいって。だから、環がライブより大人しいのは、ボーカルディレクションによるものです()

 

栗原桜子 : 私にとって、えのぐ』が初めてのレコーディングだったんですよ。かつ、私は今まで人前で歌うことがなくて、ずっと「どうしよう、どうしよう」って……すごく緊張したし、歌い方もとても悩みました。

結局、最後までどうしたらいいか分からなくて、レコーディングが終わった直後から寮に着くまでの帰り道、あんずに隠れてずっと泣いちゃって……そうしたら、次のショートカットでよろしく!』の時、私が歌う「I love you!」「Hoid me tight!」という部分を、 大好きな生クリームに向かって言ってると思って!」というディレクションの元、歌いました……()。このおかげで、すごく楽しく歌えました!

 

白藤環 : あと、君がいてくれればのあんずのハモリ、すごいキレイなんで聴いてください! 普段はハルちゃんがハモりを録ることが多いんですけど、この曲はあんずがすごく頑張ってるので!

 

鈴木あんず :  ハモり録ったの、えのぐ』以来でした。


 

白藤環 : えのぐ』はみんなハモってるからね。


 

ちなみに、歌に関してですが、最初歌割りや歌詞、仮歌をもらった際、どの様に感じましたか?

 

栗原桜子 :  えのぐ』の時は、仮歌が男性の声で。それでどこを誰に歌ってほしいとかを話し合いながら歌詞割りを作って、スマホで仮歌を録ったんです。 そうしたら、その歌詞割りがほとんど採用されたんだよね。

 

鈴木あんず :  あれはすごく嬉しかったよね。(一同うなずく)

 

白藤環 :  あと、5人で歌詞の考察とかもめっちゃしたね

 

日向奈央 :  したしたした登場人物が、実は亡くなってるんじゃないか?とかね

 

夏目ハル :  どういう場所なのか?とかも話し合ったよね。


 

栗原桜子 :  時間帯とかも。最初の曲だしえのぐ』が一番話し合ったかも。

 

日向奈央 :  やっぱり思い入れがあるよね。

 

夏目ハル :  これ、レコーディング秘話を語り出したら止まらないね!

 

白藤環 :  止まらないね〜続きはラジオでやろっか()!なんてね(笑)。
(
「えのぐらじお」は毎週木曜日20:00~21:00で放送中!)

 

良い感じに止まらないですね!さて、今回のリリースイベントとして、先日はバーチャル握手会を実施されましたね。VTuber業界の中でも、非常に珍しい試みだったかと思いますが、当日の感触を教えて下さい。

 

日向奈央 :  普段、動画のコメントとかTwitterとかでお話ししている方々と“11″で会話するの始めて……楽しみと緊張が混ざり合っていました!

 

白藤環 :  確かに、11は今までないかもね。

 

日向奈央 :  そうそう。12とかは体験会とかでもあったけど、今回は本当に11だから、始まるまで緊張しちゃって。

 

夏目ハル :  でもそれだけに、ちゃんと一人一人に感謝の気持ちを伝えられる良い機会だったと思います

 

白藤環 :  いつもだったら“5人に会いにきてくれるだけど……今回は私に会いに来てくれるって感じだから、本当に嬉しいな!って思いました。

 

栗原桜子 :  初めましての方も多かったと思うので、11人との時間を大切にしながら、心を込めて皆さんに私たちの想いを伝えました。

 

 

良い機会に恵まれましたね……!さて、近年皆さんが活動する中で、印象深かった出来事を教えて下さい。

 

鈴木あんず :  んと……特にない……。

 

日向奈央 : 特にない!?

 

白藤環 :  全部ってこと?

 

鈴木あんず :  そう、どれが一番とかじゃなくて、全部大切。順位がつけられないくらい、いろいろあって。みんなと一緒にいるのが楽しくて、思い出が毎日更新されてくから、特にこれみたいなのはないですね。

 

日々、この5人でいろんな経験をされていらっしゃいますもんね。続いては、近年皆さんが気になっているVTuberさんを教えて下さい。

 

白藤環 :  輝夜月さん!環もエビフライに乗りたい~!

 

日向奈央 :  ヒメヒナさんとコラボで歌いたい

 

栗原桜子 :  私は普段からいろいろな方の動画を見たりするので、そういった方と関わりたいという気持ちはありますが……今は一視聴者として見ているので、私たちからコラボしたいとは、少し言いづらいです……でも、もし出来るとしたらいつかお話したり、遊んだり、歌やダンスなどのコラボがしてみたいで

 

日向奈央 :  歌やダンスいいね!

 

栗原桜子 :  あと、コラボとは少し違うのですが……他の方の動画や配信内で「えのぐ」の名前を出してくださる方を何人かお見かけしてそれがすごく嬉しかったです

 

近い未来、そんな方々とコラボが叶うと良いですね!また、これに付随して、皆さんが近年観たり、聴いたりした中で、感銘を受けた人や物事を教えて下さい。

 

栗原桜子 :  Les Misérablesなどのミュージカルをいろいろ見たのと、あとは欅坂46さんのライブです。去年の810日、今年私たちが岩本町劇場で初めてステージで歌ったちょうど1年前に、実家の福岡でライブを見に行きました。

それが私にとって、初めて見たアイドルさんのライブでしたが、本当に楽しくて、そして……それ以上に感動しました。語りだすとキリがないんですが、キレのあるダンス、曲よって変わる表情といったメンバーさんの表現はもちろんのこと、 ライブに来た方々の声や表情、会場が1つになったときの空気感なども忘れられなくて……!その時からアイドルに対しての憧れや、5人ともアイドルになれたらいいなのになという想いがより大きく、強くなりました。

 

夏目ハル :  私にジャズを教えてくださったトランペッターの方がいるんですけど、その人がやってるジャズバンドのコンサートが毎年あって。 そのコンサートにOGとして行った時に、後輩の子達の演奏を見て感動しました。もちろん、プロの方々の演奏にも感動するんですけど、小さい子たちのキラキラした演奏にはまた違った感動がありますね。

 

日向奈央 :  あ、あれシルク・ド・ソレイユ前にハルと一緒に見る機会があったんですよ。すごく大きなステージで、輝いてて、あれはめっちゃ感銘を受けました

 

この感動体験が、皆さんの活動に良い意味で刺激を与えてくれれば何よりですね!続きまして、今回のリリースはDL形式やサブスクリプションでの配信もありつつ、CD形態がメインだったと思います。近年の音楽業界の在り方について、感じる事を教えて下さい。

 

白藤環 :  まだデビューしたばっかだし、音楽シーンを語れるほどじゃないですけど……よく聞くのは、CDを買わなくなったって話ですかね。今回、ジャケットデザインの制作過程を見せてもらったんですけど、すごく細部までこだわって作られてることを知ったんです。いろんな人のいろんな思いが詰め込まれてるんだなっていうのを、CDを発売するにあたって感じましたね。

 

夏目ハル :  愛が詰まってるよね。

 

白藤環 :  ダウンロードは手軽だし便利だけど、CDでしか得られない感動あるんだな……と思いました。


 

栗原桜子 :  CDで聴けるインストも良いなって思います。聴けば聴くほど「ここでこんな音が入ってるんだ」とか「あ、いま音の表情変わった」とか。それを聴いた後に歌入りの曲を聴くと、また違う聴こえ方がすることにも感動しました。

そして、音楽の楽しみ方は人それぞれだと思うので、いろんな形で手にとっていただけると嬉しいなって感じます。 私、機械音痴でCDの音源をスマホに1人で入れられなくて……。だから、ダウンロードできる音楽にはすごくお世話になっています。でもCDの魅力も知ってしまったので、これからお気に入りの音楽は、両方買うかもしれないです()

 

白藤環 :  CDを出したことで、始めて分かったことが多かったですね。今まではDL派でしたけど、環、今回がきっかけでCD買うようになりましたもん。


 

日向奈央 :  ひなおは、昔からCD買う派だった歌詞カードとか、ディスクをとった下にあるデザインとか、あれ見る度にドキドキする

 

夏目ハル :  私はお世話になった方に自分たちのCDを手渡した時に、あ、デビューしたんだな!」って実感した。「私たち、えのぐです!」っていう名刺みたいな……そういう感動がありました!

 

名刺がわりの一枚となった訳ですね!その感動は何物にも代えがたいと思います。それでは、今後のえのぐ目標を教えて下さい。

 

白藤環 :  世界一のVRアイドル

 

日向奈央 :  東京ドームライブ

 

夏目ハル :  紅白出場

 

白藤環 : アニメのタイアップとかもしたい

 

鈴木あんず :  たくさんの曲を歌いたいです。セカンドシングルが出したい。


 

夏目ハル :  でも、何だかんだで一番は、ファンの方々にあったかい気持ちで見続けていただけるアイドルになることですね。 規模が大きくなっても変わらずに。


 

栗原桜子 :  最近、新しくゲーム実況とかもやり始めて、来年はほかにもいろいろ新しいことにチャレンジしていく予定です

そういう取り組みをきっかけに私たちを知ってくださった方が、「ちょっとライブも見てみようかな」って足を運んでくれるような活動がしたいです これまで応援してくださった方にも、これから「えのぐ」を知る方にも、皆さんが観に来て良かったなと思えるライブをするを、まずは目標にしたいです。初めは、ちょっと気にしてくれるだけでも良いので

 

どんどん活動の幅を広げる事で、新たなえのぐみの皆さんと出会えると良いですね!それでは最後に、TOPPA!!読者に対してメッセージをどうぞ。

 

白藤環 :  ここまで読んでくださってありがとうございました! 私たち「えのぐ」は、どんどん新しいことに挑戦していきます。なのでこれからも、私たちのことを応援してくれると嬉しいです!

 

栗原桜子 :  このインタビュー記事を読んで、私たちのことを知ってくださった方にも、応援してもらえるように頑張ります。

 

白藤環 : 1mmでも「えのぐ」のことを応援しようと思っていただけたら、あなたももう「えのぐみ」です

 

鈴木あんず :  懐かしいね、それ()

 

白藤環 :  ということで以上VRアイドル!

 

全員 : 「えのぐ」でしたー!

    Comments are closed, but trackbacks and pingbacks are open.