FES☆TIVE インタビュー

FES☆TIVE インタビュー

-合わせて、昨年2018年12月10日のリリースイベントでは、これらの新曲が初披露されたかと思います。実際披露した際の皆さん、そしてオーディエンスの感触を教えて下さい。

 

青葉ひなり : サンシャイン噴水広場でのお披露目でとても緊張しましたけど……みんなに気に入って貰える自信は元々あったので、堂々と踊れました!新曲をお披露目する時は、ほぼ絶対緊張して間違えることが多いんですけど、今回は完璧に出来たと思います!

 

土光瑠璃子 : 新曲を披露する前は本当に緊張していて。お客さん視点から見た時、盛り上がれるかな……とか不安だったんですが、いざ披露してみたら、みんなすぐに振りコピしてくれてすごく嬉しかったです!これからこの曲達も大事に育てていきたいです!

 

近藤沙瑛子 : リリースイベント初日の池袋噴水広場は、まだこの6人で立ったことがないステージで。リハの時はダンスの先生も一緒に振りとかマイクの音とか確認してたんですけど、その時見ている人はちょっとしかいなくて。「あー、今日こんな感じなんだ。」って思っていたんです。でも、いざ本番担って、ステージ出たら人がいっぱい来ててびっくりしたのと、嬉しかったので終始笑顔でした!

これはいろんな瞬間で思うんですけど、最初は自分の事を観に来てくれる人が本当に少なかったからこそ、前回のリリースイベントの時よりも確実にいろんな人がさえに会いにきてくれて、すこしは成長できたのかな、って実感出来ました。

初日だったけど、みんなが一緒に踊る振り付けをちゃんと覚えてきてくれていて。MVいっぱい見て練習してくれたんかな?って思ったら嬉しかったし、みんなが楽しそうにしてる様子を見るのが一番アイドルやってて楽しいし、良かったって思う瞬間だから……本当にありがとうって感じでした!

 

-アイドル冥利に尽きますね!

 

近藤沙瑛子 : まだFES☆TIVEの事を知らない人にも、この曲をいっぱい聴いて欲しいから……残りのリリースイベントも、楽しんで全力でいつも通り頑張ります!

 

白石ぴあの : うんうん。ファンの温かさを改めて感じた日でした。そして……私は張り切りすぎて捻挫したのもいい思い出です(笑)。

 

真野彩里愛 : みんなノリノリで踊ってくれて嬉しかったです。個人的には、池袋サンシャインシティ噴水広場という広いステージだったので、気持ちよく踊れました!

 

-引き続き、これからのイベントもそうだし、来たるワンマンでも、ファンの皆さんが覚えて来てくれると良いですね!続いては、直近の活動の中で、印象深かった出来事を教えて下さい。

 

真野彩里愛 : 今年の9月TSUTAYA O-EASTで開催したワンマンライブがすごく印象に残りました。無銭という強みもあったんですけど、この体制になって初のワンマンライブで。来てくれる方ってワンマンライブだと勿論FES☆TIVE目当ての方しかいないし、どれぐらいの人数が来るのか予想できなかったんです。

でも、平日にも関わらず予想以上に多くの方が来てくれて、会場も盛り上がりがすごくて、その景色が本当に最高でした。終わった直後はすごく気持ちよかったんですけど……次の日とか落ち着いた頃になると、普通のワンマンライブでもこれぐらいの人数を集めたいな、という悔しい気持ちはありました。

 

南茉莉花 : 私も無銭ワンマンライブが印象的だなと思いました。無銭というのもあって、事前予約がないから当日どのぐらいのお客さんが来るのか分からなかったし……。告知とかもギリギリだったので、どれぐらい来るかなとか。その日は雨も降ってたし、どうしようどうしようって緊張してました。

でも、当日はお客さんもたくさん来てくれたし、私がアイドルになってから初めてお母さんがライブを見に来てくれたので、お母さんにいい景色を見せられたんじゃないかなと思うし。「BELIEVE !」という曲も、8人の時から踊ったりしてたんですけど、6人で初披露したのはそのワンマンでした。「BELIEVE !」は6人になった時のレッスンで、今まではポジションが空いちゃったところは、近くにいる人とか次に歌わない人が入ったりしてたんですけど、落ちサビのところはダンスの先生が歌詞に沿った歌パートにしてくれて、その分思いも強かったです。「BELIEVE !」という曲もワンマンを通じて好きになったので、またワンマンライブやりたいです。

 

-印象的な日になったんですね。

 

南茉莉花 : 本当に印象的でした。るりちゃん、さえちゃん、私は初めてのワンマンだったので。

 

近藤沙瑛子 : そうそう。加入したばかりの時に、5周年だったんですけど、その時は私たちも入ったばかりで追いつけてなくて。ワンマンも新年ライブみたいなものもできなかったから、「来年になるかな、6周年になるかな?」と思っていたので……。

このO-EASTワンマンはTOKYO IDOL FESTIVALの時に発表されたんですけど、「あそこでワンマン出来るんだ!」と思って嬉しかったし、その反面、頑張らなきゃと思いましたね。8人から6人になった時に、6人で一緒に背負ってきた不安だったり、だからこそ6人で付けてきた自信、それらが重なって、今6人で見せられるものを全部ワンマンでぶつけられたかなという印象です。

 

白石ぴあの : ワンマンも良い思い出だったんですけど、アイドルの大きいフェスとかって結構夏に集中しているじゃないですか。私は個人的に夏フェスが1年の成績表だと思ってるんです。FES☆TIVEで1年活動してきて、例えば、「今年この位置に出させてもらって、これくらい頑張ったんだ!」とか、「去年より良かったね。」とか。6人として初めての夏フェスだったので、初めての成績表というよりかは、ここから1年どう頑張って、次の夏フェスまでに持っていけるか、ということをずっと考えていて。ワンマンもそうなんですけど、ひとつひとつの積み重ねで、来年はもっといい成績表を貰いたいなと思ってます。

その積み重ねの一つで、今年の9月のワンマンは800人も来てくれてすごく嬉しかったですね。そして、先月のBay Hallのワンマンが終わって、今月またO-EASTで再びワンマンがあるんですよ。無銭じゃないからこそ、自分たちの力が分かっちゃうと思うので……今は踏んばるべき、頑張り所だなと思います!

 

-頼もしいですね!さて、この現体制になってから、半年が経過しましたね!改めて、この半年間を過ごしてきて、感じた事はありますか?

 

青葉ひなり :  私が唯一の、オリジナルメンバーとなったのですけど、8人でやってきた時期が長い分、自分の中でそれが当たり前だと感じていて。今年は急な変化だったな、と。3月に3人卒業して、4月になった時は8人だったんですけど、6月に6人になって……。まず、6人になるっていうのが自分の中で考えられなくて、どうしたらいいんだろうとか、自分の中でメンバーが8人から6人になった時はすごく少くなった感じがして、うまくいくのかなっていう不安とかもありました。FES☆TIVEってフォーメーションを形で見せるパフォーマンスを重視していたので、6人で今まで通りにできるのかという気持ちが大きくて。

でも、新メンバーの3人もすごく頑張ってくれて、6人になったからこそ、ピンチをチャンスに変えるじゃないですけど、逆に今まで以上に団結することが出来て。チームでやることだから、人数が減って得することってあんまりないと思うんですよ。でも、その団結を深められたからこそ、6人になってから8人の時よりもさらに加速して進めているので、やっぱり絆が大事だなと思いました。

 

-まさに「Landmark」の歌詞通りですね!続いて、お話の軸は変わりますが、最近皆さんが触れたり聴いたり見たりした中で、感銘を受けた者や物事を教えて下さい。

 

白石ぴあの : FES☆TIVEメンバーで、ベイビーレイズJAPANさんの解散ライブを見に行ったんです。有名な曲は知ってたんですけど、知らない曲も大分あって。それでも引きつける何かを彼女達は持っていて、気がついたらるりちゃんと私でワーッって泣いてて……。それくらい人に何か感じさせる、感動させるライブでした。ベイビーレイズJAPANさんのファンの方の一体感に圧巻というか、「スゴッ!」となって、泣きながら帰って。その時に、私たちもこうやって人に何かを与えられるアイドルになりたいなと思いました。

 

南茉莉花 : 私も一緒にライブ見に行きまして。今まで、るりちゃんと「夜明けBrand New Days」好きなんだよね!みたいな話はしてたんですけど、逆にその曲しか知らないまま行ったんですよ(汗)。解散ライブで初めてライブを拝見したんですけど、初めてって感じさせないくらいすごく楽しくって!そして、当日「今日知ったのがもったいないな……。」と思っちゃいました。

解散してしまったんですけど、そこからベイビーレイズJAPANさんの曲を聴くようになって、もっと早く知ることができたらよかったなと思ったし、自分たちも、もっと早く知りたかったなってお客さんに感じさせたいなと思いました。この日、MCとか煽りとか、今の自分のアイドル目線でライブを見られたのですごく勉強になりました。MCも煽りもすごく上手で自然だったし、いつかそういう風にできたらなと思いました。

 

-やはりライブは生物だからこそ、気づきも多いですよね。また、お話の中にもありましたが、近年のアイドルシーンにおいて、解散・活動休止・脱退等バッドニュースも多々あったかと思います。こちらについて、思う事を教えて下さい。

 

青葉ひなり : 私たちは3年ほど前から@JAMさんに出させていただいてまして。今回、新体制だったので今年もメインステージは出られないかなと思ってたんですけど……6 人になってから今までやってきたことが実って、メインステージに初めて立たせていただいたんです!その時にイベンターさん達から、”今年はいろいろな大きなグループが解散してきて、今回私たちを含めて初めてメインステージに立ったグループも何組かあったりして。それはこれからのアイドルシーンを引っ張ってもらうという期待も込めてメインステージに立たせた“という話を聞きまして。

FES☆TIVEは今新体制ですけど、グループとしては6年目で結構長くやっている方になってきたので、引っ張っていける側にならないといけないなと思いました。そして、期待に応えたいですね!

 

-今後の飛躍、期待しています!そんな大きな飛躍に向けて、グループとしての、そして個人としての目標を教えて下さい。

 

南茉莉花 : 9月のワンマンライブは人を集められたんですけど、今度1月18日にもワンマンがあるし、そこをまず成功させなきゃな、と思います。そうしないと、もっと広いステージには立てないんじゃないかなと思っているので、それに向けて、ファンを増やしたいなと思ってます。

それと、野外でのライブももっとたくさんやりたいですね。それこそ、ベイビーレイズJAPANさんがやってたような山中湖だと、後ろに富士山とかが見えて。前に海外遠征に行ったときに、モンゴルの大草原の中でライブしたんですけど、それがすごく気持ちよくて!やっぱり外にいるだけでテンション上がる気がするので、外でライブしたいですね。

 

-別ジャンルのフェスにも出られるといいですね。

 

南茉莉花 : アイドル以外のフェスにも出てみたいです。肉好きだから肉フェスも出たいし、ラーメン好きだからラーメンフェスも出たい(笑)。願望ですけど(笑)。

 

青葉ひなり : FES☆TIVEとは別の話になっちゃうんですけど、個人的に戦隊シリーズに出たいんです。それは前から言っていて、去年の目標にも一番に挙げてたんですけど、まだ叶わず(笑)。FES☆TIVEの新体制もあったりしたので、まだ自分もそっちまで気が回ってないというのはあるんですけど。今年は私唯一の推しメンのモーニング娘。の工藤遥さんが『快盗戦隊ルパンレンジャーVS警察戦隊パトレンジャー』のルパンレンジャーになったということで、推しメンに先を越されたなと(笑)。私も来年こそは、いろいろ勉強とかして、オーディションもっと受けたいなと思います。

 

土光瑠璃子 : グループとしてはそのワンマンのことなんですけど、個人としてはもっとお芝居とかも勉強してやりたいなと思っていて。もともとアイドルとは別でやっていたんです。そこの事務所がお芝居の事務所で、そこでは女優さんになる勉強をして、お芝居や舞台、テレビで活動していたんですが、最近は全然やれていなくて。もっと幅を広げて活動したいなと思っています。

 

真野彩里愛 : 私は2019年に高校を卒業するので、今は学業とアイドルの両立が大変で時間がなくて、中々他の仕事もできないんですけど……卒業すれば時間が出来るので、他の仕事も挑戦してみたいなと思って。今回のMVで初めて演技をやったんですけど、それが楽しかったのでまたやりたいな……と!あと、私、あまり好き嫌いがないので、食レポも練習したいです。やった事が無い事にどんどん挑戦してみたい!というのが2019年の目標です。

 

白石ぴあの : グループとしての目標はいろいろあると思うんですけど、個人的には洋服とか化粧品とかが好きなので、化粧品を開発したいです。イメージモデルとか、コンタクトのイメージモデルとかをやりたくて……この記事を見てくれた偉い人、お願いします(笑)。

 

近藤沙瑛子 : 自分が九州出身で、九州遠征はまだしたことないので、九州でみんなでライブしたいなという想いがあります。個人的にはアイドルをやりたくて上京してきたので……今はまっすぐにアイドルとして有名になる事が目標です。アイドル以外のことは今は考えてないですね。武道館とか行きたいし(笑)!

 

南茉莉花 : 私はFES☆TIVEに入ってから、番組の企画でラジオDJのアシスタントみたいなことをさせていただいて。そのラジオが楽しかったんです。元々バスガイドとかもしていた関係上、結構人と話すのが好きで。そういうことを活かして、話す仕事もやってみたいです。

 

-想い想いの目標、叶うと良いですね!今回は諸々回答ありがとうございました!それでは最後に、TOPPA!!読者に対してメッセージをどうぞ。

 

青葉ひなり :自分たちから、「私は今年こういうことを目標にして、普段はこう思って活動しています!」とか意外と言わないので、やっぱりこうやって取材をしていただく事で、初めてファンの人が知ることも多いんじゃないかなと思います。今の自分たちの気持ちとか、今回のシングルに対しての気持ち等、私たちのことをいっぱい知ることが出来たからこそ、応援してみようとか、今のFES☆TIVEってこういう感じなんだ!と知ってもらえると思うので……たくさんの人がこれを見て、FES☆TIVEのことを知って欲しいな、と思います。

 

南茉莉花 : やっぱり、アイドルの卒業が多い中で、TOPPA!!の様なメディアを通じて、他のジャンルの人とかがこういうものを読んで、「FES☆TIVE行ってみようかな?」とか、「アイドルって……いいな!」って思ってもらえたら嬉しいので……もしアイドルに興味持ち始めるなら今です!アイドル以外のジャンルの人にも、アイドル、そしてFES☆TIVEを是非好きになってもらいたいなと。自分も元々はアイドル以外のジャンル、バンドも好きだったので。これを機によろしくお願いします!


FES☆TIVEサイン入り集合チェキ プレゼントキャンペーン】

 

 

【応募要項】

2019年1月9日(水)22:00~2019年1月22日(火)23:59までの間に、下記(1)-(2)の項目を行って頂いた方の中から、抽選で2名様に、FES☆TIVEサイン入り集合チェキ を1人1枚プレゼント致します。

 (1)TOPPA!! Twitterアカウント@TOPPA_MEDIA上の該当Tweetをお持ちのTwitterアカウントにてRT
URL : https://twitter.com/TOPPA_MEDIA/status/1082985339248009218

(2)TOPPA!! Twitterアカウント@TOPPA_MEDIAをお持ちのTwitterアカウントにてフォロー
URL : https://twitter.com/TOPPA_MEDIA

 ※当選後、ご指定頂いた住所への送付が可能な方のみご応募ください。個人情報につきましては、プレゼントの発送以外には使用致しません。

※同一人物による複数のお申し込みが発覚した場合、ご応募は無効とさせていただく場合がございます。

当選者側でのチェキの選択は出来ません。予めご了承下さい。

 

 【当選者発表】

当選者発表は2019年1月29日(火)20:00を予定しております。当選者をTOPPA!! Twitterアカウントにて発表後、 同アカウントから当選者様のTwitter宛に、プレゼント発送の詳細をDMにてお送り致します。

Comments are closed, but trackbacks and pingbacks are open.