MAKE MY DAY インタビュー

MAKE MY DAY インタビュー

それは意外ですね!さて、次はJulianさんとIsamさんにお聞き出来れば、と思います。普段、作詞作曲を行われる上で、どの様なタイミングでアイデアが浮かんできますか?

 

Julien : 自分に関しては、アイデアが降ってくるタイプと言うよりは、引き出して作るタイプなんですよ。ただ、何か思い浮かぶとしたら、風呂入ってる時や、犬の散歩をしている時、ふと何もしてない時かな、と。作詞に関しては、Isamと僕で半々で。僕の場合、作詞する時は、何について歌いたい、テーマを決めて考えていますね。

 

Isam : 歌詞は、メインの軸を決めて考えていますね。アイデアが沸くのは、酒飲んでる時が一番かな。あと、アニメ見てる時。所謂中二病的なセリフって、曲のタイトルに直結する様な物が多かったりするので。ドラゴンボールとかよく観ています。

 

なるほど。続いては、MAKE MY DAY始動から5年が経ちますね。現在の心境を語って下さい。

 

Julian : サポートメンバーを入れていた期間が長かった時期がありまして。今だからこそ言えますけど、変な話サポートだと気合が入りきられなくて。なあなあになっていた時期がありましたね。ただ、HALみたいな若くて新しい風が入り、2018年は新生MAKE MY DAYとしてのスタートの1年が切れたと思います。

 

Isam : HALが加入してから、バンドの雰囲気やモチベーションは良くなっていますね。まぁでも、あまり個人的な心情は変わっていないですね。リハでやる事とか、筋トレとか、正直HAL 入ってても入ってなくても継続していたので。ただ、彼が入ってからラッキーな事が続いた1年だと思います。

 

HAL :高校生の頃は所謂学生バンドをやってはいましたけど、MAKE MY DAYが初めての本格的なバンド活動だったんですよ。プレッシャーもありつつ、バンド関係の先輩後輩とか、ちゃんとやんなくちゃいけないんだろうな、とも思いつつ。ドラムスキルもそうだし、そういう諸々も勉強出来た1年なのかな、と思います。

 

Isam : 来年はもっと上下関係ちゃんとしよう(笑)。

 

一同 : (笑)。

 

U-sKE : 今までバンドとしてふわふわしていた時期が多かった分、やっとHALが入って、自分達のスタイルが安定して定まり始めた様に思います。そして、次の事に目を向けられる様にもなったのかな、と。

 

Julian : 今まではバンドをそつなくこなす事が精一杯でしたけど、今はやる事も決まっています。先の細かい事を決められる様になったのが、大きな進歩でしたね。

 

そんな数々の目標の中の一つだと思うのですが、直近の出来事として、MAKE MY DAY初のワンマンショーが2018年12月1日渋谷CYCLONEにて開催されましたね。この日の手応えは如何でしたか?

 

HAL : 勿論ワンマンなんて初めての経験で。対バンとは違う雰囲気を感じましたね。

 

U-ske : 手応えはありましたね、そして、これ以上行く為に感じた壁もある1日でした。

 

Julian : この日は照明もバッチバチ。かつ、幕の振り落としもやりまして。この界隈のこの規模でやっているワンマンとは、また別の物が見せられたんじゃないかな、と思います。おかげさまでソールドアウトしたし、このワンマンを見た人は、またMAKE MY DAYのライブを見てくれるだろうと、そう確信した1日でした。

 

Isam : 先輩や後輩のワンマンを色々見てきた中で、Julianも言った通り、照明こだわったり、人件費かけたり、他のバンドとは別物に見える様なことを意識しました。正直、採算はこの日度外視でやっていて、プラスマイナス0でしたね。商売としては、稼がなきゃいけないんでしょうけど、この日は今まで来てくれたお客さんに、この1年の活動の還元がしたかったんです。普段の積み重ねがあって、ワンマンが出来ると思うので。また、今年も続けていきたいですね。

 

今年も是非ワンマン開催される事、期待しております!続きまして、今まで皆さんが活動されてきた中で、一番印象深かったことを教えて下さい。

 

Isam : 自分は東名高速での事故かな……あれから眠れなかったです。助手席でシートベルトしてないと、動悸がするくらいで。まぁそれはそれとして、Knotfest Japan 2014は緊張しすぎて記憶が無くて。出番が終わったら、ケータリングに酒が沢山あったので……潰れていました(笑)。

 

HAL : 自分は加入して一発目のライブがSYLARのジャパンツアーだったんですよ。新たなスタートをわかりやすく切れましたね。

 

U-ske : 思えば、ギルガメッシュとのツアーが一番かな。渋谷Club Quattroから始まって、1週間程ツアーを一緒に回って。しかも、Quattroでのギルガメッシュとのツーマンが自分の初ライブで。リハも中々入れず、直前まで緊張しましたね。

 

Julian : 国内だとKnotfest Japan 2014。人生レベルだと、最近経験した中国ツアーですね。よく、この手の音楽だと海外ツアーって欧米を想像されるかと思うんですけど、そこに絞らずとも世界に行く事が出来るんだな、と。

 

現在中国の発展は物凄いスピードで進んでいますが、設備やお客さんの反応は如何でしたか?

 

Julien : 場所によっては、LEDのスクリーンが内蔵されていて。出演バンドのロゴが演奏時に出てきたり、VJも用意していたら流せる状態でしたね。反面、機材、特にアンプ面はまだまだな箇所も多かったです。

 

なるほど。続きましては、最近皆さんが触れたり見たり聴いたりした中で、感銘を受けた方や物事を教えて下さい。

 

Julian : 最近映画や本を見たり読んだりするのが好きで、ホリエモンの本をよく読んでいます。ホリエモンみたく生きてみたいですね。

 

Isam : 一回捕まる所まで、ね(笑)。

 

一同 : (笑)。

 

Isam : 自分はネガティブな出来事から、ポジティブ思考に繋げようと思う事が多くて。12月になって、駆け足で身近なバンドから脱退や活休、解散が多くて。EACH OF THE DAYS、Aldious、NOCTURNAL BLOODLUST等々……活休とか解散ライブじゃないと、来ないお客さんもいるじゃないですか。側から見ていると、余計に自分は辞めたくねぇな、とすごく思います。辞めねぇっす!

 

HAL : 逆に俺の年代だと、新しい事を始めるバンドマンも多くて。例えば、高校の先輩にYouTuberバンドのACE COLLECTIONのメンバーがいるんですけど、彼らは自分達の発信方法やブランディング、ファンをつけたりする方法を徹底的に研究して、実際成功していて。そういう姿を見ていて、自分達も負けてらんねぇな、とやる気をもらっています。

 

    Comments are closed, but trackbacks and pingbacks are open.