ハシダカズマ インタビュー

ハシダカズマ インタビュー

  

ハシダカズマ:個人的にあんまり分ける必要性感じないんですが、音楽ってどうしてもジャンルによってシーンみたいなものができちゃって、その各シーン、大抵なんか保守的というかファッション性が強いというか村社会っぽいの多いんですよね。リスナー、メディア含めてのそういうの求めてるというかそっちのほうがわかりやすい気もするので必然なのかもしれないですが。

 

確かにそういう傾向はあります。

 

ハシダカズマ:で、DOTAMAはヒップホップっていうシーンだと最極北にいる超異端児だったと思うんですけど、異端性を抱えたままメインストリームとまではいかないけど、アイコン的な存在になっているのがすごいと思います。力でねじ伏せたように僕には見えて、これはちょっと数年後にならないとわからなそうですがDOTAMAの登場で日本の中ではパラダイムシフト起きたと思っているんですがどうすかね。

バトルを見ても頭の中どうなってんだろうって本当に敬服しかないし、一緒にレコーディングした時も修正が細かすぎて「まじかよ」って正直思ってました。本当にストイックなかっこいい男で超リスペクトしてます。弊社調べによる抱かれたい男ランキング1位です。

 

DOTAMAさんの登場でヒップホップに対する偏見もなくなったのではないかとも思いますね。では、次は作編曲家のことについてお聞きします。ゆるめるモ!やlyrical schoolを始めとするアイドル達への楽曲提供もされていて、それぞれのグループのファンからもリスペクトされています。ハシダさんが楽曲提供を行う際に気をつけていることや意識していることがありましたら教えてください。

 

ハシダカズマ:基本的にオーダーありきなので、発注主が何を求めているかを正確に理解しつつ、それよりもっと面白くなるように自分なりの何かをプラスして作るという意識で作業することが多いです。

ただ僕の面白いとプロデューサーやメンバー、お客さんの面白いはまぁまぁずれることが多いので、そこはちゃんとバランス見てやっています。突き抜けた曲にしたいって言われて突き抜けた曲作ると、ちょっとやりすぎなのでもうちょいマイルドにと大体言われるのでさすがに学んできました。

 

その辺のバランス感覚みたいのも大切だということですね。その他、企業の曲を制作されていたり、映像制作と配信する会社の社員であったり、その活動は多岐にわたります。その活動について具体的に教えてください。

 

ハシダカズマ:株式会社アバンクという会社に普通に平日週5で働いてるサラリーマンが基本ジョブで空いてる時間に曲作ったりバンドやったりしています。

アバンクは映像を作ったり配信したりしてる会社なんですが、今ぱっと思いつくだけで、政治家のラジオ、人気ゲーム、M&A、教育、官公庁や大使館案件とか、家で音楽作ってるだけだとなかなか関わらなそうな人や世界との出会いあるんで普通に楽しいです。クリエイター目線としても良いインプットになっています。

さっきのDOTAMAとの「図案~create the future~」や、乃木坂46 山﨑怜奈 「恋納吃」、作曲ではなくMVのクリエイティブディレクターを担当したゆるめるモ!の「はみだしパラダイス」のMVなんかも会社案件で趣味がそのまま会社の仕事になっているパターンもあります。

 

その他には単純に企業のVTRや配信するイベントのためのBGMやSE制作、撮影した映像のノイズ除去やMAだったりナレーション録音したりできることは何でもって感じです。PAやったりADっぽいことやったり、カメラマンやったり見積もり作ったり、打ち合わせ行ったり、音楽関係ない仕事もたくさんありますがそれ含めて色々できて楽しいです。

もうちょっと音楽に割ける時間あった方がいいなぁと思うこともありますが、ちゃんと生活できる定期収入があった上で空いてる時間に好きな曲を作るってのが一番自分には合ってそうな気はします。

 

お話を伺いしてその幅広さに驚いています。最近ではバーチャルYouTuberアメノセイの楽曲プロデュースを担当されていましたが、こちらはどのような経緯で決まったのですか?

 

関連 : アメノセイ インタビュー
https://toppamedia.com/interview-2019-5-amenosei/

 

ハシダカズマ:共通の知り合いのエンジニアさんがいてお話したら面白すぎたのですぐ決まりました。

 

なるほど。楽曲を聴いてみるとこれまでのハシダさんの楽曲のどれにも当てはまらない新機軸となる楽曲のように思います。意識されたことや苦労されたことはありましたか?

 

ハシダカズマ:変拍子とかバキバキにして趣味全開で最高にぶっ飛んだやつでOKと言われたので本当に楽しく遊ばせてもらった感じです。音域も自由で変幻自在に何でも歌ってくれるので苦労は全くなかったです。むしろいつも苦労しがちな部分で苦労しなくてよかったのでストレスフリーでした。新機軸というよりはこれが本来の僕って感じかもしれないです。曲作りは何でも楽しいですが本当に楽しかったなぁ。MVも可愛く毒のある感じでマッチしていましたし、また一緒にやりたいですねー。

 

ハシダさん自身はVTuberシーンについてどう思いますか? 気になるVTuberやこれからコラボを行いたいVTuberはいますか?

 

ハシダカズマ:すみません正直あまり知らない世界でTOPPA!!さんの記事を読んで面白い人たちたくさんいるんだなーと感銘を受けました。色々面白いこと出来る人たくさんいそうなのでもうちょっと調べて勉強したいです。そしてRi Ri Riligionの中にVTuberメンバー欲しいです!

VTuberメンバーの加入はものすごく賛成です! 最近、気になる音楽やアーティストはいますか?

 

ハシダカズマ:Billie Eilish、AURORA、Kevin Abstract、black midiとか最近若い人でおもろいなーって思う人多いです。こないだライブ見た台湾のSYNTH GUMI 04、国内だと長谷川白紙、CHAIがすごい好きです。

 

今名前が挙がったアーティスト、バンドは私も大好きなので読者にも聴いてもらいですね。また、音楽以外に関心をもっていることは何かありますか?

 

    Comments are closed, but trackbacks and pingbacks are open.