乾物ひもの インタビュー

乾物ひもの インタビュー

乾物ひもの : 小さい頃から絵を描くことが好きで、漠然と「イラストレーターなりてぇな

~」みたいな想いはありました。中3の時にお年玉でペンタブを買ってデジタルイラストの世界に入りました。明確に進路を決めたのは高2の時です。他にも夢はあったんですが、色々あって自分には「絵」の道しか残っていませんでした。普通に会社員として働くのも恐らく私には無理だったので、絵でお仕事を貰えるようになったのは本当に幸運だったなと思います。

 

-ある意味イラストレーターがひものさんの天職だったんですね。イラストをする上でのこだわりはありますか?

 

乾物ひもの : うーん……技法面だと「目の塗りが好き」とか「手を描き込む」とか何点かはなんとなく挙げられますがもっと内面的なこだわりは「プロになる段階で一度消えちゃった」と言ったほうが良いかもしれません。

元々絵に強烈な個性を持ってるタイプでは無かったので、仕事で必要だったのは「納期までに指示通りかつ一定以上のクオリティのイラストを描く技術」でした。特にひものが請けた仕事は「テイスト合わせ」が多かったんですね。

一人のキャラデザさんの絵柄(テイスト)を何人かの作家さんが真似して描くんです。そう言う仕事を続けてるうちに「こだわり」とか「我の強さ」みたいなものはどんどんふわっとした弱っちいものになっていきました。

良くも悪くも、クライアントさんや他の作家さんのこだわりに沢山触れているうちに中和されていったんだと思います。だから今、イラストメイキングが注目されて「ひものさんの絵が好きです」って言われたり「自由に描いてください!」という仕事を貰えると凄く不思議な気分になります。

 

-結果、テイスト合わせでも数をこなすうちにそれが個性になっていったんですね。

 

乾物ひもの : きっと今はイラストレーター人生の転換期ですね。ある意味脳内はまっさらなので、メイキングも「○○してみた」みたいな興味本位のノリで出来た動画が多いです。そうやって「あれ描きたいこれ描きたい」って節操なく好き勝手してくうちに本当のこだわりや我の強さが生まれるのかな~?なんて思ってます。よく「絵柄が安定しない」と悩んでらっしゃる方がいますが一応プロとして仕事してるひものがこんなんだから大丈夫ですよ~!って言いたいです(笑)。

 

イラストのルーツを教えてください。どのようなものに影響を受けましたか?

 

乾物ひもの:覚えてる中で一番最初に影響を受けたのは「若おかみは小学生!」という児童書の挿絵です。亜沙美さんという方が描かれているのですが本当に可愛いイラストで!!それまでは植物や風景なんかの写実画?ばっかり描いてたんですけど、興味がコミックイラストに変わるきっかけだったと思います。

一番影響を強く受けてるのはNardackさんというイラストレーターです。(ENTUMのVTuber花野蜜せんせいのママさんですね!)学生時代の絵なんかはもろNardackさんの絵柄に影響受けてましたね…!本当に可愛いんです。「可憐」って言う言葉がぴったりの、見てると胸がキュッとなって守ってあげたくなるような可愛さ。

技術面で尊敬しているのは碧風羽さんという方です。学生時代、使っていたマンガデッサンの教科書の作者がこの方で。デッサン凄い苦手だったんですけど、その教科書がとても分かりやすくてなんとか食らいついて来れました。技術も凄いけど世界観も圧倒的で初めて画集を拝見したときは感動して泣いちゃったのを覚えてます…!

 

-学生時代からお手本となるような目標の絵師さんがいたんですね。今後どういったイラストを手掛けていきたいですか?

 

乾物ひもの : さっきも言った通り、今はどっちかっていうと技術・技法に興味が向いていて、「○○描いてみた!」みたいな動画をノリで作ってあげてますけど、今後は初心に帰って、上であげた憧れてる絵師さんみたいな「可愛さ」と「世界観」を併せ持つイラストを描きたいです。テーマとかもビシッと決めて。それこそ自分の確固たる「こだわり」を見つけて詰め込んだイラストを描いてみたいです。

あとイケメンが描けるようになりたいですね~!「干物女」を極めすぎて一時期イケメンを描こうとすると「イケメンを描く自分」という構図に耐えられなくなって発狂するという謎の症状に苦しめられてから男性は全く描いてなかったんですが、最近どうしてもと頼まれて男性Vtuberさんのキャラデザをお受けしたんです。

討ち死にする覚悟で描き始めたら意外とするする描けて嬉しくって嬉しくって。もっと勉強して女性キャラと同じくらい気軽に描けるようになりたいです!おじさんが描けるようになったら万々歳ですね。

 

-ひものさんが描く男性をこれからたくさん見たいです!ひものさんはイラストに限らずLive2Dの制作も行っていますが、Live2Dはいつ頃から取り組み始めたんですか?

 

乾物ひもの : 始めたのは2018年の2月からなので大体1年半くらいでしょうか。運命的な出会いでした。

 

-運命的!ちなみにLive2Dを行う上で、心がけていることはありますか?

 

乾物ひもの : 「表情の豊かさ」「揺れ物の自然さ」「可動域と可愛さのバランス」です。2DVTuberの強みは表情の豊かさだと思ってます。目を見開いたり、大口開けて笑ったり、眉をひそめて悲しんだり、そういう表情がダイレクトに伝えられるように調整を重ねてます。

なので「お体出来たよどうぞ~!」で終わらせずに、いつも「どうやったら魅力的に沢山動けるか」をVTuberさん本人と調整してます。可動域は広がれば広がるほど元の可愛さが失われるので、「イラストレーターさんの可愛さを保ったままぎゅんぎゅん動く」のが永遠の課題です。

 

-こまめに話をして調整する辺りプロだなと思ってしまいます。また、大神の実況動画に合わせて、ご自身のモデルも変更された時は、良い意味で驚きを感じました。

 

乾物ひもの:ゲームに合わせた衣装変更はVTuberを始める前から決めていた事でした!「コスプレ」も隠れた趣味なんです笑現在手元にあるのは「大神」に加えて「マリオストーリー」「マインクラフト」「ブルーストーン」「ホップステップジャンパーズ」の衣装ですね。ブルストとジャンパーズは企業案件だったんですけど、ゲーム面白いから服も作っちゃえ~!って勝手に作りました。怒られなくて良かったです(笑)。

 

 

-いや絶対企業さんからすると嬉しかったと思いますよ。過去、双理マイ(Re:AcT)さんや歌衣イツミ・アズミさん等、数々のVTuberさんのLive2Dモデリングを手掛けていましたが、直近でVTuberのLive2Dモデリングを制作される(orされた)予定はありますか?

 

 

乾物ひもの:直近だとFoliaというアイドルグループの「坂下京香」ちゃんのLive2Dを担当しました。最近グループ全員でやってるマインクラフト配信が凄く癒されるので是非見てみてください!あと先程の「イケメン」の話題で出てきたVTuberさんは「チワワ隊長」さんです。FPSと動画編集が得意な方で、以前ひものちゃんねるの編集を手伝っていただいたこともあります!そして今後、ひものを良く知る人は「え!?!?その人!?!?」ってなるであろう方のLive2Dも担当する予定です。

 

 

-めちゃくちゃ気になります…。最近で言えば、富士葵さんの衣装デザインの担当をされていましたが、どういった経緯で衣装デザインを手掛けることになったんですか?元々ひものさんは歌劇団としても有名な存在だったかと思います。

 

 

    Comments are closed, but trackbacks and pingbacks are open.