TEMPLIME インタビュー

TEMPLIME インタビュー

tempura : 今は本当にドタバタしているんですが、制作も進んでいます。実はこのインタビュー前日に僕も初めてデモを昨日聴いたんです……本当にいつもそういう感じなんですよ、出来てから聴くみたいな(笑)。でも本当に良い曲が出来たなという思いがあって。

特に「純粋」は、もともとKABOSの個人名義で出していた曲のリワーク的な側面があるんです。もともと良い曲だなと思ってたんですけど、この1年の歳月を経て、すごく色が出たなと。もしよかったら、KABOSNIKKIのSoundCloudで元の曲も上がってるので、聴くとより面白いかもしれないです。これ作ったのって1年ぐらい前?

 

KABOSNIKKI : 1年ちょっと前くらい……?

 

tempura : ああ良かった。1年の時を経て、ゆったりなロックな曲が星宮さんとエレクトロポップの力で、すごいリワークになったなという感じがしているので、注目してもらいたいです。もう1曲の新曲「Take Me Out」はどう?

 

KABOSNIKKI : 正直まだ出来てない(笑)。EPを通して結構……ラブリー? ロマンチックな曲が出来るかなと。わりとTEMPLIMEとしても、新しい色になるのかなとは感じてますね。「ネオンライト」は結構恋愛ソング的な面もあったけど、それより全体的にロマンチックというか。それが曲としては面白いかなと思います。オシャレ系ですね。

 

来たるM3が楽しみです……!この他、各種VTuber・トラックメイカー楽曲のリミックスも数々リリースされてきました。リミックスを手がける際、意識している事はありますか?

 

KABOSNIKKI : もともとリミックス文化をあまり知らなかったので、原曲が一番偉いと思っていて。逆にリミックスを作るにあたり、原曲と全然違うものを作って、原曲の良さを引き立たせるようなものを作りたいなと思っています。コードとかテンポとか、全部変えたいなと思っています。

 

直近のリミックスとしては、AZKi 1stフルアルバム『without U』に「リアルメランコリー」のリミックスを提供されました。本楽曲に携わる上で、意識した事はありますか?

 

 

KABOSNIKKI : 純粋にすごく良い曲だなと思って、良い曲だけどクラブでかかるような曲になったらさらにまた注目されるのかなと思って、ノレる感じのトラックにするのを意識しました。

 

お披露目が楽しみです……!さて、TEMPLIMEとして正式にユニット活動を発表して、年末には約1年が経過しますね。この1年の手ごたえはいかがですか?

 

KABOSNIKKI : 個人的にはTEMPLIME初期にsomuniaさんの「Connected World」のリミックスを作ってアップしたら、初めて2000再生くらい到達して。めっちゃ喜んで、「やったー!」みたいな。意外とその、最初のワクワク感が印象的ですかね。今後もこの感覚でやりたいなと。

 

 

tempura : TEMPLIME結成のきっかけのひとつとして、去年の秋のM3があって、その時にKABOSNIKKI名義でアルバムを出して、僕は売り子というか手伝いをしたんです。あれは本当に良いアルバムだったんですけど、多くの人に聴いてもらうっていうのがなかなか難しくて。僕は手伝いに行ってただけなんですけど、それが本当に悔しかったんですよ。「めっちゃ良い曲作ってるのにな。」って思って、どうしたら聴いてもらえるかなとなった時、VTuberの音楽が出てきて。それこそKABOSNIKKIと一緒なんですけど、somuniaさんの「Connected World」が出てたので、「一度これをやってみて反応を見てみませんか。」となったんです。あの当時はまだTEMPLIMEではなかったですね。そうしたら、SoundCloudで、今まではマックスが700くらいだったのが、2晩ぐらいで、あれよあれよという間に2000とか3000とかまでになって。あの時はKABOSの家で喜びましたね。あそこから、TEMPLIMEをやってみようか、みたいな流れになった気もちょっとします。

 

この1年で、本当に若きコンテンツメーカーというか……。

 

tempura : このフレーズは……(笑)。

 

一同 : (笑)。

 

tempura : でも、「その名前聞いたことあるよ!」みたいな(笑)。この1年で大分の機会は増えてきて。ありがたいですね。

 

そんな流れに乗っているお二人ですが、改めてお2人視点でのTEMPLIMEらしさを教えてください。

 

tempura : 正直なところ、まだそこまで……。実感がないとは言わないけど、大学のDTMサークルで一緒にやってた頃とそんなに大きく気持ちは変わってないというか。大きな現場でやったり、反響があったりはするんですけど、初心を忘れる間も無くここまで来たというところはあるので。そういう……なんて言えばいいのか、垢抜けなさみたいなものがありますね。それは音楽には反映されてないし、音楽自体は成長していると思うんですけど、僕らの精神的な部分はそんなに……。

 

KABOSNIKKI : あまり変わらない。

 

tempura : 精神的な部分ではそうですね。

音楽面では、TEMPLIMEとしては、ポップだったりとか、歌が良いとかの部分が今は強いと思うんですけど、KABOSNNIKKIは本当に幅広いジャンルが作れるタイプなので、来年以降はいろんな制作スタイルを考えながら、2年目を頑張っていきたいかなと思います。

 

初心忘れるべからず、ですね!合わせて、数多くの現場にも参加されたかと思います。一番印象深かった現場を教えてください。

 

tempura : いっぱいあるな……。

 

KABOSNIKKI : 個人的には、FUTURE WHAT’Sですかね。あれは単純にめちゃくちゃ楽しくて。本当に、聴いてきたアーティストがいっぱいいて緊張したんですけど、実際に生で聴いたら「ヤベエ!」って感動しました。

 

tempura : 渋谷のクラブでメインでやるのはあれが初めてで、めちゃくちゃ楽しかったですね。Gladという会場の距離感も相まって楽しかったですね。clubasiaとかだとまた少し距離感が違って、あれはあれですごく良いんですけど、Gladの距離感で初回をやれたからこそ、あれは確かにめちゃくちゃ印象深いですね。僕もそれかな。

 

 

-続きまして、最近気になっていたり、コラボしてみたい者・物・事はありますか?

 

KABOSNIKKI : 具体的には無いんですけど、男性Voや、その他ジャンルのアーティストさんとかともコラボできたらいいなと思っていて。

 

tempura : 僕は制作する側の人間ではないので、リミキサーを呼んだりするのが役割なんですよね。いつもリミキサーを呼ぶ時には、ひとりはすでに活動されていて、著名というか、先輩格の方を呼んで。もうひとりは必ず、自分たちと同期ぐらいで、まだそんなに世に出てない、アニメやVTuberのリミックスとかを作っている人を呼ぶようにしています。まだオリジナルとかで世に出てきてない同期たちと、一緒にひとつのシーンを作っていきたいという思いが個人的にはすごく強くて。TEMPLIMEと直接には関係ないんですけど、同期と新しい世代を眺めると、本当に良いトラックを作っているやつらがたくさんいるので、そういう人たちがどんどん出てくると嬉しいなとは思います。

 

シーンを作る意識は大事ですよね。

 

tempura : 僕らの1個上のシーンだとやっぱり未来茶レコードさんがあって、そこは同級生同士だったりするので。それはそれとして、同じ世代で、また別の、次の何かしらができたら面白いなと思ってます。

 

そこに続けると、近年複数のジャンルを飛び越えたDiverCore(≒超越者)的な存在が増えてきたように思います。TEMPLIMEにも、その勢いを感じますが、こちらに関して近年思う事を教えてください。

    Comments are closed, but trackbacks and pingbacks are open.