TEMPLIME インタビュー

TEMPLIME インタビュー

tempura : そのものの良さみたいなものはやっぱりあると思いますね。力強くその辺を飛び越えていくんだろうなと。

 

KABOSNIKKI : 単純に面白いなと思いますね。自分たちもDiverCoreとして入るように。他のジャンル的な要素とか、いろいろ入れられたらいいなと。全体的に、DiverCoreを歓迎する世界がありがたいというか、嬉しいなと感じます。

 

tempura : 1リスナーとして、本当に面白いと思っています。これからのキーになるな、という感じ。

 

-なるほど。そんなDiverCoreであるお二人の今後の予定や目標を教えてください。

 

tempura : とりあえず今の段階で、年末までいろんな制作や出演はあります。年末からは、VTuberさん以外にも、さっき言ったようなヴォーカリストの方と関わる機会が増えてくるんじゃないかなという予感はしていて。とりあえずM3までが、星宮さんと一緒にやりつつ、今M3を境にまた新しい部分にも手を出していきたいですそれをやることで、また別のシーンからも注目されてさらに広がっていくような予感はしてます。たぶんM3の後から、僕らが予想していないようなことがいろいろ起きたりするので、M3で何が起こるかも含めて、僕たち自身もすごく楽しみですね。

 

今回のM3時の在庫はけどれぐらいまでいくんでしょうか。前回は一気に無くなったりしていましたが。

 

tempura : その辺りも今は見据えながら制作を進めています

出演の部分だと、星宮さんとの出演に最近は力を入れているんですけど、年末に向けてよりパワーアップしながら、いろんな場所での出演もあるので、今までにあまり無かったような演出とか、そういうものをみんなに見てもらえたらすごく嬉しいです。

 

KABOSNIKKI : ただ、TEMPLIMEの方向性というか、良い曲を作りたいというマインドは変わらず持っていたいなと思います。そこがブレることなく。

 

tempura : 僕は逆にKABOSNIKKIが集中させられるような、彼がトラックに向き合えるような環境を作るために頑張りたいですね。

 

やはり2人揃ってこそTEMPLIMEと言うべきか。それでは最後に、TOPPA!!読者へのメッセージをどうぞ。

 

tempura : 僕自身、もともとクリエイターというよりはリスナーの側から出てきて、いろんな出会いがあってこういう場にいる人間なので、意外とやろうと思えばいろいろなことが出来ると身を以て感じています。なので、もし今、「こういうことをやってみたい!」という思いがある人がいるなら、個人では出来ない事でもいろんな能力を持った人たちとそれぞれ良いところを出し合ってやってみるといいと思います。そこから思いがけないようなことが生まれてくると実感してます。そういう部分をどんどんやっていってほしいし、今後もユニットなりグループなりで、面白い活動をする人が増えたら僕らも嬉しいなと思います。

 

KABOSNIKKI : 僕としても、さっきお話に出てきた、シーンとして盛り上げたいという点がありますね。同世代や年下で良い曲を作っている人たちがたくさんいるので、単純に、「一緒にやろうよ。」と言いたい気持ちです。

    Comments are closed, but trackbacks and pingbacks are open.