音俣るか インタビュー

音俣るか インタビュー

音俣るか(読み方 : おとまた るか)
YouTube https://www.youtube.com/channel/UCNSr_pgMH3in2d0RGtcdEEg
Twitter https://twitter.com/oto_ruka
FANBOX https://www.pixiv.net/fanbox/creator/38861658

▼TOPPA!! 独占メッセージ動画

元々は戦闘型アンドロイドとして作られたという、VTuber・音俣るか。観ていて飽きない彼女のリアクションやツッコミの瞬発力に、気付けばファンとなっていることだろう。普段の配信では、その毒舌とも思われるトークに『エラー君』が起動して制止することも。

彼女が得意とするFPSゲームの腕前は非常に高く、スリルのあるゲームプレイで今までに見たことのない景色を見せてくれる。動画配信を行いながら、視聴者への解説を行うスキルは音俣るかだからこそ行える技だ。冗談を交えつつ、サクサクと勝ち進んでいくスタイルはいつも視聴者を楽しませている。

今回は彼女の『戦闘型アンドロイド』としての一面も交えつつ、合同サークル『SML+』としての活動について、また豊富な知識を持つゲームのルーツ、そして音俣るかの今後の目標についてインタビューを行った。

文 / 音俣るか 編集 / 夏野夕樹( https://twitter.com/Ukinatsuno )


 

-はじめまして。TOPPA!!初登場ですので、まずは自己紹介をお願いします。

 

音俣るか:どもども!新人VTuberの音俣るかです。本日はよろしくお願いいたします!戦闘型アンドロイドとして作られたんですが、この世の中に適応してしまったせいか俗世に染まったアンドロイドとなってしまいました。

 

-『戦闘型アンドロイド』との事ですが、音俣るかさんがVTuber活動をはじめたきっかけを教えてください。

 

音俣るか:この世界を壊しに来……じゃなかった、平和のために作られた戦闘型アンドロイドらしいんですけど、今のところ平和を脅かす脅威もないし暇なのでVTuber活動をしようかなって。

うーん、何か他に理由はあった気がするんですけど、データをロードしようとするとエラー君が起動しちゃうので詳しい理由は調べられないんですよね……。何かもっと重要な理由があったハズなんですけど……ま、思い出せないしいっか☆

 

 

-相手を銃で撃ちまくるような姿、見た目からは想像できない程可愛いです。是非服装のこだわりを教えてください。

 

音俣るか:動き回れるかっこかわいい軽装スタイルがお気に入りです!でも「露出ちょっと高くない?」って言われる事も多いので、そこは「ちゃんと上(コート)着てるもん!」で誤魔化していくスタイルでもあります。

 

-確かに冬は少し寒そうなお姿ですが、機動力を高める為にも軽さが大事ですよね。

音俣るかさんの特徴としてFPSゲーム実況動画が挙げられると思います。私自身も拝見させていただいているのですが、非常にお上手で観ていてとても楽しいです!最初に動画投稿されたタイトルは『Rainbow Six Siege』でしたが、こちらを選択されたきっかけはありますか?

 

音俣るか:普段プレイしていたゲームだった事に加えて、VTuberでプレイされている方が少なかった事もあり、「これなら私でも楽しい動画作れるかも~!」と思ったのがきっかけでしたね。

 

 

-結果、とても観ていて楽しい動画になっていましたね!個人的に、ドローンへの対応など他のゲームでは観られないようなギミックが見せ場としてとてもアツかったです。他にも好きなFPSゲームや、やりこんだタイトルを教えてください。

 

音俣るか:思い出補正も込みでの結果になってしまいますが、大好きでやり込んだのは『Call of Duty: Black Ops』ですかね。2300時間ほどプレイしました。

 

-2300時間!?とてつもない時間ですね!鳥肌が立ちました。CoDの中でも続編がナンバリングされていたり、今では当たり前となったゾンビモードが追加されたりなど楽しめる要素が多かったかと思います、が、いくら好きなゲームでも2300時間は作品への愛を感じますね。ちなみに、最初にプレイしたFPSゲームは何でしたか?

 

音俣るか: FPS視点+銃のようなものを撃つゲームで初めてプレイしたものであれば『エネミー・ゼロ』というゲームですね。エネミー(敵)は目に見えないので、音で距離や近さを判断してエネルギー銃を撃つ必要があるんですが、弾数がシビア&撃つタイミングを外すとほぼ死ぬ&セーブもロードも有限なので、エンディングを見るために確か4回ぐらい最初からゲームをやり直した思い出があります。……良い思い出ダナー(棒読み)

 

 

-恥ずかしながら初めてこのゲームを知りました。このゲーム、かなりシビアですね。集中力が少しでも切れると詰みますね、めちゃくちゃ難しそうです。音俣るかさんの、じっくりと敵に対して挑みつつも素早い判断能力が必要とされるプレイスタイルはもしかするとここから始まっていたのかもしれないですね。

私はFPSゲームで先頭に行くのが怖くて苦手で、オロオロしているといつの間にかキルされてしまうので音俣るかさんのような機敏な立ち回りにとても憧れます。ゲーム内での立ち回りや、得意な武器、戦法について教えていただけますか?

 

    Comments are closed, but trackbacks and pingbacks are open.