AliA インタビュー

AliA インタビュー

-ちなみに、本作の制作において、どの様な時に歌詞やメロディが浮かんできましたか?

 

TKT : 歌詞は僕とAYAMEが書いているんですけど、作り方が違うんですよね。僕の場合、先にERENからもらったイメージからトラック作っていて。そのイメージを想像して、歩いている時に閃く事が多いですね。

 

EREN :AYAMEの場合は逆パターンで、「こういう気持ちで歌うとやりやすい!」と伝えてくれるので、僕なりにそれを解釈してトラックを作り、そこから歌詞を出してもらいますね。

 

AYAME : そうそう。あと、歌詞がスラスラ出てくるというよりは、何か出来事があった時……例えば凄く納得行かない事とか、発散する事が難しい事が出てきた時に歌詞が出てきやすいですね。そういうイメージをEREN君に「こういう感じの作って!」と伝えています。

 

EREN : そこで、「OK!わかった!」みたいな感じですね(笑)!そこから、「Impulse」や「声」だとか、気持ち先行に聴こえる曲はそうやって作りました。

 

-別々の考え方で書かれているからこそ、それぞれ違った表情の曲が生まれたのでしょうね。さて、本作の制作において、様々な方々がサポートしてくれかと思います。そんな方々についても教えてもらえますか?

 

SEIYA : サウンド・プロデューサー兼レコーディングエンジニア兼ERENの相談役にUVERworld、シシド・カフカなどを手がける平出悟さん、そしてマスタリングエンジニアに数々のGRAMMY賞を獲っているsterling-soundのJOE LAPORTAを迎えました。そして、アルバムジャケットには、SEKAI NO OWARI等を手掛けられている佐藤央一さん、写真はONE OK ROCKさんやSUPER BEAVERさん、Crossfaithさんの写真を撮っていらっしゃる青木カズローさんにお願いしました。

 

EREN : 改めて考えると……バリバリの皆さんの所に若手が飛び込んで行って……凄い話だよね!

 

BOB : かつ、レコーディングスタジオの名前がまさかのaLIVE RECORDING STUDIO。

 

SEIYA : aLIVEで『AliVe』を録るとは……目ざといね~(笑)。

 

一同 : (笑)。

 

-(笑)。また、本作からは先んじてMV「limit」が公開されましたね。この映像を収録した際に意識した事を教えて下さい。

 

 

BOB : 光と陰の部分を多用して、スピード感のあるカット割りが多くて。これらのイメージを音としても表現したかったので、音源も聴きつつ、映像も見てもらいたいですね。

 

SEIYA : まるでライブをやっているかのような、アグレッシブなテイストが感じ取れるかと。

 

SEIYA : あと、この映像の収録を経て気づけた事がありまして。この映像では、6人で横並びになっているんですけど、映像チェックで客観的に自分達の姿を見たら……あれ?実はめっちゃかっこいい事をやっているんじゃないか?と感じまして。この撮影きっかけで、ライブに対して、皆客観的なイメージが湧いていて。実際のパフォーマンスも結構変わってきた様に思います。

 

BOB : 確かにね。これ撮ってから、パフォーマンス自体が変わってきたもん。

 

EREN : BOBすごく叩いてたもんね。

 

BOB : 途中、「また叩くのかな……?」みたいに思っていた事は内緒で(笑)。

所謂裏話的な事だと……今自分髭を生やしているんですけど、撮影の当日までどうしようか迷っていたんですよね。髭の生やし方も何パターンかあって……あ、今はBパターンなんですけど(笑)。収録日、最初はどこも剃っていないAパターンで来て、色々話した結果「Bパターンにしよう。」という話になったんです。ただ、冷水で剃ったんもんで、カミソリ負けして血だらけになって(汗)。いかにファンデーションで傷跡を隠しているか……ここが見どころですね(笑)。

 

一同 : (笑)。

 

EREN : BOBの髭が見どころ、ですね(笑)。

 

BOB : あれは蒸しタオルが必要だったぜ(笑)。

 

-BOBさんのエピソードがあり過ぎますね(笑)。さて、この6人が揃って半年が経過しましたね!今まで活動してきた中で、印象深かった出来事を教えて下さい。

 

TKT : それがあり過ぎて……いつの間にか今日まで来ていた感じです(汗)!


EREN : AliAが動き出してから毎日がすごく濃くて……どの瞬間を取っても、充実していて、かつ刺激的な日々で。凄く幸せ者だと思います。

 

TKT : 「今日やばくね!」みたいな日々ばっかりで!

 

BOB : それが1週間ごとにアップデートされるし!

 

SEIYA : あと、結成してからほぼ6人で行動しているけど、本当違和感が無いのも凄いと思います。

 

TKT : きっと何年が経ってから、この期間を思い出すんじゃないかな……と。

 

EREN : 今まで生きてきたけど、こんな感覚は初めてですね。

 

TKT : 一番スピード感がある感じだね。

 

EREN : でも、逆にこれが普通になりつつあって。後でやっと、「今何してる時間だっけ?」と思い返すくらい……それくらい濃いですね。

 

-2月から始まるAliA LIVEが始まれば、更に濃い日々がやって来そうですね!続きまして、現在、AliAの活動を発信しているInstagramアカウントのフォロワーには海外ユーザーが多いですが、こちらについてどう思われますか?

 

AYAME : 元々AliAの活動は日本だけじゃなく、世界中に届けたいと思っていて。JAPANESE ROCKを分け隔てなく伝えてたいし、届いて欲しいと思っているので、シンプルに嬉しいですね。

 

BOB : 見ていると、何故かロシア人のフォロワーが多いんだよな。本当スパシーバって感じ(笑)!

 

EREN : どういう意味?

 

BOB : “ありがとう”って意味!

 

EREN : なるほど。何だかんだで、シンプルにありがたいし、嬉しいよね!

    Comments are closed, but trackbacks and pingbacks are open.