ましのみ インタビュー

ましのみ インタビュー

人々を歓迎する一枚となったわけですね。まずは、ましのみさん視点で本作の聴きどころを教えて下さい。歌詞・楽曲面において、バラエティ豊かな1枚が仕上がったように思います。

 

ましのみ : それこそ、幅はかなり広がって!前作から、より立体的になった感じですね。今回はシングルで出した「どうせ夏ならバテてみない」が真ん中にあるからこそ、「色々遊べるな!」とも思ったんですよ。まずは”寄り添う事”をテーマに置いて、「美化されちゃって大変です」「錯覚」「ターニングポイント」「ゼログラビティのキス」辺りが出来上がったんです。寄り添おうと思った結果、選んだ言葉や曲全体のメロディの付け方にスペースやゆとりが反映されていると思います。

ただ……自分の中で寄り添う曲が揃った上で、その反動で自分勝手にめちゃめちゃに遊んだり試してみようと思ったのが「‘s」「凸凹」「AKA=CHAN」辺りですね(笑)。

全体で言うと、初めての人も聴きやすいだろうし、今までましのみの音を聴いてくれていた人達は「なんだこれ?!」と思う部分もあると思います。深みにハマってくれたら嬉しいです!

 

なるほど。幅が広い反面、アウトプットも複数の手法が取られたかと思います。本作の制作は作詞・作曲・レコーディングを含め、スムーズに進みましたか?

 

ましのみ : 私は作詞作曲に関してめちゃめちゃ苦労する事はないタイプなので、書き始めたらさっと書けちゃう方なんですよ。

ただ、今回新しい試みとして、アレンジではいつもお世話になっている横山裕章(agehasprings)さんに頼みつつ、「タイムリー」は“歩く人”さん、「コピペライター」は“Guiano”さんにお願いしたんですよ。お二人ともボカロ系音楽を作られていて、私と同世代か年下で。今までは横山さんみたいに私より年上かつ既に知り合いの方と制作を進めていたんですけど、年下の方かつ初めましての人とやりとりしまして。使う言葉や価値観も違う中、私が曲に持っているイメージを如何に伝えるか力量が試されましたね。

変な話、横山さんは私がイメージを言えば、そこから簡単に掘り下げてくれるんですよ。横山さんはアレンジャー歴も長いし、私との付き合いも長いし。ただ、私はそこに甘えていたんですよね。最初、お二人とイメージのやりとりを何回も行いました。ただ、進める内に、お二人が持っている才能やアイデアが自分の中に湧き上がってきて。一筋縄では行きませんでしたけど……苦労したからこそ、良い物が仕上がったと思います!

 

こちらのアレンジ以降、何か変わった事はありますか?

 

ましのみ : お二人とのやりとりの後、「‘s」や「AKA=CHAN」を作ったんですよ。制作の中で、自分の中の興味や音を振り返れたからこそ、「じゃあ自分でも初めから全体像イメージして作ってみよう!」とデモの打ち込みからスタートしたんです。この工程を通して、自分の向上心を高めることにも繋がったし、成長出来た事もあったので……結果、良い苦労が出来たなと思いました!

 

良い意味で刺激を受けられたのですね。続いては、今回の作詞において、男女仲の機微であったり、「AKA-CHAN」や改めて収録された「夢ノート」では人の意思に関しての内容が書かれていますよね。今作の作詞において、自身の経験に基づくものが多かったですか?

 

ましのみ : まず、「夢ノート」は今回の中で一番初めに書いた曲なんですよ。これは大学一年生の時の学園祭に向けた歌で、当時思っていた事を日記にみたいに書いていて。ただ、今回入れるにあたって、一番目の歌詞はそのまま、2番は今の気持ちに書き換えました。

それ以外の曲は、今までもそうなんですけど、全くの嘘でも無いし、本当でも無いんですよ。現実を脚色して書いたりとか、空想を自分の感情に入れ込んで書いたりとか、空間の行き来をするのが好きで。例えば、自分に起こった出来事で無くとも、友達に起こった出来事だとか。現実と虚構を行き来して書いています。

 

ありがとうございます。また、本作からは先行配信された「フリーズドライplease」のMVが公開されましたね。こちらの収録時の裏話を教えて下さい。

 

 

ましのみ : MVの内容が春夏秋冬の移り変わりを表していて。ただ、撮ったのが年末、かつその日の朝が激サムで!特に、夏のパートは本当に寒かったです。

あと、今回の収録は気候の関係もあり、これまでと比べて正確にコマ撮りが出来なくて。取れ高によって、内容が変わる形だったので、ワクワクしながら作りましたね。収録中は完成イメージを考えるよりは、この曲に入り込めるように、そしてしっとり楽しめるように、世界観と歌詞に思いを馳せていました。

 

結果、見事にシンクロした映像が出来上がりましたね!また、作品に付随する話として、先日1月20日は渋谷タワーレコードB1F CUTUP STUDIOにてフリーライブを行われましたね。こちらで本作収録曲のお披露目もされたかと思いますが、手応えは如何でしたか?

    Comments are closed, but trackbacks and pingbacks are open.