Non Stop Rabbit ( ノンストップラビット )インタビュー

Non Stop Rabbit ( ノンストップラビット )インタビュー

『前A面』から約半年、このペース、そしてクオリティに驚かされました!

続いては、本作はラップパートも取り入れられた「アンリズミックアンチ」、「100万円プレゼント企画」を実施したエモーショナルな疾走曲「乱気流」、荒野行動の東京決戦配信記念公式ソングに選ばれた「イニシアチブ」やパワーバラードの「君と最後に選ぶ言葉」等、非常にバラエティ豊かな一枚になりましたね。

この一枚を一言で表すなら、どの様な一枚だと思われますか?

 

田口達也 : 最近、よく有料サービスって流行ってるじゃないですか。どんなジャンルでも入ってて、例えばHuluだとドラマもあるし、アニメもあるし、はたまたNHKとかでやっている様な動物の映像もあって。

 

矢野晴人 : バラエティ豊かで飽きない感じ、あれ、あの手のサービスって何て言うんだっけ……?

 

有料……ペイチャン○ル?

 

田口達也 : ペイチャン◯ルではないです(笑)。

 

一同 : (笑)。

 

田口達也 : あぁ、あれですね!サブスクリプション!それこそ、『自力本願』はいろんなパターンの曲があって、全部色が違うんですよ。どんな状況やコンディションでも、聴く人それぞれにバッチリはまる曲があると思っていて。「良いな!」と思った曲を聴いて欲しいです。

 

矢野晴人 : 曲の始まる瞬間、再生ボタンを押したら意識する間も無く来る、あのガツンとした感じを全編通して意識していて。まずは聴いてみて、気持ち良さを体感してみて下さい!

 

太我 : 今回、アルバム最後の曲がバラードの「君と最後に選ぶ言葉」なので、人によっては泣いちゃう可能性もありますね。入口の「アンリズミックアンチ」でググっと入ったのに、出口はウルっときちゃうかもしれません。

 

ありがとうございます。ちなみに、どの様なタイミングで作詞作曲のアイデアが湧いてきましたか?

 

田口達也 : 今回、元々あった曲が多くて。それらをアレンジして合わせて、『自力本願』としてリリースするにあたって、新しく「アンリズミックアンチ」を書いたんですよ。「アンリズミックアンチ」以外の6曲を合わせた時に、「バラエティ豊かだな!」という手応えは感じていて。それを象徴する一曲を作りたいと思っていたんです。

 

 

特に頭サビの「取り柄がないなんて 斜に構えたって 次第に変わってく」の箇所は、自分達が抱えていた想いと重なるんですよ。活動を始めた頃、路上ライブをしたら上手くいくと思っていたら、全然上手くいかなくて。「あぁ、俺達、イケてないんじゃないか?」と思い、否定されながらもYouTube活動を始めたら、それが次第に楽しくなってきて。かつ、音楽活動も楽しくなって相乗効果が得られて。それがきっかけで出来た曲ですね。

 

過去を踏まえ、今現在の等身大の一枚が出来上がったのですね。続いては、本作の制作・リリースの裏話を教えて下さい。制作はスムーズに進みましたか?

 

田口達也 : 制作自体は良い感じに進んだんですけど……「イニシアチブ」を録ってる頃、機材車が田圃にハマったんですよ(笑)。

 

 

あの頃に録られていたんですね!

 

矢野晴人 : あれはビックリしました(汗)。本当取れない可能性もあって、最終的に太我のパパのJEEPで引き上げてもらいました。

 

太我 : 車捨てようかと一瞬思いましたもん(笑)。

 

田口達也 : 「あそこに住めよ!」とか言ってたよね(笑)。

 

一同 : (笑)。

 

-(笑)。また、前作に続き、Studio Cubic Recordsからのリリース、そして鈴木Daichi秀行さんによるアレンジが行われましたよね。

 

田口達也 : Daichiさんとは長年の仲なので、お互いの意思疎通もスムーズに進んで。今回印象的だったのは……いっぱいご飯食べた事ですね(笑)。スタジオが郊外にあって、Daichiさんがそこのボスなんですけども。

 

矢野晴人 : レコーディングの最後の方は、「あれ?Daichiさん居なくなった?」と思ったりしたんですけど……。

 

田口達也 : 中華を中心に大量のご飯を買ってきてくれて(笑)。

 

太我 : 中華見た時点で、「あぁ……これ食い切れないな(汗)。」と思いましたね(笑)。ご飯が届いて、40分経ったら、全部余っていて(笑)。

 

田口達也 : 「レコ大取ると、こうなるんだな……。」と思いました(笑)。でも、そういう所も含めて、Daichiさんと一緒だったからこそ、自信の一枚が仕上がりました。

 

お互いの関係値があるからこそ、良い意味でお聞き出来たエピソードだと思います。

また、本作からはMV「アンリズミックアンチ」、「君と最後に選ぶ言葉」が公開されましたよね。前者は同じ事務所の8467(やしろなな)さん、後者には反田葉月さん(なんきんペッパー)が出演されましたが、この収録時に意識した事を教えて下さい。今回もまた、撮影・編集・映像ディレクションを田口さんが行われたとお聞きしました。

 

Comments are closed, but trackbacks and pingbacks are open.