富士葵 インタビュー 第2弾

富士葵 インタビュー 第2弾

富士葵(読み方 : ふじ あおい)
「Aoi ch.」YouTube : https://www.youtube.com/c/aoich
「あおい’s きっず」YouTube : https://www.youtube.com/channel/UCIao2WtbCciU8GApFr2pLIA
富士葵 公式HP : https://fujiaoi.com/
富士葵 Twiter : https://twitter.com/fuji_aoi_0618
「Aoi ch.」運営公式 Twiter : https://twitter.com/Aoich_official
Instagram : https://www.instagram.com/fujiaoi_official/
富士葵公式オンライングッズストア : https://store.fuji-aoi.com/
富士葵楽曲予約サイト:https://www.universal-music.co.jp/fuji-aoi/

現役女子高生バーチャルタレントの富士葵が、前作『はじまりの音』に続き、UNIVERSAL MUSICよりカバーアルバム『声 〜Cover ch.〜』(※配信限定)をリリースする。

前作から約半年ぶりとなる本作は、ファンである葵歌劇団の投票によって選曲が決定。これまで彼女が公開した「歌ってみた」動画で歌われた数々の楽曲は勿論の事、彼女が未だチャレンジした事の無い楽曲も含んだ全12曲が収録。中島みゆきの「糸」から、はたまたバルーン「シャルル」など。年代・ジャンルの幅広さに対し、どの曲を聴いても「富士葵」らしさが感じられ、かつ、いずれの曲も原曲へのリスペクトが込められている点は流石と言うべきか。前作からより一層大きく、彼女はバーチャルシンガーとして成長を遂げた。

また、前回インタビューに続き、数々の企業タイアップ抜擢や「NHKバーチャルのど自慢」「バーチャルさんはみている」等のTV出演も果たした富士葵。バーチャルシンガーとしては勿論のこと、バーチャルタレントとして、オンライン・オフライン両方の道を着実に歩み続けている。

今回、TOPPA!!に再び登場する彼女に対し、『声 〜Cover ch.〜』に関するエピソード、前回インタビュー時から今回インタビューまでの軌跡、大きく成長を遂げた彼女のこれからについて伺うべく、インタビューを行った。

取材・文・編集 / 宮久保仁貴

関連 : TOPPA!! 富士葵 インタビュー(2018年9月9日)
https://toppamedia.com/interview-fujiaoi/


 

前回のインタビューから、早いもので約8ヶ月が経過しましたね!今回はカバーアルバム『 Cover ch.』、そして前回からこれまでの軌跡を中心にお伺い出来ればと思います。
まずは、『 Cover ch.』のリリースおめでとうございます!「はじまりの音」に続く音楽作品となりましたが、まずは今作のリリースのきっかけを教えて下さい。


【リリース情報】

▼作品名
『声 〜Cover ch.〜』

▼リリース日
2019年4月15日
※デジタル配信限定

▼価格
¥ 2,200(税込)

▼収録曲
1.NIPPON
2.First Love
3.糸
4.月光
5.シャルル
6.フリージア
7.シュガーソングとビターステップ(バンドル配信のみ)
8.変わらないもの
9.ひだまりの詩
10.GLAMOROUS SKY
11.なんでもないや(movie ver.)
12.小さきもの


 

富士葵 : 葵が活動を始めてから約1年半が経ち、もうすぐ100曲近くカバーさせていただいていますが、その中で「カバーアルバム出して〜!」と色んな方からお声をいただいたことが大きいです。あとは、葵のここまでの集大成として、アルバムを出したいなぁと思ったんです!

 

確かに今回が初のアルバムですよね!また、選曲に関して言えば、本作の収録曲ファン投票を事前に行われましたね!その結果、年代・内容が幅広い今回の12曲が出揃いましたね。そして、これまでに葵さんが歌われた楽曲も多数選ばれましたが、今回出揃った楽曲に関して思う事を教えて下さい。

 

富士葵 : 今回かなりの数ご投票いただき、本当にびっくりしました!!ジャンルは幅広いですが、誰もが知ってる名曲が多くて。いただいたリクエストを一つ一つ表にしましたが、やはり往年のスタンダードな曲がたくさん選ばれるんだなぁ……!と思いました。

 

「糸」は特にそうですよね。続いては、葵さん視点で本作の聴きどころを教えて下さい。ジャンルの幅が広い分、意識する事も多かったかと思います。

 

富士葵 : 様々な事情で今回収録を見逃した曲も多かったですが、ジャンルや世代など、幅広く収録されたアルバムが完成したなと思っています!!その中で、どの曲を聴いても富士葵とわかる事と、どの曲を聴いても違う事がうまく共存できるよう、意識して収録しました。
12曲のうち様々な“富士葵”がみなさんの中に見えたらいいなと思っています!

 

普段の葵さんよろしく、表情豊かな一枚が出来上がりましたね。また、今回作品のリリースをサポートしてくれた方を教えて下さい。

 

富士葵 : ユニバーサルミュージックさん、スタッフのみなさんはもちろんですが、今回のアルバムは、葵の歌を葵よりも聴いているかもしれない、歌劇団のみなさんのリクエストでつくられた大切なアルバムです!みなさんあってのアルバムであり、みなさんこそが一番のサポーターです!!

 

普段応援団長キャラクターである葵さんが、歌劇団のみなさんのサポートを頂いたのですね。さて、この一枚を聴くリスナーにとって、どの様なタイミングでこの一枚を聴いて欲しいとお考えですか?

 

富士葵 : もちろん感性に合わせて自由に聴いてもらえたら一番ですが、様々なジャンルの曲が収録されているのでその曲にあったシチュエーションで聴くのも面白いですね!逆にみなさんどういう時にどういう曲を聴くのか聞いてみたいです!

 

こういう時こそ、先日発表された葵さんのHPの「葵歌劇団学園」の出番ですね!また、音楽活動としては、先日葵さんが作詞作曲を行なった「ミルクティ」が公開されましたよね!映像内容然り、楽曲も非常にエモーショナルな気持ちが心に湧き上がるかの様でした。まるで葵さんが寄り添うかの様な、そんなイメージが湧いてきました。こちらの制作時の裏話を教えて下さい。

 

    Comments are closed, but trackbacks and pingbacks are open.