みみたろう インタビュー

みみたろう インタビュー

……おぉ……?!……こんばんは……?!

 

軽バズりみみたろう : こんばんは。軽バズりみみたろうと申します。この度はインタビューの機会を頂きましてありがとうございます。平仮名ばかりで読みづらかったかと思います、失礼致しました。

 

いえいえとんでもないです……!ただ、先ほどとのギャップに驚きました(笑)。気を取り直してインタビューを続けたいと思います。

続いては、先日は「昼は!おかあさんといっしょ」「夜も…おかあさんといっしょ」に出演されましたね。当日は竹花ノートさん、渋谷ハルさん、そして当日裏方だったふくやマスターさんと共演されましたね。こちらの出演のきっかけ、感想を教えて下さい。

 

軽バズりみみたろう : 出演のきっかけは、生まれたてだけどバーチャルなお友達の集まりでリアルイベントをやりたい、と思ったというのが全てです。ちょうど「vGarden」さんでイベント開催しようというお話がありましたので、乗っからせていただきました。初イベントでしたが、とても楽しかったです。

 

関連 : ふくやマスター インタビュー
https://toppamedia.com/interview-2019-3-fukuya-master/

 

また、この日の様子が後日テレビ番組『マツコ会議』内のVTuber特集として取り上げられましたね。Twitterを中心に、大きく話題となっていましたが、こちらの放送後、変わったことはありますか?

 

軽バズりみみたろう : 知名度が上がりました。そして……精神がより大きくフワフワに侵食されました。

 

-(笑)。また、近々の出来事としては、シンガーソングライターましのみさんの「AKA=CHAN」リリックムービーに出演されましたよね。

 

 

軽バズりみみたろう : これもマツコ会議のおかげで。番組を見たポニーキャニオンの担当さんからご連絡いただいたのがきっかけです。めちゃくちゃ早かったですね。

 

関連 : ましのみ インタビュー | TOPPA!!(トッパ・闇鍋的WEBメディア)
https://toppamedia.com/interview-2019-2-mashinomi-singer-song-writer/

 

世の中何が起こるかわかりませんね……!さて、みみたろうさんがYouTube上で活動を始めてから、3ヶ月が経ちますね!現在、YouTube CH登録者数は3万を突破、新人VTuberの中でも注目の的になっていると思います。現在の心境を教えて下さい。

 

軽バズりみみたろう : ついこの間まで培養液でひたひただったはずなのに……月日が過ぎるのって早いね。あと、「全然もっともっと注目してもらっても大丈夫だよ、ふふ。」って思ってます。

 

実は案外子供向けVTuberっていなかった様に思うので、その意味ではみみたろうさんは先駆者としてこれからフィーチャーされる気がします。続いては、これまで活動してきた中で、一番印象深かった出来事を教えて下さい。

 

軽バズりみみたろう : この前の『マツコ会議』きっかけで、マツコさんにハマったことですかね……。

 

なるほど。また、みみたろうさんが活動を始めた当初より、リスペクトしている方や気になっていたり、コラボしてみたい方がいれば是非教えて下さい。

 

軽バズりみみたろう : リスペクトはハローキティさんと東京トガリさん。そして、いつかワクワクさん(久保田雅人さん)とコラボしてみたいです。

 

それこそ、本当の教育番組が出来上がりますね!さて、最近みみたろうさんが経験した中で、感銘を受けた出来事を教えて下さい。

 

軽バズりみみたろう : 最近また無料公開があったので読み返していたんですが、『ラーメン発見伝』という漫画が面白いんです。ラーメンという題材を超えて創作活動全般に通じる内容なので、みみたろうは感銘を受けました。

あとは最近、みみたろうはゲートボールが存外にアツい競技だと知ってびっくりしました。

 

『ラーメン発見伝』、興味深いです……!続いては、先日みみたろうさんがTV番組『マツコ会議』に出た様に、VTuberが世の中にどんどん浸透し始めている様に思います。こちらに関して、思うことを教えて下さい。

 

軽バズりみみたろう : VTuberも随分数が多くなって参りましたが、今バーチャルの存在がお茶の間に現れても、皆さんのお父さんお母さんくらいの世代の方は「おっ、またアニメの何かだ。」くらいにしか認識してないのが現状で。浸透してると言えるようになるのはまだまだ先の話だな、と思います。

そんな中で、みみたろうとしては、全然VTuberを知らなかった人達が、この文化に興味を持ってもらえるきっかけのフワフワになれたらいいなと考えています。

東京オリンピックから大阪万博を経て、一億総バーチャルアバター時代が到来する(予定)なので、それまでは頑張りますね。

 

引き続き、先陣を切って活動される事、期待しております!そんな一億総バーチャルアバター時代に向けて、みみたろうさんの今後の目標を教えて下さい。

    Comments are closed, but trackbacks and pingbacks are open.