アメノセイ インタビュー

アメノセイ インタビュー

アメノセイ : それぞれの楽曲ごとにテーマを決めていて、聴いている人のコメントだったり、感想だったりで、思っていた反応があると「やったなぁ!」と思います。

様々なクリエイターさんと一緒に作っていて、色んな方向性に富んでいるので、ボクの声で統一化できればなと思っています。

変な話、ジュークボックスみたいになりたいんですよね(笑)。

 

 

-その反面、数々の歌ってみた動画も歌われていらっしゃいますよね。様々なジャンルの曲を歌われていらっしゃいますが、他の方の歌をカバーされる際に、意識している事を教えて下さい。

 

アメノセイ : カバーのときは、原曲をちゃんと聴いて、違和感が無いようにする事を心がけています。それを意識した上で、原曲と違うアプローチをしたり、ギャップを作ったり、ほんの少しだけ自分のオリジナリティを入れる事を考えています。

 

-なるほど。ちなみに、最近よく聴かれている音楽はありますか?

アメノセイ : ジャンル問わずで言うと、IIⅤのスタッフさんがゴリゴリに推してくるsora tob sakanaさんをよく聴いています。VTuberさんの音楽だと、最近だとKMNZさんとか、この前ときのそらさんが出した『Dreaming!』の中に入ってるアゴアニキさん提供の曲「海より深い空の下」ですね!あのアルバムはどの曲も好きなんですけど、特にあの曲が良いと思います。

 

 

-わかりました。ここからは近年の活動について触れさせて下さい。お友達を探す事がアメノセイさんが活動を続ける目標の一つであると共に、数々のVTuberさんともコラボを行われましたよね。これまでコラボした中で、印象的だった回を教えて下さい。

 

アメノセイ : どれも面白いコラボだったんですが、特に印象的だったのは、僕ボクと初めてコラボした燦鳥ノムさんですね!コラボの回数もこなしているし、仲の良いお友達の一人です。初対面の時に、「自由な方だな……!」と思っていたんですけど、その後コラボをする度に自由度が増えた気がします(笑)。最初は抑えていたんでしょうか……?

 

 

-また、燦鳥ノムさん然り、ときのそらさん、AZKiさん、バーチャルゴリラさんといった歌がお上手なVTuberさんともコラボされましたよね。共に歌を歌う際、意識した事を教えて下さい。

 

 

アメノセイ: 誰かと歌うときは、相手の邪魔にならないように、できるだけ調和することを意識しています。もちろん、自分の個性を保ちつつ、ですが。

 

-なるほど。合わせて他のクリエイターとの共同作業に関して言えば、アメノセイさんが所属しているIIVについて触れさせて下さい。アメノセイさんしかり、「Raindrop」を提供したbanvoxさんしかり、数々の優れたクリエイターが参加していますよね。IIVに所属する事で感じた事・刺激を教えて下さい。

 

アメノセイ : いや〜これは刺激だらけで!参加しているクリエイターさん達は音楽は勿論、小説家さんもいたり、活動を進める中でイラストレイターさんにも出会ったりして!いろんな分野に触れることが出来てビックリです!そして、こういうクリエイター集団の中に所属しているからこそ、新しい事にどんどん挑戦していきたいとも思っています。

 

-新しい試みと言えば、先日はアメノセイさんをテーマに、IIVクリエイターアワードが開催されましたね。現在公開されている作品もあれば、これから公開される作品もあるかと思います。こちらのテーマに選ばれた際の感想を教えて下さい。

 

アメノセイ :「ボクでいいんですか?!」って聞いちゃいましたね(笑)!IIVの方から、「良い意味で毛色が無い点が、色々な作品にテーマにマッチするからだよ!」と言っていただけて。いろんな色に塗られたボクを見れたことが嬉しかったです!

 

 

-今回抜擢された事でまた、アメノセイさんに対する新たな解釈が増えたように思います。さて、先月は初の単独生放送、そして新衣装のお披露目おめでとうございます!YouTube上でリスナーの方とリアルタイムで交流されるのは初めてだったかと思いますが、こちらの手応えは如何でしたか?

 

 

アメノセイ : 思ったよりも、人って来るんだな〜と思いました。コメントとかすごい勢いで流れてきて……なんて言えばいいんですかね(笑)。嬉しいは嬉しいんですけど、それと同時に観て下さる方の多さに驚きを隠せませんでした

 

-確かに初見だと、あのコメントの流れの速さは驚いちゃいますよね。また、ここでお披露目された新衣装について思う事を教えて下さい。

 

    Comments are closed, but trackbacks and pingbacks are open.