雄之助 / Yunosuke インタビュー

雄之助 / Yunosuke インタビュー

雄之助 :  前作『Black or White』(2017年リリース)は今までのアルバムとは違ってダウンロード配信のみでリリースをしたのですが、元々僕はこの時点でボーカロイドのアルバムの制作、即売会の活動を一旦終えようと考えていました。というのも、丁度在学中であったことやもっと「音」について詳しく勉強してみたいと思ったことがきっかけなんです。

それから2018年の3月になって、たまたま大学最後の日に「Feel My Heart (feat. 初音ミク)」の制作のお話を頂き、曲を制作したのですが、その制作から当日の会場を見たときに本当に沢山の刺激を受けて、そこから夏にかけてボーカロイドでやりたいこと、やりたいジャンルを納得出来る音でリリースしたいと思ってアルバムの制作を始めました。タイトルの由来はボカロ×EDMがメインの『Fiction』はジャケットを見て頂いてもわかると思いますが、デジタルなサウンドの中にも温かさがあって、無機質の中に葉っぱや水がミクを覆い、新しいことに挑戦した雄之助×初音ミクがまた次の作られた世界、つまり“Fiction”にステップアップした作品ということでこのタイトルを付けました。

 

そうだったんですね。では、次に本作の聴きどころをまずは雄之助さん視点で教えて下さい。

 

雄之助 : この曲を聴いてほしい!という様な感じではなく、通しで聴いて成り立つくらいジャンルも楽曲の雰囲気も、そしてミクの声質まで違うので、全体通して『Fiction』を楽しんで頂けると嬉しいです。 それと外せないのはやっぱり“音”ですね。ミクと雄之助の“音”を聴いて頂きたいです。

 

わかりました。本作の制作時の環境・心境、愛用したプラグイン等、裏話を教えて下さい。

 

雄之助 : 当時は学生という肩書もなくなって、とにかく肩の力を抜いて制作が出来ていた記憶があります。用事や仕事がなければ洋服を買いに行ったり、旅行をしたり、本当に自由に時間を使って制作していました。

『Fiction』はダウンロード限定でリリースした『Black or White』と同時にフィジカルCDとしてリリースしたんですが、実はジャケットイラストからポスター、アルバムデザインまで全てのうさんがやってくれていて。2枚同時進行だったのですが快く受けてくださった、のうさんには本当に頭があがりません…。

 

なるほど。今、のうさんのお話がでたので伺いしたいのですが、他に本作の制作・完成をサポートしてくれた方はいましたか?

 

雄之助 : やっぱり1枚目から一緒に制作をしているさん、牛肉さんですね。2人とも同時期に出会い、気付けば「エル・ドラド」から40曲近く一緒に制作しています。クオリティもお互い信頼している制作仲間なので、今回も沢山意見を出し合い、何度も話し合いを重ねて完成させることが出来ました。

 

また、本作には、tekaluさんとのコラボ「illusion(Yunosuke × tekalu)」が収録されていますね。こちらのコラボレーションのきっかけを教えて下さい。

 

 

雄之助 : tekaluとは2015年からの繋がりで、いつか一緒に制作したいと思っていました。去年の5月頃にふと思いついて連絡したのを覚えています。tekaluは自分とはまた全然違うメロディーやコードを組むので、凄く良い刺激を受けたし、とても面白い作品になりました。

 

では、数々のクリエイターと共作を進められた中で意識したことや工程のこだわりなどはありますか?

 

雄之助 :  基本的に自分は編曲オタクで、とにかく人のアイデアを色んなパターンで組んでいく作業が好きなので、合作相手にアイデアを貰うことが多いですね。当然自分のパートだったり、こういう展開にしたいって言うのも入れていくんですけど、基本は貰ったアイデアを広げていく感じですね。

 

また、雄之助さん自身、非常に楽曲リリースのスピードが早いように感じますが本作の作曲において、アイデアが湧いたタイミングを教えて下さい。

 

雄之助 : あまり早く作ろうとしているわけでもなくて、このコード使ってみたい!とか、このジャンル取り入れてみたい!って思って楽曲制作に取り組んでいると楽しくなっちゃって、続きもどんどん浮かんで、気付けば3時間くらいで完成していることなんかもよくあります。特にこのアルバムではその時作りたいと思った物を作っているアルバムなので、全曲常にこんな感じで作っていました。

 

この一枚を一言で表すなら、どの様な一枚だとお考えですか?

 

雄之助 : 完全体だと思っています。音へのこだわりはまだまだありますが、雄之助のボーカロイド楽曲の集大成のようなアルバムになっています。

 

ここからは直近の活動について触れさせて下さい。先日はご友人の歩く人さんの新ユニットTHE LIQUID RAYの楽曲「siesta」のリミックスverを担当されましたね。他の人の楽曲をリミックスする上で、意識したことを教えて下さい。

 

    Comments are closed, but trackbacks and pingbacks are open.