雄之助 / Yunosuke インタビュー

雄之助 / Yunosuke インタビュー

雄之助 : 「siesta」のリミックスはアルバム収録だったので、アルバム全体の雰囲気や、原曲の印象なども崩さないように努力しました。ただ面白いことはしたいと思っていたので、しっかり自分のスタイルで制作しました。

 

なるほど。さて、初音ミク関連の話をすると、昨年開催されたMIKU EXPO EUROPEにて、Circus-Pさんとのコラボ曲「Cybernetic」がサプライズ披露されましたね!こちらは『Fiction』にも収録されていますが、この時の感想・手応えを教えて下さい。

 

 

雄之助 : まさか自分の楽曲がライブを演出する側になるなんて想像もしていませんでした。実は2015年にMIKU EXPOの楽曲コンテストに応募したことがあって、その時グランプリを取ったのがCircus-Pの「Ten Thousand Stars」でした。この頃からよく連絡は取っていたんですが、数年後のMIKU EXPOでコラボした楽曲をミクに披露してもらえて、本当に感慨深いものがありました。

 

また、昨年開催されたアニON STATIONのコラボカフェ「初音ミク MUSIC CAFE」のテーマソング「センシティブサマー(feat. 初音ミク)」を、雄之助さんが参加されているZLMSが担当されましたね!ジグさん、ルワンさん、はるまきごはんさんと共同作業を進める中で、意識したことはありますか?そして公開後の手応えを教えて下さい。

 

 

雄之助 : ZLMSでは曲のアレンジ担当だったので、みんなから来た音源を上手く活用して、自分のパートではとことん遊びました。仲良しボカロPの4人組がまさか公式タイアップを頂けるなんて思ってもみなかったので、最初は自分のドロップパートが台なしにしないか心配していた記憶があります。ZLMSメンバーもクリプトンさんも「思いっきりやってください!」とのことだったので寧ろ大暴れしてます(笑) 。公開後は、「このパート〇〇さんかな…?」みたいなコメントも沢山あったり、「このドロップは絶対雄之助さんだ!」とか。コラボカフェではみなさん楽しんで聴いて下さっていたり、本当にやって良かったと思いました。

 

そうだったんですね。また、雄之助さん自身はオープニングDJイベントにも参加されましたよね。

 

雄之助 : そうですね!本当に温かいお客さんとスタッフさん、出演者さんに囲まれて楽しいイベントでした。

 

今年に入ってからは、新曲「Sazanka」を公開されましたね。おむたつさんがイラストを、デザインをNateさんが担当されたアートワークもさることながら、日本的な和とKawaii要素が入り混じった新機軸の楽曲のように感じました。本作を制作したきっかけを教えて下さい。

 

 

雄之助 : 昨年のブラックフライデーセールで和楽器の音源がかなり安くで売っていて、以前から作りたいと思っていた和の楽曲にこのタイミングで挑戦しようと思いました。自分が今までやってきたこととは少し違って、少ない音で魅せる楽曲になっていると思います。当然和の印象は楽器だけでなくコードもだと思うので、そういった部分もかなり意識して制作しました。

 

そのきっかけには驚きました。近年気になっていたり、コラボしてみたいジャンルや方はいらっしゃいますか?

 

雄之助 : mameyudoufuくんはずっと気になっています。個人的にクオリティがずば抜けていると思っていて、どの曲聴いても鳥肌が立つような凄い曲ばかりです。真似しようと思っても真似できない。1ファンとしてリリースを毎回楽しみにしています。

 

 

ボカロだとKiraですね。元々Kiraは2015年頃から数曲、僕のボカロ楽曲の調声を担当してくれていたんですが、気付けば今はボカロPとして海外で物凄く活躍しています。サウンドもメロディーも本当に癖になるものばかりで、いつかコラボしたいと思っている内の1人です。

 

 

是非、そのコラボ聴いてみたいです!近年、ボカロPの経験を通じて、雄之助さんのように作曲家・クリエイターとして大成される方が増えた様に思います。こちらに関して、思うことを教えて下さい。

    Comments are closed, but trackbacks and pingbacks are open.