AliA インタビュー 第2弾

AliA インタビュー 第2弾

AYAME : テーマは1枚目と変わらないですね。前回は初期衝動だったけど、今回はAliAを象徴する曲を集めたアルバムになっています。

 

SEIYA : 前回はツアーをやる前にもう製作に入っていたので、こういう音楽がやりたいとかこういうバンドになりたいとか、抽象的な思いがメインで、「AliVe」になったと思うんですよ。

今回の『realize』は、ライブではすでに披露していた曲が入ってたりするんですよね。要は、ツアーで実際に音楽を聴いてくれた人の目の前で、いざAliAの音楽をやってみた時に、もっとこういう表現をしたいなとか、こういう曲があったらライブがかっこよくなるんじゃないかとか、実際に自分たちで感じたことを表現したアルバムになっているのかなと。それが前作との違いだと思いますね。

 

BOB : ワンマンでやった曲とかも、お客さんの反応を見て、ここを変えようかなとか、それが前作ではできなかったことなので。そういうところも含めて、ライブ感のようなものを意識して作られたところはあるのかなと感じます。

 

EREN : 変わらないものを大事にしてるけど、1枚目で伝えたかったことのズレというか、「こういうことをやりたい。」に対して、伝わり方が違うパターンもあるから。それをより深めた感じが近いですね、大事にしているものは同じで。

 

根底は変わらず、といった所ですね。ちなみに、アルバムのタイトル『realize』の名前の由来を教えてください。どういった所から来たのでしょうか?

 

 

AYAME : バンドでやる前に、私が歌詞を書いたりとか一部分のメロディーを作って、私がポロッと歌ってたものをEREN君がリアレンジして作ってくれたのがこの曲なんです。

この曲を作った時に、ライブとかでもよく言ってるんですけど、バンドやる前に私はひとりだったんです。誰にも自分が思っていることを言えないし、今も自分が本当に思っていることは言えないし言葉にはできないけど、歌だったら残せるし。歌詞にある通り、「気付いてほしい」じゃないですけど。その気持ちをいつまでも忘れずに、曲として残ってほしいなと。あの時の気持ちをこの曲を歌うと思い出すし、叫ぶ曲というか、自分の感情そのものな曲なので。この曲を作った時には、個人的にはそういう思いがありました。

 

EREN : バンドとしては、アルバムとして集まった根源のひとつになる大きな曲だからこそ、何も言わずに僕らがスッと「これだ!」ってなるのが「realize」なんですよね。それで集まってたり、始まったものもあるから、言葉なくして感覚が一致してる部分としては、AliAの現在の音楽と言えるかもしれないというか。それはメンバーでも揃っていて。

「realize」っていう言葉の意味とかも、「認識する」という意味では、僕らの事実にフィットしているから。そういう理由でアルバム自体がこの名前になってたりします。

 

今のAliAの状態を端的に表れていると思います。
また、本作の構想はいつからあったのでしょうか? 制作スケジュールも教えて下さい。約半年で2枚目のミニアルバムリリースは結構タイトな気がします。

 

EREN : わりと早い段階で考えていました。なぜかというと、CDを出したい気持ちがあって、でもいくつもやりたい事があるじゃないですか。ここまでやらなきゃというのを考えた上で、その中にストーリーがあるんですよ。1枚目を出した、2枚目も出すつもりでやってるけど、そこから、さっきBOBが言った、「じゃあこれが必要だね。」とか、気付いてきたことを上乗せしてる感じで。

僕がさっき言ったように、大事なものは変わらなくて、経験とか実績とかで結果論的には変化していて。だから、事実上、1枚目から2枚目まで何するかは決まっていて、実際は、前作のレコーディングが終わった直後から僕個人は作曲をしていて。ツアー中も構想はみんなで話し合っていました。5月20日が終わった……次の週だっけ?

 

TKT : いや、終わった週にはもうドラムとベース録音してた。

 

SEIYA: だからツアーで移動中の車の中で、こういう曲はどうかとか、デモを聴いたりしてましたね。

 

BOB : なかなか荒業な計画(笑)。

 

わかりました。続いては、レコーディング時の裏話があれば是非教えてください。

 

BOB : 一番大きかったのは、たまたま同じスタジオでレコーディングしていた、UVERworldのDrの真太郎さんですね。同じくプロデュースを担当されている平出悟さんという方の縁で、「ちょっと真太郎、BOBにスネア貸してくれない?」となって、僕は「マジですか?」と。それでスネアをお借りして、実際に何曲か録らさせていただいたんですよ。人との繋がりってやっぱり大事だなと感じました。

 

EREN : 新しい風を感じたよね。こういうのもあるんだ、みたいな。

 

BOB : あと、今回は柔軟にやりましたね。ドラムのRECに関してもそうですけど、バスドラにガムテープを貼って音を録って、それを加工して別のものにするとか。生っぽいところと機械的な部分で変えたりとか。

 

EREN : ガムテープでアタック音を調整して、エレクトロなキックでもBOBのニュアンスがちょっと入ってたりとか。打ち込みではなくBOBが鳴らしてるけど、打ち込みの音っぽいみたいな。

 

BOB : そういうチャレンジは多かったですね。

 

EREN : 楽曲的にも、僕らも日々揉まれているから、より難しかったりアーティスト性が求められる表現がしたい時に、AYAMEやRINAやBOBは、僕がふと思いついたフレーズですごく苦戦しています(笑)。

 

RINA : 前作はバイオリンの使い方がストリングス的な使い方が多くて、わりとすぐに終わったんですけど、今回はすごく機械的なフレーズも入ってたりで、めっちゃ難しかったです。鬼ムズイ。

 

EREN : バイオリニストがやらないような。

 

RINA : 本当に苦労して、指を火傷しながら。前回より個人的にはレベル高かったです。

 

SEIYA : ERENみたいなコンポーザー・アレンジャーのイメージと、プレイヤーとしてのイメージというか、僕も打ち込みしたりするんでどちらのイメージも分かるんですよ。

「Discord」で言うと、僕は気が付いたらベーシストっぽい感覚だった時に、ノリとか、例えば譜面上に無いようなグリッドのタイミングとかについて、ちょっとモタって入れるのがナチュラルでいいだろうなという所とか。極力頭に合わせてバチッと弾いたりして、ERENの「Discord」のイメージに合わせたりしました。

 

EREN : 汲んでもらって、「あ、そういうことか。」となる時間はあったよね。

 

SEIYA : お互いのイメージを、「俺はこう思ってて。じゃあそっちはこう思ってる?」という場合、「じゃあ両方弾いてみてどっちがいいかな?」みたいな感じで。

俺はメンバー内では比較的、TKTの次ぐらいに柔軟なのかなと。「こういうのがいいんじゃない?」とか録ってみたりして、「こっちがいいと思ってたけどそっちの方がいいね。」みたいな感じで、使わなかったけどポコポコ録ってたのはあります。

 

EREN : 最終的に、今回僕はすごく楽しかったですね。それぞれの良さがどんどん出てきて。例えばBOBだったらすごくグルーヴを大事にするドラマーだと思うし。そういう人がこれをやったらどうなるか、とか考えるのが楽しくて。絶対にその人は通らない道だなっていうのものに挑戦した1枚ですね。例えばBOBに、「人間味なくした機械っぽいロールしてみてよ。」とか言ったり。

 

BOB : 俺じゃなくていいじゃんと思いつつ(笑)。

 

SEIYA : 「いや、BOBがやるからいいんだよ。」みたいな。そこもこだわりで、お互い面白く思ってない時間もありつつ、いざ形になってライブでやったりして、それもまたお互いにひとつの挑戦だな、と。そこで止まってたら、片方が片方潰し合うのも違うし。やってみればいいじゃんというスタンスですね。

 

EREN : あと、AYAMEは、歌めっちゃ良いじゃないですか。ピッチも良いし、すごく歌に適してるんですよね。それで、「Discord」はオートチューンをかけてるんですけど、あれってピッチがズレるとそれを戻すようにかかるじゃないですか。でも、もともとピッチが良い人はかからないんですよ。それをかかるように歌うっていうところを努力してたり。ぴったりハマるとケロケロ音が出ないから、わざとちょっと外して歌うとか。

 

AYAME : ひたすら音の高さを変えて研究しながらやってたり……。

あと、ERENが急に言ってくるんですよね(笑)。「これできる?」みたいな。REC中もしかり、急にツアー中の車で「realize」の話をされて、「あのロングトーンさあ、ここまで伸ばせる?」とか言われて、「無理無理無理!」ってキレ気味に言って(笑)。

 

一同 : (笑)。

 

AYAME : SEIYAが言う物理的に無理みたいな感じで言ったのに、REC当日にまだ言ってきて、実際にやりました(笑)。

 

SEIYA : でも出来ちゃう (笑)。AliAメンバーあるあるなんだけど、文句言うわりにはできるんですよね(笑)。

 

EREN : いやー…本当にその場でパッと思いつくんですよ。

 

SEIYA : そこは分かってきた、本当に今思い付いてるんだなと(笑)。まあ出来ないより出来た方がいいからね。後から選べばいいし。

スタッフチームにも言いたいんですけど、わりと俺ら曲がきてから再現するスピードが他のバンドに比べて早いなと。

 

AYAME : さっき聴いた音源とか(笑)。

 

SEIYA : 今もリハ中に音源が来たりして、「じゃあこれ試してみたいんだけど。」とか言うと、おもむろにみんなイヤホン取り出して聴いてコピーして、じゃあやりますと(笑)。

 

BOB : それで出来ちゃうとかね(笑)。

 

SEIYA : それも、各々が今まで培ってきたものがあるからね。

 

これらのエピソードもERENさんしかりAliAならではというか……!バンドの底力を感じます。

さて、本作を拝聴させていただいたのですが、「realize」や「Discord」のようなハードなものもあれば、「インストップデート」のようなパーティーチューンもあり、はたまたバラード「letter」も収録と、今まで以上に内容の振れ幅がかなり大きいように思います。
今までAliAが掲げてきたハイブリッドロック色が更にアップデートされたような印象を受けますが、作詞作曲において今まで以上に意識した事はありますか?

 

SEIYA : 「インストップデート」すごくないですか? 逆にトガってないですか(笑)?

 

    Comments are closed, but trackbacks and pingbacks are open.