DIMLIM インタビュー 第2弾

DIMLIM インタビュー 第2弾

聖 : もう『CHEDOARA』の歌詞を書いていた時点で、“喜怒哀楽”にするという曲のテーマはふんわりとはあって。中身は完全に固まっていたというわけではないんですけど。なので、歌詞もそこまで悩んで書いてなくて、サラサラッと書けて。でも、前々からあったものをそのまま文字に起こしてもつまらないし。自分が書きたいような、その時の想いと照らし合わせて書きました。異なった部分というのは、そういう意味ではあまり無いですね。答え合わせじゃないけど、『CHEDOARA』をそのまま喜怒哀楽というものに落としこもうという感じでした。面白い言葉を入れてみよう、とかは特になかったんですけど、ひとつだけやっていることがあるんです。

 

-それは気になります。

 

聖 : さっき言った「セットリストにねじ込む」というのとニュアンスは似ているんですけど、「喜怒哀楽」という言葉4つをそのまま曲に入れているんですよ。自分の中で面白いというか、こういうのいいなという感じじゃないですけど。例えば「喜び」という言葉をそのまま歌詞に落とし込んで。どういうニュアンスで落とし込んでいるのか、というところをこれを読んだ人に感じてもらえたらなと思います。

 

-その点では、『喜怒哀楽』を聴く中で、「怒」のメロディや歌詞が優しいものに感じたんですよね。いわゆる人々がステレオタイプ的に思う怒りの感情とギャップがありますよね。

 

烈 : そこはちょっと面白くて、最初は「楽」が「怒」だったんですよ。その中で、自分がいろいろ考えたんですよね。「怒」を見たときに、こういう曲・音が来るんだろうなと想像ができてしまうじゃないですか。そう考えた時、すごい歪みのGtとかDrの激しさとかで怒りを表現するのも面白くないなと思ったんです。そこから、逆にああいうバックサウンドでまた違った表現の仕方というか、優しさの裏にある怒りじゃないですけど、そういう音使いで作っています。Voワークも、メロディーに関しても、一見怒りじゃなさそうな感じが一番怒りを表現しているというか。怒りをそのままを音に落とし込むっていう一般的な考え方に対して、こういう表現の仕方もあるよね、というところではあれは面白かったかな。

 

聖 : 難しかったです(笑)。

 

鴻志 : 一番苦労したんじゃない?ドラムは「怒」が一番楽しかったんだけどね。

 

聖 : ああいうの好きなの?

 

鴻志 : 好きだよ。

 

 

-ジャジーなドラミングで、実際「CHEDOARA」ワンマン時にも驚いた記憶があります。そして、「喜」「怒」「哀」「楽」とは別に、DISC2に「vanitas –white-」「愛憎につき… – black-」が収録されましたね。全編聖さんのアカペラであり、元楽曲とはまた違った強さを受けました。

 

聖 : もちろん、元の曲は良いと思っていて……自分らで言うのもあれなんですけど(笑)。言葉をダイレクトに受け取ってもらいたかったんです。演奏の素晴らしい力を背景に、それを流し聞きするのではなく、本当に言葉を知ってもらいたいな、というところから入って。それと、自分を超えたいとか、表現してみたいなという気持ちもありました。それで入って、アカペラというところにたどり着いたんだと思います。

 

-実際、REC時の感想は如何でしたか?新たな試みだと思いますが。

 

聖 : すごく難しかったですね。何からやっていいんだろう、と。音が無いのってこんなに難しいんだと気付かされました。最初はそういうところからでしたね。そこから、メンバーと内容について話し合って、「それでいこうか。」となり、そのまますんなり進んで行きました。

 

 

-ちなみに本作もまた、音の面では克哉さん、アートワークの面ではRyuseiさんとの共同作業が行われたかと思います。

 

烈 : 克哉に関しては、日頃からバンドに寄り添ってくれて、チームのひとりだと思っています。

彼にエンジニアをお願いする理由っていうのは、やっぱり話がちゃんとできるし、以前からいろいろ関わってくれているので、彼の色も出してもらってるし、彼からもすごく提案してくれたりして。その点に関して僕らは、いろいろと次はこうしていこうとかの話はするんですけど、こうした方がいいとか言うことはあんまり無いですね。最後の詰め作業、MIXの終わりくらいにちょろっと話をするくらいです。彼に関しては絶対的な信頼を置いているので。

例えば、MIXエンジニアとバンドの関係性についての話はいろいろ聞くんですけど、自分的には注文をすること自体がそもそも違うんじゃないかなと思っているんです。それなら絶対的に信頼できるエンジニアを探して頼めばいいじゃんと思ってしまう派なので。本当に細かなレベルの調整だったりとか、そういう部分ではいろいろあると思うんですけど、音の根本から彼に信頼を置いているので、こちらからは特に、という感じですね。

 

関連 : 克哉(SLOTHREAT/Misanthropist)の異分子のすゝめ Vol.4
https://toppamedia.com/column-katsuya-ibunshi-no-susume-vol4/

 

-理想的なクリエイターとの付き合い方ですね。

 

烈 : Ryuseiも同じですね。アートワークに関しては最初、喜怒哀楽を4色に塗り分けたりとか、塗り絵にしたいという話も   あったんですけど、そこまでするのもアレかなという話が出て。真っ白にしたことによって、4曲を聴いたうえで、自分なりに 色を想像してほしかったんです。さらに、本当に『CHEDOARA』を真っ白にしただけなので、間近でちゃんと自分の目で見た時に、何かしらの色が思い浮かぶというか。そういう面でわりとサラッと、という感じでしたね。

 

-なるほど。また、本作のリリースに関して、「CHEDOARA」公演限定にされた理由を教えてください。本作収録曲は今後のライブでも披露される予定ですか?

 

聖 : 答え合わせじゃないですけど、『CHEDOARA』と繋がってるじゃないですか。『CHEDOARA』っていうもの自体が抽象的だったのが、今回更に砕いた直接的な表現が『喜怒哀楽』には含まれているので。まず、「『CHEDOARA』って何?」というところから始まって、喜怒哀楽なんだよと。だから、曲名も自分たちなりに分かりやすく、喜・怒・哀・楽にまとめたんです。だったら「CHEDOARA」公演で、もっと『CHEDOARA』を分かってもらうツールのひとつとして出そうかということで、限定販売ですけどリリースさせてもらいました。

 

烈 : 今後のライブでもおそらくやりますね。

 

鴻志 : 売りはしないけどやります。

 

-改めて、本作を聴くリスナーに対して、どのような想いを伝えたいですか?

 

烈 : 『CHEDOARA』に関しては、曲数も多いし、分かろうとしないと分からない部分とかも多少あるけど、『喜怒哀楽』は本当に分かりやすいじゃないですか。人間の感情というものと照らし合わせて聴いていただきたいですし、前より届きやすくなっているかなという気はします。自分たち的にも削ぐものを削いで、伝えたいことをちゃんと芯において制作はできていると思うので、本当にサラッと入ってくるんじゃないかなと。

『CHEDOARA』を聴いた上で理解できなかった部分も、『喜怒哀楽』を聴いたら分かりやすいんじゃないかと思います。

 

-わかりました。さて、「CHEDOARA」開催時に発表された ニュースとして、まずは青山RizMにて開催、新体制によるワンマンライブ「存在証明」が挙げられます。このタイトルはどなたが発案されたものでしょうか?

 


公演・チケット詳細 : http://www.dimlim-official.com/schedule/94546/

 

烈 : これは自分で、最終決定したのが聖です。

たぶん、脱退とかがあって、不安な気持ちであったりとか、バンドが続くのかとか、いろいろ思われた人もいるんじゃないかと思うんです。ようやくという言い方はおかしいですけど、3人になって、絶対的に信頼を置けるメンバー同士で、バンドが続いていく未来と、その先というか、未来を見据えていこうという意味でも、「存在証明」という言葉がいいんじゃないかなと思って。

 

鴻志 : めちゃくちゃ分かりやすい。

 

烈 : 分かりやすいし、パッと決まりましたね。

 

-また、新しいアー写も公開されました。モノトーンが特徴的な写真ですが、こちらのテーマを教えてください。

 

 

烈 : テーマも、曲の方と同じなんですけど、削ぐものを削ぎたかったというか。変な言い方をすれば、自分たちは裸にしてもかっこいいな、と。それは音に対してもそうなんですけど。そういうものをちゃんと方向性にしていきたいなと思って、ああいうモノトーンの見た目にしました。

アー写を見られた時に、「こういうバンドなんだな。」って決めつけられるのが嫌なんです。少なからずアー写ってそういう要素を含んでいるじゃないですか。モノトーンにすることによって、「このバンドってどういう音楽をやるんだろう?」とか、そういうところから考えてもらいたいと思って。

 

-個人的には、真っ直ぐに研ぎ澄まされた日本刀のような印象を受けました。ちなみにこの日、3人での初体制お披露目となる訳ですが、サポートメンバーを迎えてのライブになるのでしょうか?あるいはまた、違った形でのライブ披露となるのでしょうか?

    Comments are closed, but trackbacks and pingbacks are open.