猫アレルギー( 猫田中P / 現コメダワラ ) インタビュー

猫アレルギー( 猫田中P / 現コメダワラ ) インタビュー

猫アレルギー(猫田中P):そうですね。元々は「1回コラボしてみませんか?」程度の感じで誘ったんですが、yamaさんの歌声が想像以上に凄かったので勢いでユニット結成を提案したら快諾してくれました。初投稿の「チルドレン」と言う曲もコンピのために書き下ろした曲でして、結構その場のノリと勢いで進めてしまった感じです。今凄い困ってます。

 

-89日には新曲「悪食」が配信されましたね。アシッドジャズチックの横乗りなメロウナンバーとなっておりますがずばり今作の聴きどころを教えてください。

 

 

猫アレルギー(猫田中P):一番の聴きどころはyamaさんの歌声ですね。結構な無茶振りにも完璧に対応して頂きました。あと、全体的に攻撃的なんですけど少しバラードチックな雰囲気を醸し出してるのがこの曲のミソかなと勝手に思ってます。

 

アダルトな雰囲気がにじみでていますよね。BIN」の今後の展望についてお聞かせください。

 

猫アレルギー(猫田中P):ノープランです!

 

まさかの答えに驚いております()猫アレルギー(猫田中P)さんがこれまで活動してきて楽しかったことや辛かったこと、印象に残っていることなどありますか?

 

猫アレルギー(猫田中P):楽しかったことは音楽仲間が増えたことですね。本当に面白い人ばかりでこれだけでも「ボカロPやってて良かった!」って思います。辛かったことは曲を作ってる時ですね。毎回とても大変なんですけどそれ以上に出来上がった時が最高なんですよ。

印象に残っているのはイベントでリスナーさんとお会いした時ですね。なんか言葉では表せないレベルで感動しました。

 

なるほど。リスナーと触れあう機会というのは貴重かもしれませんね。今後ボカロP以外でチャレンジしてみたいことはありますか?

 

猫アレルギー(猫田中P):山に登りたいですね

 

やはり自然がお好きなんですね! では、今後の予定・目標はありますか?

    Comments are closed, but trackbacks and pingbacks are open.