REVIVAL OF THE ERA インタビュー

REVIVAL OF THE ERA インタビュー

 No-name: ATOMという単語は”原子”を意味しています。”分割されない”という意味合いが強いですね。僕らは結成から脱退をしたことがありません。故に、REVIVAL OF THE ERAの最小単位は今のメンバーであり、僕ら原子は人を巻き込んで分子になり、これからの未来に一石を投じる。そんな意味があります。

 

活動から2年が経過しましたが、改めて所信表明を表したタイトルですね。また、前作『Auset』から約1年ぶりの作品となります。いつから作品・リリースの構想はあったのでしょうか?

 

 

Kazumin :リリースに関しては”ずっとその時を待っていた”状態でした。

 

と言いますと?

 

Kazumin : 2019年に入り、バンドが大きく飛躍しました。ライブの口コミやSNSの動画などからROTEに注目してもらえることが増え、AGOFESTやBETRAYING THE MARTYRS来日など注目イベントにも出演させてもらうことができました。音源ではなく、ライブが注目してもらえることはバンドにとって大きな武器になると思いました。その為、今ある楽曲で最大限伸び代を使いきるまではリリースをしないと決めていました。その限界値が見えたのが6月末頃でした。そこからこの作品制作を始めました。

 

満を時して、のリリースとなったのですね。ちなみに、エンジニアとして引き続きTetsu(Jester May Fail)さんを起用されたとお聞きしました。共同作業を進める中で、気づきや意識したことはありますか?

 

Ryusei: テツ君は普段から仲のいいお兄さん的な存在なのですが、その分色々な要望を言いやすかったり、僕らの音源の音やライブの音を知り尽くしてくれているので、仕事がしやすいです。前回も前々回も頼んでいたので、僕らの技術や曲のクオリティの進化を見せられればと思って作業していました。

 

No-name: 僕としては、以前にRECしてもらった時よりも更に進化した所を見せつけてやりたいという思いは少しありましたね。

面白いモノを提示してくれた時、僕が実行して作品を創り上げていく作業はとても楽しかったですし、ボーカルとしても少し上手くなった気がしました。

 

お互いに歩んでいける関係性、素晴らしいと思います。続いては、皆さん視点で本作の聴きどころ・拘りを皆さん視点で教えてください。

 

Suu: サビがキャッチーで明るさを感じられる曲調ですが従来の重さも感じられたり、ベースラインでは過去作品とは少し違うので様々な面で聴きごたえがあるかと思います。

 

Shichi-men: 僕個人からは、とにかくエクストリームなドラムサウンドを楽しんで頂きたいですね。「ザ・メロスピ!」と言いたくなるような譜面、実際に生命の削る思いでこの曲を叩いてます(笑)。

 

-BPM200超えのタイミングも沢山出てきますもんね。

 

Kazumin :この1枚で自分達が見据えるメジャー、現在身を置くアンダーグラウンドシーンの両極を表現できればと思いました。その為リードの「ATOM」は今まで以上にキャッチーに、カップリングの「Jason」はよりヘビーに振り切ったものとなっています。

 

「Jason」は「ATOM」と比較した際、終始エクストリームな印象を感じました。

 

Ryusei: 曲中の各セクションで僕の作ったパートとKazuminの作ったパートの織り混ざった曲になっています。僕のアグレッシブさとは対照的に、Kazuminの曲センスは色気や妖艶さだと思います。どのパートが僕でどのパートがKazuminの作ったパートか、聴いて当ててみてください.個人的には曲の入りのパートがJasonという曲名を1番よく表現していると思うので、そちらで世界観にのめり込んでじっくり聴いて欲しいです。

 

No-name: 13日の金曜日と言うことで、ただただ名を借りただけでは無いんです。歌詞を創る際、僕の中のドス黒いモノと、それに甘える自分を殺してくれるナニかをJasonに例えています。もちろん映画は見てますよ(笑)!

 

なるほど。そんな世界観をメインに構想しているKazuminさん・No-nameさんにお聞きしたいです。本作もそうなのですが、作詞作曲において、どのようなフローで進められることが多いですか?また、アイデアが湧くタイミングを教えてください。

 

Kazumin : 僕の場合、日常的に作曲脳になっているため脳内BGMが常に作曲をしています(笑)。頭の中で曲を全て完成させ、それをDAWに書き起こし肉付けしていきます。その為作曲スピードはかなり早いと思います。

 

天才的な進め方ですね……!

 

No-name: 僕は全曲の作詞をしていますが、個人的な趣味(?)で短編小説みたいなモノを20個ほどストックしてあって、曲が送られてきた時にそこから使って行くことが多いですね。何気なくふと見た始発からの朝日とか、人混みに塗れた時など、色んな場面で湧きます。

基本的に日本語が好きなので、様々な言い回しを使って書くのでメンバーからは「意味わからない(笑)。」と言われることは多いですが、曲を聴いた時に人によって色々な解釈が出来ると思うので、僕らの世界を堪能して頂きたいです。

 

わかりました。改めて、この1枚をどんな時にリスナーに聴いてもらいたいですか?

 

    Comments are closed, but trackbacks and pingbacks are open.