UNMASK aLIVE インタビュー

UNMASK aLIVE インタビュー

コウダイ : 恭平さんとはUNMASK aLIVEに改名する前から縁があって。GROWLYで前々作のレコ発企画を行ったときに終演後に「一緒にやろうよ」って言ってもらったのがキッカケでDAYRIGHT RECORDSに入りました。ただ僕たちは作品に対してのこだわりが物凄く強くて……レーベル内で1番恭平さんを困らせてる自覚があります。ツノッチいつもごめん!(笑)

 

関連 : (株)ケイピーエス 代表取締役 / 京都GROWLY オーナー 角田恭平(a.k.a こども社長) インタビュー
https://toppamedia.com/interview-kyoto-growly-tsunoda-kyoohey/

 

-(笑)。良い関係性に恵まれたのですね。改めて、本作を聴くリスナーに対して、皆さん視点では『Focus』はどのようなアルバムだと言えますか?

 

アケチ : 超名盤以外に言葉が出てこないです(笑)。まだ手に取って無い方は早く手に入れて聴いて欲しい。間違いない作品なので。

 

先日はホームである京都GROWLYにて、「Focus」のリリースパーティーが開催されました。同世代の戦友達が集まった本イベントですが、手応えは如何でしたか?

 

 

コウダイ : 自分たちのイベントならではの自由さを感じた良き1日でした。ただ本音言うと個人的には自分たち主催のイベントっていうのはまだ得意じゃないです。変な話全然別のジャンルのイベントの中にポツンと自分たちだけ放り込まれてるみたいな、そういうアウェイ度が高いときほど燃える部分はあります。でもこのツアー中、すでにバンドとして確実に急成長しているので次のツアーファイナルでは出演者もお客さんも全員ぐうの音も出ないくらい理解させるつもりです。

 

心強いです。話は変わりまして、皆さんは活動拠点が京都ですが、京都出身である事で、良かったと感じる点を教えてください。

 

コウダイ : ん〜、お寺とか神社とかは多いんで日本の心みたいなものに触れたいときはアクセスが近いんで便利ですかね……まあでも特別良かったなと思うことはあまりないですかね。

ただ京都で生まれて良かったというか福知山出身で良かったなとは思います。同じ京都なのに京都市内に出るだけでも2時間弱かかるんですよね。でもそういう環境下だから今の僕たちの精神的な強さが作られたというか。

 

そこはある意味修行とでも言うべきか。さて、活動が始まってから、早5年が経過しました。現在の手応えは如何ですか?

 

アケチ : 間違いなく今が1番良いです。海外バンドの来日ツアーに初出演出来たり、仲間のバンドの企画に呼ばれる事が多くなって沢山の人の前でライブが出来てる状況が続いてます。本当に皆のお陰です。

 

また、最近活動を行う中で、感銘を受けた出来事を教えてください。

 

アケチ :最近ハードコアイベントに出演したんですが、凄くお客さんや対バンからの反応が良くて嬉しかったです。ハードコアのお客さんやバンドマンは凄く他のジャンルには厳しいイメージがありましたし、僕が通ってきた音楽のルーツでもありますからその人達にも良いって言ってもらえて手応えを感じました。

 

近年はこういったジャンルの壁的なものは無くなりつつあるのかな、と思います。そして自分達が活動する音楽シーン・ジャンルに関して、最近思うことを教えてください。

    Comments are closed, but trackbacks and pingbacks are open.