へちま (イラストレーター) インタビュー

へちま (イラストレーター) インタビュー

へちま :ざっくりそれぞれ髪型や色、身長などの希望があったのでそれを踏まえつつかなり自由に考えさせてもらいました。小東ひとなちゃんがジト目がいいということだったので、ジトっとしていても可愛いらしさが前面に出るように気を付けたり。あとはそれぞれシルエットで特徴がぱっとわかる&揺れたときに動きが出て可愛い髪型というのを意識しました。だいたいバストアップで映ることが多いので制服もかわいい部分が上半身に凝縮されるようにというのは考えていました。

 

 

確かにVTuberはバストアップで映ることが多いですね。ちなみにですが、VTuberをデザインされる際とアニメの作品の作画を手掛ける際の意識の違いはありますか?

 

へちま : VTuberはどちらかというとディティールを盛って、パッと見たときの華やかさ、キャラクターのわかりやすさが大事だと思います。でもアニメは動くのと、色を決めるのは色彩設計さんの役割なので、線の気持ちよさに集中して描くことが多いです。あとは画面という枠が必ずあるので、その中での絵的なおさまりの良さなんかも重要な点です。

 

それぞれのフォーマットに合わせた作画を心がけているのですね。歌い手の鹿乃さんに関しては「春に落ちて」のMVを制作されております。こちらはシンフォニックなイラストレーションが唄と相まって胸がキューっとなるような作品でした。へちまさんの中で何かコンセプトはあったのですか?

 

 

へちま :歌詞の中では具体的な風景やシーンは描写されていなかったのですが、作曲のkeenoさんに「恋の歌だと解釈してもらって大丈夫です」といっていただいたのでそんな感じになっています。現実世界と心象風景の2軸で、女の子(ばんびちゃん)は最初は孤独で、「彼」と出会って心の中に光が差すのですが、彼が自分のコンプレックスに触れたことで拒絶してしまいます。でも最終的には思い直して心の中に受け入れる、みたいなお話を考えていました。

 

keenoさんとしっかり意思疎通をはかって制作されたのですね。次にこちらの見どころも教えてください。

 

へちま :ばんびちゃんのセーラー服です!

 

こちら注目ですね! さらに鹿乃さんのトリビュートカバーアルバム『いつかの約束を君に』のジャケットも手掛けられております。鹿乃さんの後ろ姿を描いたイラストに思わず「そうきたかー!」となりました(笑)。こちらのコンセプトもありましたら教えてください。

 

 

へちま :これは明確にオーダーがありまして、samfreeさんと訪れた神社で、後ろ手にダイヤモンドリリーと絵馬を持っているというものでした。

あえて顔を描かないというのは珍しいことかもしれないのですが、この作品にはすごく合っていたんじゃないかなと思います。

 

むしろこれしかしっくりこないかもしれないです(笑)。さて、再びVTuberの話に戻ります。今後コラボしてみたいVTuberはいますか?

 

へちま :そうですね。わたしがこう積極的に出て行ってコラボというよりかは“花寄女子寮”の子たちがほかのVの方と絡んでいったらどうなるのか見てみたいというのはあります。個人的にはしぐれうい先生やななかぐら先生などイラストレーターでVの活動をされている方の配信とかはかなり好んで見ています!

 

関連 : しぐれうい インタビュー
https://toppamedia.com/interview-2019-9-shigureui/

関連 : ななかぐら (神楽七奈(かぐらなな) インタビュー
https://toppamedia.com/interview-2019-11-nanakagura/

 

親心なるものを感じます。絵を描き始めるにあたり、影響を受けた方はいますか? へちまさんのイラストをいくつか拝見させていただきましたが、ヴィヴィットな色彩感とゆるふわなキャラクターがとても印象的です。

 

  

    Comments are closed, but trackbacks and pingbacks are open.