AliA インタビュー 第3弾

AliA インタビュー 第3弾

TKT : これは想像の部分が多いんですよ。例えば、イライラをお伝えたいというよりは、聴き手にはどうとでも取れるように作詞して。人それぞれ想像してもらえれば、と思っています。

 

反面、「ムツノハナ」の歌詞は根底に暖かさを感じます。誰しもが若い頃に経験したような懐かしさや甘酸っぱさも感じられるような。

 

TKT : 最初にERENからイメージをもらったんですよ。

 

EREN : 歌詞を書いてもらうに当たって、こういうい曲にしたいとか細かく伝えて。結果、TKTなりに良い言葉に表してくれたんですよ。僕の考えていた感情を表現してもらいました。

 

TKT : 完全にEREN体、だったね。

 

 

向いている方向が一緒だからこそ、アウトプットにも齟齬が無いのかもしれませんね。ちなみに昨年のクリスマスから、と急ピッチで制作が進められたかと思います。制作時の裏話があれば、教えてください。

 

EREN : 皆録りのスピードがめちゃくちゃ早くなっていて。「happy birthday」のイントロのSEIYAのスラップもほぼ一発録りだったんですよね。

 

SEIYA : ハッピーメリークリスマスって感じ(笑)。

 

EREN : あと、今回導入したストリングス編成はRINAを中心にレコーディングメンバーを集めてもらって。

 

RINA : これまでがっつりやれてなかった事だったので、今回やっと叶って嬉しかったですね。曲によっては、ストリングスの方が壮大な感じが出るので。

 

EREN : RINAが1stバイオリンだったし。

 

RINA : いつもより、少しパワーアップしたような感じでした(笑)。

 

EREN : あと、今までとは圧倒的に違うことがあって!BOBのドラムがパワーアップしてるんですよ。今回はLANDMARKS STUDIOという広めのスタジオでRECして。MIXしてもらうにあたり、ドラムのエアーの音を出して欲しいという話をしていて。

 

実際、生感のあるドラムパートを多く感じました。

 

EREN : ただ、現代音楽において、それを求めるには良い音を出さないと編集が効き辛いんですよ。なので、シンプルにBOBがドラムを叩いて、BOBが聴いてかっこいいと思ったものが全てで。

でも、BOBは良いテイクを決めてくれて。今回、そこがこれまでとの大きな違いでしたね。楽曲内容とか嗜好とかあると思うんですけど、誰が聴いてもシンプルにかっこいい音で録れましたね。

 

BOB : 今回、自分のスネアと後輩の渡邊洋平(QoN/Dr)から借りたスネア2台を持ち込んだんです。洋平のスネアはアルミ製の物凄く重いスネアで。それもレコーディングに良い影響を与えたのかもしれません。

 

 

皆さんの成長が見えるようで、何よりです。続きまして、「eye」のMVでは映像監督の多田卓也氏とタッグを組んでの撮影となりました。色数的にはシンプルながらも、多彩なライティングで皆さんのダイナミズムが伝わってくる内容に感じました。撮影にあたり、多田さんとの間で共有したことはありますか?

 

 

AYAME : 一番話したのはあそこじゃない?感想のオルゴールの部分。でも、今回イメージを伝えるのが難しくて。

 

EREN : どちらかというと、シンプルに「僕達はこの曲をこういう風に思っています!」という話を多田さんとして、「ああ、わかりました!僕なりに表現させてください。」といった感じで進めてもらって。

 

AYAME : 多田さんが描く「eye」のイメージを見たいというか。お任せする部分が多かったですね。

 

EREN : あの映像は多田さんからのアンサーですね。全員が主役に映るように描いてくれました。

 

目まぐるしいスイッチングが気になりました。かつ、皆さんのハイライトがきっちり映り込んでいて。

 

EREN : 普通のバンドだとボーカルしか映っていないとかあると思うんですよ。今回、全員が音楽している所をフォーカスしてもらいました。

 

また、「ムツノハナ」のMVも公開されました。収録するにあたり、意識した事はありますか?

 

 

AYAME : 雪の中で、精神と時の部屋にいた感じでしたね。個人的に、初めていつも通りのパフォーマンスをしない収録で。要は演奏シーンがほとんどなくて、

言ったら演技なのかな?リップシンクのパートが多くて。かつ座りながらの撮影で、普段立って歌う事が自然なので、「何したら良いんだろうな?」と最初思ったんです。

そこからどうしょうかなと思った時に、耳で聴いてもらえるように、口に意識をしたんですよ。自分が映像に写った時の感覚を想像してもらったというか、監督にお任せして。

今まではパフォーマンスでこうしようとした分、今は演じたというか。新しい感覚ではありましたね。

 

RINA : この映像、北海道で収録していて。合間にずっと雪合戦してました(笑)。

 

BOB : そう、ついこないだ収録して。マイナス七度くらいの極寒で。大変でしたけど、楽しかったです(笑)。

 

一同 : (笑)。

 

改めて、3曲それぞれが個性を持ったハイブリッドな1枚「eye」ですが、皆さん視点では本作はどのような一枚だと思われますか?

 

RINA : 攻めてる一枚、ですね。一人一人が一番強く出ていこうとしている感じは伝わるのかな、と。それぞれ見せ場があるし。

 

 

BOB : ツアーを二度終えて、アルバムを出して。この経験が無かったら出せなかった一枚だと思っています。「eye」のMVもそうですけど、今までのMVとはまた違った攻めた出来上がりになっていて

 

EREN : やりたいことをやろう……これがやりたい……大事なことですよね。過去の自分達を突破した、ステップアップの一枚だと思います。

 

やりたい事を打ち出した、攻めの一枚となったんですね。
さて、今年の7月には活動開始から2年になります。猛スピードで駆け抜けてきた今の心境は如何ですか?チームAliAの絆も深まり、ファンはもちろんのこと、関わるスタッフ・クリエイターも増えてきたかと思います。

    Comments are closed, but trackbacks and pingbacks are open.