伊東ライフ インタビュー

伊東ライフ インタビュー

伊東ライフ:自分はよくツイッターで蒲田(東京都大田区)住まいって事を言ってるんですが、オタク大田区議のおぎのさんがそれを以前から知って頂いてたみたいでですね。区議VとなってYouTubeで喋りたいタイミングを前から探っていたらしくて、じゃあ絵の発注は大田区から大田区民へ。と言うことであたくしを選んで頂きました。なんちゅう人選だよ。エロ作家だぞ。打ち合わせも蒲田の喫茶店でやりました。ご当地感ばりばりです。

キャラは銀髪猫耳巫女です。銀髪猫耳巫女の中に区議のおじさんをぶちこみます。

 

-また、ご自身の性癖として、豊満だったり地味な見た目がお好きとのことですが、何かこのキャラクターがきっかけだ!というルーツはありますか?

 

伊東ライフ:絵の描きはじめた後、アニメのファンアートやら同人誌をやり始めた辺りにらき☆すたが放映しておりまして。そこでみゆきさんと出会って骨の髄まで好きになってですね。優しい声のピンク髪巨乳は一生ガードできないって言う枷を背負って生きることになりました。

あとキレイな女性が可愛い声出して抱かれるどノーマルなAVより、隣に住んでそうな普通のお姉さんが生っぽくやられる素人AVの方が好きなので……地味な子好きなのはそこがルーツといえばルーツなのかもしれねえです。

 

-バーチャルモデル以外にもフィギュアのキャラクターデザインを行われていますよね。伊東ライフさんの好きなピンク髪+豊満なボディの『チアお姉ちゃん』、こちらは2018年にデザインイラストを公開されていましたが、その後の進展を教えてください。

 

 

 

伊東ライフ:コミケで突然「えっちなフィギュア作るんでイラスト描きませんか?」って誘われて二つ返事でやるぅ!って返事しました。相変わらず何も考えてない。

ありがたいことに私の性癖を知って頂いてたらしく、企画の打ち合わせ一発目から「チアの女の子で行きましょうや!」とネイティブさん側から言われまして。ノータイムでよっしゃそれで行こう!ですよ。(ちなみに別案でえろえろナース案もありましたよ)

その後も打ち合わせとか原型の監修とか何度か会社に伺わせて頂いて要望伝えたり写真撮ったり、とにかく楽しい仕事ですわ。先日ももうちょっと乳輪広げて欲しいとか要望伝えて来ました。最高か。

フィギュアは絵ができてから実際に生産されるまで、めーちゃめちゃ時間がかかるらしくて、今年中にやっと販売できるらしいです!春あたりに何かしらの発表あると思うんでもうちょっとお待ち下さい。

 

-好きなVTuberや、注目しているVTuberはいますか?

 

伊東ライフ:にじさんじの鈴原るるちゃん!超魔界村とダークソウルシリーズの難関ボスを何時間も諦めずに戦って突破する姿に惚れました。みんな見ろ。

 

 

-伊東ライフさんがこれまで活動されてきた中で一番嬉しかった事は何でしょうか。

 

伊東ライフ:やっぱエゴサとかで「しんどいから伊東ライフの同人誌でしこって寝る」とか引っかかる時ですかね……ああ~、僕の本は僕の手元から離れて疲れたおじさんを癒やしてんだな……って。自分の使命を果たしている気分になれます。

 

-グッときました。逆に、一番苦労した事は何でしょうか?

 

伊東ライフ:苦労は……なんぞもう幸運にまみれて生きているので苦労らしい事はイッコも無いんですけど、イッコ前の質問の通り自分のエロの理想像にバ美って自分で入ってしまった為に、伊東ライフが伊東ライフでシコるとか言う矛盾を抱えているのが現在進行系でしんどいですね……。

 

-めちゃくちゃ面白いです(笑)、ありがとうございます。では、伊東ライフさんの今後の活動予定を教えてください。

    Comments are closed, but trackbacks and pingbacks are open.