MOSHIMO & マツ(Phantom Excaliver)対談インタビュー

MOSHIMO & マツ(Phantom Excaliver)対談インタビュー

一瀬貴之 : 結構雑食に聴いてて。中学の時はアジカンやバンプとか、洋楽だとOASISとかWEEZER、GREEN DAYとか聴いてて。だからギターが好きだから音楽始めたと言うよりは、音楽が好きだったからギターを始めた感じで。ジャンルがどうとか、といった感じでもなくて。

 

 

マツ : いつからギターを弾き始めたんですか?

 

一瀬貴之 : 高一からかな?ゆずとか19とかフォーク系を聴いてて、アコースティックギターから始めたんだよ。曲作り始めたのも高一からで。

 

マツ : え?!マジですか!カッコいい!

 

一瀬貴之 : コピーするのが難しくて。自分が作った曲だったら、自分で色々決められるから。

 

岩淵紗貴 : 私はスピッツかな。あと、T.M.Revolutionが好きで。

 

マツ : こないだ見ましたよ(笑)、NUMBER SHOTで脱いでるところ(笑)。ひひひ(笑)。

 

岩淵紗貴 : いやいや、そういうことではなくて(笑)。本当の好みで言うと、つるっとした音が好きで。アンプで出すけど、デジタルっぽい音が好きで。

 

いっちー : 艶があるギター、空間系とかキラキラ系じゃないかな。

 

マツ : ぽちさんも高一の時からですか?

 

岩淵紗貴 : その時YUI流行っとって。今は自分の気持ちをパッと言えるけど、昔は死ぬほどコミュニケーション苦手で。会話しきらんかったけん、音楽がはけ口になって。授業はあれだったけど。

 

マツ : 僕も音楽の授業苦手でしたね〜高校軽音部だったんですけど、理論が覚えられなくて。

 

岩淵紗貴 : 軽音部あったん?

 

マツ : そうなんです。

 

一瀬貴之 : Kacchangともそこで?

 

マツ : いや、大学1年の時からですね。外バンやりたいねって話をしていて、最初ツインギターだったんですよ。一緒にギター弾いてるとアイツだけ4小節くらい先に行っちゃっうくらいリズムがめちゃくちゃで(笑)。同時期にアイツがホルモンのコピバンやってて、「歌えんじゃん!」ってなり。そこから、修羅の道を進むことになりました……(笑)。だから、僕はギターから音楽ですね。

 

一瀬貴之 : ギターが最初なんだ。バフォメッツでも「野球下手だけどギター上手い!」って言われてるもんね(笑)。

 

マツ : いやぁ〜止めてくださいよ(笑)!まぁ、そうでなきゃいけないんですけどね(笑)。

 

岩淵紗貴 : 速弾き良くない?

 

マツ : でも、MOSHIMOの機材は完全にメタルじゃないですか。

 

岩淵紗貴 : メタルは音が良いけんね。ちゃんとアンプで出しとうけん。

 

マツ : DIESELとHUGHES&KETTNER、ツインペダルですもんね。フェスだとラインじゃなくてアンプで出してるんですか?

 

一瀬貴之 : シーケンスに頼らず、極力アンプで良い音出せたら良い感じはあるよね。

 

マツ : バフォメッツナイトの時もめっちゃ音良かったですもんね。チームMOSHIMO感ありましたもん。

 

岩淵紗貴 : アンプで音出す時、エフェクターかましたら弱くならん?「ザッコ!」みたいな。

 

マツ : そこでいくと、いっちーさんは足元が要塞系じゃないですか。城下町みたいな感じになってて。

 

一瀬貴之 : 実際はほとんど使ってないんだけどね。飛び道具的な感じで。

 

岩淵紗貴 : あと私が話す時があるから、いっちーがパワー出すように踏み換えなきゃいけない時があるけん。

 

一瀬貴之 : ギター放り出して、マイクパフォーマンスでお客さんの方に向かう時があるからね。

 

マツ : 良い意味でもギター弾いてて音圧変わらないですもんね。リキッドのワンマンの時もそう思いました。

 

一瀬貴之 : マツ結構うちらのワンマン見てるもんね。

 

マツ : 結構見てますね……節目は大体見てますね。そういえばリキッドの後、最初の発表曲が「誓いのキス、タバコの匂い」じゃないですか。いっちーさんと車の中で色々話している時、何でこの曲なのかな?と思ったんですよ。

 

一瀬貴之 : 3月に出すことは決まってて。その時バラードも出したいし、MOSHIMOのライブに来る人達の中には根本がネガティブだったり、恋愛で悩んでる人達がいたりして。そんな気持ちを吹き飛ばしてもらいたくて。

 

マツ : 恋愛……悩んでます(笑)!

 

岩淵紗貴 : ガチな話をすると、丁度メンバーが抜けて。同じ事をやると、「MOSHIMOって何者?」って軸がブレるのも分かっとったけど、ボーカルとしてアップテンポやバラード、色んな曲を歌える人になりたいと思ってさ。女ボーカルとして表情豊かでいたいやん!?面白おかしいこと以外の事もワンマンを通して、どこまで出していけるか……CHEESE CAKE時代からのバラード「寝グセ」はそういう役目を果たしとったんよ。ただ、いつまでもその役目を「寝グセ」に任せっぱなしだと、コアな人が来てくれた時、毎回同じだと面白くないやん?やけんこそ、バラードを新しく出して、新しいセトリを出せるようにリリースを切ってん。

 

 

マツ : 前作から1年前ですもんね。

 

岩淵紗貴 : 果たしてバラードで正解やったかはわからんけど……ライブの幅広げたくて、今までにないテイストを出したのはあるわ。

 

マツ : 僕がMOSHIMOを初めて知ったのがバフォメッツに参加してからで。その時からMOSHIMOってどんどん規模が大きくなっていって、曲名にパワーワードが多かったように思うんですよ。ライブで言いやすいと言うか、お客さんの事を考えた感じはしていて。でも、今回の曲を聴かせてもらって、曲ありきと言うか、曲自身のパワーで勝負しようとしている感がしたんですよ。

 

 

一瀬貴之 : 今までは確かにそうで、今回は純粋に良い曲を書きたかった所はあるね。「もっと」は今のバンドの状況を書いたものだし。

 

岩淵紗貴 : MCとかルックスてある意味劇物であってさ。音楽って本来目を閉じて耳で聴いてもらって楽しんでもらうもので。そこから想像の世界が広がってくるやん。この劇物が無くなって、音楽だけで残っていかなきゃいけないなって思った。

 

岩淵紗貴 : 今の時代SNSもあるやん。でも、ずっと応援してくれとう人の中で、離れちゃった人もおるかもしれん。そうなった時に、ちゃんと音楽で信頼関係を築いて上がっていきたい気持ちがあったから……その結果が『噛む』ってアルバムになって。

 

マツ : 「TOKYO」めっちゃグルーヴィーだし、熱帯夜とかめっちゃヘヴィネスじゃないですか。僕の中でシンパシーを感じたんですよ。

 

一瀬貴之 : 「猫かぶる」とか、元々メタルとかハードロックっぽいエッセンスは昔から入ってて。ギターやってて楽しいし、ライブで盛り上がるから楽しいよね。

 

 

マツ : 僕以外と一番好きだったのが「バンドマン」でした(笑)。

 

岩淵紗貴 : え、マジ(笑)?

 

マツ : サビの転調の明るい感じが好きでしたね。これは今までの流れを汲んでますよね?

 

一瀬貴之 : そうそう。ちょっとコメディータッチで。

 

マツ : バンドマンって観点がアリそうで無かったな〜と。作詞的な所はどうなんですか?

 

岩淵紗貴 : いや、だってバンドマンってそうじゃない?

 

マツ : いや、そうですけど……やっぱりギターが好きなんですか?

 

岩淵紗貴 : ギタリスト好きだよ!

 

マツ : 僕ギタリストですけど!

 

岩淵紗貴 : マツは……ごめん(笑)!

 

マツ : クッソ(笑)!

 

岩淵紗貴 : 早弾きは良いんだけどね〜ちょっとした早弾きのタッチでニュアンス変わってくるやん?

 

マツ : 僕はただパンチ出してるだけなんで。

 

一瀬貴之 : こないだのバフォメッツナイトでの「命短し恋せよ乙女」のメタルver.良かったよ。

 

岩淵紗貴 : あれ、嬉しかった!

 

マツ : いつもいっちーさんに車乗っけてもらってるんで、感謝の気持ちを込めて(笑)!メタルMOSHIMOやらせてもらいました!

話戻ると、「命短し恋せよ乙女」とか「釣った魚にエサやれ」はメタルに通じてるんですよ。だから僕はMOSHIMO好きなんですよ。リフがMETALLICAなんですよ!

 

 

岩淵紗貴 : ライブしてると不思議なもんでさ〜、シンプルやけどかっこいいサウンドに乗せた曲が一番感情ノリやすい!「バンドマン」もそうやし。

 

マツ : あと、歌入れで聞きたい事があって!歌詞詰め込むじゃないですか!歌入れにはこだわりがあるんですか?二人でやってるんですか?

 

岩淵紗貴 : 歌入れは全部自分で言葉選んどる。

 

一瀬貴之 : 外部のスタッフさんとやりとりした事もあったんだけど、ニュアンスが中々合わなくて。

 

岩淵紗貴 :「音源とライブ全然違いますね。」ってよく言われる。それがコンプレックスだった時代もあって。

 

マツ : 「キャピってるな。」と感じる時もあって……違いますかね?

 

岩淵紗貴 : いやいや、そうなんよ。この1年で音源とライブのギャップを感じて、ライブを好きになってくれた人がめっちゃおって。そこで、音源とライブが一致してない事に「何をやっとんだ!」ってなったんよ。だから、ちょっとピッチが甘くてもニュアンス重視にして。あと言葉がめっちゃ詰まっとるけん、息が本当に続かん時あるよ(笑)。

 

 

マツ : 「TOKYO」とかヤバそうですね。

 

岩淵紗貴 : 意識してるのは、母音をスピード感ある感じで言うこと。あーじゃなくて、あっていう。何を伝えたいかがはっきりしてくるけん。

 

マツ : ライブで照明もパパっと合いますし。凄いなと思います。

 

岩淵紗貴 : めっちゃ間違っとう時あるよ(笑)。前は変なエゴがあって、綺麗に歌おうとか、正解を作ろうと思いよったんやけど……自分が好きな音源とかそうじゃなくて。その時のありのままが詰め込んであって。それが『噛む』で。

 

一瀬貴之 : ほとんど修正してないし。

 

マツ : 良い意味で結構ラフだなと思いました。

 

岩淵紗貴 : 5-6テイク録って、ピッチがズレとったりしても合わせれば全部綺麗に聴こえるけん。エンジニアさんと一緒にセレクトして、良いものを選んどるよ。

 

マツ : 「バンドマン」とかそうでしたもんね。「ドラム!」みたいな(笑)。ところで、野球の曲作らないんですか?

    Comments are closed, but trackbacks and pingbacks are open.