古塔つみ インタビュー

古塔つみ インタビュー

古塔つみ : パーツと言うか表情です。仕草もそうです。

 

 

-古塔さん、近年、Bentham『DO NOT DISTURB』や藤川千愛『愛はヘッドフォンから』などのアートワークなども担当されていますよね。そういったお仕事はどういった流れでお受けする事が多いですか?

 


©MARGUERITE MUSIC Inc.

 

古塔つみ : イラストありきでオファーを頂きました。Twitter、Instagramで流れているイラスト見て気に入っていただいての依頼が多いです。Benthamさんは音楽ユニットYOASOBIさんのキービジュアルイラストを見て、藤川さんは吉祥寺・オルレアカメラさんの個展に来ていただいてのオファーでした。

 

-また、Bentham・藤川千愛のアートワークを手がける上で意識した事や裏話を教えてください。

 

古塔つみ : Benthamさんの小関さん(小関竜矢/Bentham Vo&Gt)とはタイミングよくお会いすることができました。普段依頼主とはお会いすることがないので、とても新鮮でした。最初、線画中心の漫画っぽくいこうと打ち合わせしましたが、モデルになったくれたこだまさんを描こうとしたときどうしても漫画絵では無理だなと思い急遽、私の我儘であのようなイラストになりました。

藤川千愛さんのイラストはいかに可愛らしさのなかにカッコよさを入れるかに注力しました。

 

-これまでで、一番思い出深かった仕事について、聞いてみたいです。

 

古塔つみ : 松竹の『騙し絵の牙』の劇中に登場するイラストを描いたことです。あっ、脇役です。まだ公開されていませんが、ちらっとでもスクリーンに映ることに嬉々しました。

担当の吉田さんも上手に私を転がしてくれて、スムーズにすべてが進んだことが思い出に残っています。池田エライザさんがイラスト褒めてたよーって聞いたときにはオッフってなりました。

 

-お仕事でイラストを描く時に気をつけてる事、こだわりなどありますでしょうか?

 

古塔つみ : これでいいやって思っているうちは絶対納品しないことは当たり前ですが、最高傑作!と思っても描き終えた瞬間にデータを送らないことです。深夜に描いたラブレターが翌日こっ恥ずかしいのと同じで……1日空けます。

 

– お仕事関連でもう一つ。お仕事だと締め切りがありますが、締め切りのどれくらい前から取り掛かる事が多いでしょうか?

 

古塔つみ : 描くのは速いので、描くものが決まれば9割完成かなと思ってますので、結構ギリギリに描き始めます。

 

-イラストって、仕事にするには大変な事もありますよね。実はこんな苦労をした!なんてエピソードがあればお願いします。

 

    Comments are closed, but trackbacks and pingbacks are open.