今酒ハクノ インタビュー

今酒ハクノ インタビュー

今酒ハクノ : 腐れ縁の友達だと思ってます。

ストゼロより美味い酒はこの世にいくらでもあるんですよ。でも、美味しい料理とか食べた時には「そういえば、アイツと合わせて飲んだらきっとキマるだろうな。」と頭に思い浮かぶ。

素行がロクでもないけど、いると楽しい仲間ですね。

 

 

-親友(ダチ)なんですね。続いては、動画撮影に関して意識していることを教えてください。飲酒関連の動画に関しては、ストロングゼロ他、コカレロやアブサンなどアルコール度数の高いお酒も取り扱われてきたかと思います。どういった事を視聴者に届けたいですか?

 

 

今酒ハクノ : 私は自分を酒芸人だと思ってますし、動画にメッセージは込めてません。ストロングゼロとスピリタスで動画の重さに差があると思ったこともないです。笑ってもらえて、あとついでに「これ飲みたいな」って思ってもらえれば充分です。

逆に言えば、笑ってもらうためにどれだけパンチラインを吐けるかというのは意識していますね。あとどれだけ声張れるか。声はデカい方が面白いので。

 

-また、編集に関して意識していることを教えてください。テンポが良く、ユーザー側視点からするとお酒の内容がわかりやすく伝わっているように思います。どのようなツールを使われていますか?

 

今酒ハクノ : 何万もするようなソフトは全然使ってないですね。間をカットしたり字幕や効果音で笑わせたり、カネ稼いでるリアルYouTuberさんが呼吸のように行ってることをそのままやってるだけです。

現代は娯楽が多様化していて、5秒再生して面白くない動画は閉じられてしまうので、短い時間でどれだけ面白い情報を詰め込めるかを常に意識しています。

ただ笑えるだけだとすぐ飽きられるので、内容もしっかり詰まってるな、と思ってもらえるように努力はしています。

 

-これまで数々のお酒を呑まれてきたかと思います。一番思い出深いお酒は何になりますか?これからチャレンジしたいお酒も教えてください。

 

今酒ハクノ : 思い出深い酒は、結局ストロングゼロです。あと大五郎。彼らがいなければ、私は一生その名を知られることは無かったと思います。

チャレンジしたい酒は、特にこれというものは無いです。変わった酒が目に入ったら何でも一回は試してみたくなります。高くなければ。

 

-また、おつまみ・食レポ動画も度々挙げられています。今酒さんの中のチョイス基準はどのようなものなのでしょうか?

 

 

今酒ハクノ : 結構舌は雑なので、しょっぱくてタンパク質か脂質でできてるヤツなら何でもいいです。「Aという酒のつまみに合うのは何ですか?」とかよく質問もらうんですけど、私に言わせるとストゼロは何のつまみにも合うし、から揚げは大体の酒と合わせてうまいんですよね。いつもどう答えたものか悩んでます。

 

-わかりました。話は変わりますが、映画レビュー・実況動画も印象的です。ダークなテーマの映画動画が多く見られますが、今酒さんの映画のルーツを教えてください。

 

 

今酒ハクノ : ママがディズニー好きだったので、小さい頃からディズニー映画をよく見ていました。ジブリもそこそこ見ましたかね。奴ら、子どもの友達みたいなツラしてますけど、大きくなってから見ると結構ダークな側面が目に入って来たりするじゃないですか。ですから、英才教育されたみたいな所は正直ありますね。あとミュージカルは自動的に興奮する体になりました。

ホラー映画に関しては、役者時代に役作りの参考にしたくてガサッとまとめて見たのが始まりですね。もっとメイクマネーして時間が作れるようになったら、沢山映画を見たいです。

 

-別軸の動画ですと、「天鳳」のプレイ動画や雀荘メンバーだった頃の話動画など、“打つ”面もよく見られます。麻雀を行う上で意識している事や、好きな役は何ですか?

 

 

今酒ハクノ : 好きな役は七対子です。一枚切れの字牌で待ってオリてるつもりの相手から打ち取るのが一番好きです。本当に人格が歪んでいると思います。

実際麻雀はヘタクソなので意識するも何も無いんですが、オリる時はオリてチャンスが来るまで待つというのは大切にしています。麻雀は人柄が出ると言いますけど、本当に私が雀風通りの慎重派ならVTuberなんかやってないですよね……。

 

-(笑)。普段の活動について触れますと、週2ペースで生放送を行われていらっしゃいますね。生放送・ライバー活動を行う上で意識していることはありますか?編集動画の時とはまた違った対応が必要になるかと思われますが。

 

今酒ハクノ : 生放送は難しいです。動画は編集すれば喋り下手が誤魔化せますが、生はトーク力が直で出ますからね。

まず、無言時間をなるべく作らないようにというのは意識しています。言うこと無いなと思っても何とか口を動かして、何か次の言葉が出て来るまで誤魔化しています。

あと、コメントをなるべく沢山拾うのはとても大事だと思いますが、同時にこの世のすべてを拾おうとしないというのも大事かなと思います。0.5秒考えて返す言葉が浮かばなかったら見なかったことにしてます。

 

 

-参考になります。木風公子さんとのラップ動画、ご自身の生き様を見せたリリックで思わずアガっちゃいました。こちらのコラボはどのような経緯で決定したのでしょうか。

 

    Comments are closed, but trackbacks and pingbacks are open.