大石竜輔 インタビュー

大石竜輔 インタビュー

大石竜輔(読み方 : おおいし りゅうすけ)
YouTube : https://www.youtube.com/channel/UCgsNVrXeQx1OSUMR07bZBXw
Twitter : https://twitter.com/ryu1300ryu
Instagram : https://www.instagram.com/tambourine_of_gachi/

2020年現在、ますます動画投稿者の数を増やし続けているYouTube。数々のジャンルの動画がアップされる中、「演奏してみた」動画は今も昔も鉄板のジャンルだ。

今回取り上げる大石竜輔もまた、近年のYouTubeの興隆と共に、大きくその名を上げた人物の一人だろう。自身の事を“もう後戻りできないタンバリン奏者”“ガチタンバリン奏者”と称し、数々の楽曲をタンバリンで演奏してみた動画をアップロードしており、彼のプレイからはタンバリンへの無限の可能性を感じられる。

今回TOPPA!!編集部は大石氏に対してメールインタビューを実施。謎に包まれた彼自身の生い立ち、YouTube活動を始めたきっかけ、ガチタンバリニスト目線のプレイに関するあれこれを語ってもらった。

文 / 大石竜輔 編集 / 宮久保仁貴( https://twitter.com/hermanhalkemen )


 

-まずは、TOPPA!!初登場ですので大石様の自己紹介をお願いします。

 

大石竜輔 : ガチタンバリン奏者大石竜輔こと、アラブタンバリン奏者の大石竜輔です。よろしくお願いします。

 

-ガチタンバリン奏者……改めて文字にしてみると唯一無二感をひしひしと感じます……!さて、大石様の生い立ちを教えてください。幼少期はどのように過ごされたのでしょうか?また、音楽との初めての出会いについて教えていただけますでしょうか?

 

大石竜輔 : 静岡県の田舎出身で、田んぼに囲まれて育ちました。もともと幼稚園の頃からエレクトーンを習っていたのですが全く向いておらず上達しませんでした。小学校3年か4年の頃に兄、姉の影響でドラムセットを習い始めたところ楽しくて、そこから打楽器を演奏するようになりました。

 

-幼少期から楽器活動を行われていたのですね。その後の学生時代はどのように過ごされましたか?過去、ドラマーとして活動されている大石様のお写真をTwitterで拝見致しました。

 

 

大石竜輔 : 高校の頃は吹奏楽部に所属しており、パーカッションを担当していました。ポップスではドラムセットを演奏することもありましたね。朝学校に着いたら部室に行き朝練し、授業を受けて昼休みには部室に行き、授業が終わったら部活、部活が終わった後にも部室で練習と、とにかく高校3年間は部活中心でした。練習とはいえかなり遊んでいましたが(笑)。文化祭でバンドもやりましたね。

 

-ここで少し脱線しますが、今の大石様の風貌からは只者ならぬ……言い換えるならば達人オーラを感じます。いつからこの衣装・ヘアスタイルを取られるようになったのでしょうか。

 

大石竜輔 : 2、3年前でしょうか。もともとそれに至るまでに何度か金髪にしていたのですが、数年前に人に覚えられるようになろうと思い、金髪にして髪を伸ばすことを決意し、もっと覚えられるようにと髭まで長く伸ばし始め今に至ります。

 

-Twitterでも仰られていましたよね。実際、ほとんどの方にとって大石様の存在は一度見れば忘れられないものに違いないと思います。合わせて、今年で大石様は何歳になりますか?

 

大石竜輔 : 33歳です。

 

-ありがとうございます。話を戻しまして、改めて大石様自身の音楽のルーツや、最近気になっている音楽ジャンルやアーティストを教えて頂けますでしょうか。

 

大石竜輔 : 聴いてきたものはJ-POPばかりですね。基本的に自身で聴くのはポップスやバラードばっかりなんです。聴き方としてはつまみ食いみたいな感じになってしまうので、どのジャンルが、となると難しいのですが、ゲームボーイやファミコンの音楽だったり、エジプトやトルコ、イスラエルなんかのスーパープレイヤーの演奏を観たり聴いたりしてます。

 

 

-実際YouTube上の演奏動画でもゲーム音楽動画が多いように思います。その後、プロのタンバリン奏者を目指すようになったきっかけを教えてください。

 

大石竜輔 : もともと腰を痛めてタンバリンを演奏するようになったのですが、タンバリンを演奏するようになってから人との出会いに恵まれ、ベリーダンスの伴奏や打楽器イベント、その他様々なジャンルのサポート等頂くようになり、楽器もやればやるほどどんどん楽しくなり、楽器をタンバリンに絞ることを決めました。

 

-その結果、今こうしてガチタンバリン奏者として、着実と知名度を上げられていらっしゃいますね。今年でタンバリン歴は何年になりますか?

 

大石竜輔 : 8年くらいだと思います。

 

-わかりました。さて、「もう後戻りできないタンバリン奏者~」と称し、近年YouTubeにて精力的に動画をアップロードされています。YouTube活動を始めようと思ったきっかけを教えてください。また、「もう後戻りできない~」と自称される理由を教えてください。

 

    Comments are closed, but trackbacks and pingbacks are open.