najuco インタビュー

najuco インタビュー

najuco :最初の何を描くかの時点において、日ごろからインプットを意識していますね。思いついたらメモをしていざ描く時に材料として役立てられるようにしています。あと、描いている最中は線画を一番大事にしています。そして、着彩のときは直観を大事にして気持ち良いような配色になるように心がけています。

 

-ちなみに、どのような物事から着想を得たりするのでしょうか?背景しかり、描かれる女性のファッションセンスに飛び抜けたセンスを感じます。

 

najuco : いろんな媒体から発想を得ています。SNSを見る時、テレビを見る時、映画を見る時、街を歩いている時の「あ!これ可愛い!」とか「綺麗だな。」って思ったものは忘れないようにしています。雑誌を見ることも好きで、本屋でよくジャケ買いみたいなことをしています。また、音楽からも大いにインスピレーションに受けていると思います。

 

-ある意味、日々のnajucoさんの生活がそのまま落とし込まれていると言っても過言では無いかと思います。普段使用している機材を教えてください。欠かせないものはありますか?

 

najuco : 液晶ペンタブレットはWacomさんcintiq13HDを使用させていただいております。アプリケーションはメインでSAI、サブでCLIP STUDIO PAINT、仕上げはPhotoshop、Illustratorを使用させていただいております。全て欠かせないのですが、特にメインで使用しているSAIは使用感が心地よすぎてこれでないと描けないと思っています。

 

-SAI、数あるイラスト系アプリの中でも線描写の滑らかさは定評がありますよね。話は脱線しまして、普段の生活サイクルを教えてください。

 

najuco : 起きたら気分をあげるためにモーニングルーティン的な感じでシャワーを浴びたりして。身だしなみを整える、というかスッキリした気持ちで仕事や絵を描けるような状態にしています。起きている時は常に絵を描いていたいんですが、休憩がてらご飯を食べたりストレッチをしたりお笑い番組を見ています。夜は時間が合えば友達とゲームをします。結果、生活リズムは結構ごちゃごちゃになってしまっています(笑)。

 

-創作活動を行う上で、欠かせない物事や嗜好品はありますか?

 

najuco : 作業中など2L以上水を飲むので水は絶対に欠かせないです。絵を描きながら何かを食べるのは好きではないので嗜好品は特にないです。

 

-改めて、自身の絵を一言で表すと、どのようなものだとお考えですか?

 

najuco : 『かわいい』だと思います(笑)!

 

-最近はVTuber・バーチャルシンガー波羅ノ鬼さんの歌ってみた動画(サカナクション「新宝島」)のイラストも描かれました。こちらはどのような経緯で制作が決まったのでしょうか?

 

    Comments are closed, but trackbacks and pingbacks are open.