ガッチマンV インタビュー

ガッチマンV インタビュー

ガッチマンV : 僕、2014~2015年くらいの頃は、プロゲーム実況者みたいなことを一時期やってたんですよ。これは生活のためだったんですけど。当時は事務所みたいなところに所属してまして、テレビにも何回か出たことあったり、CMに出たり、ゲームショーとかニコニコ超会議とか、メーカーさんの公式番組とかに出て、MCやプレイヤーだったりをやってて。その時にいろいろ活動してたんですけど、実は僕自身はすごく顔出しするのが嫌なタイプで、ある程度資金が溜まって生活を何とかできるようになったあたりで、パッと止めちゃって、YouTubeに移行してきたんですね。それからはやらなくてもよくなったので、一切手を付けてないんですよ。

それで、ここ最近になってまた、当時嫌な思いもたくさんしたんだけど、当時活動している中で知り合った方、例えばゲーム開発者の方や声優さんとか、芸能人の方ともご一緒させていただいたりして、いろいろな縁が出来たんですね。今となってその縁と繋がりがあって、あの活動は僕にとって大変だったけど、外に出て活動するのは大事なことだったんだなと。今になってバッと出てくるのもあれだけど、ちょっと年齢もいっちゃってるので。

そんな中、昨今の人気あるVTuberの方なんかはそういう活動をしてるじゃないですか、テレビや大きなイベントに出たりとか。そういう活動をされているのを見て、また再び公式案件とかイベント、例えばゲームショーとかに参加されてるVTuberさんもいらっしゃったので、僕もまたその世界でやってみたいなと思って。だから今後の目標は、当時やってたみたいに、僕も企業案件やイベントに積極的に参加して、イベントないしゲーム業界を盛り上げたいかなと思います。大変だったけど、やっぱりあれはあれで楽しかったですね。

 

-昨今のVTuberシーンでもゲーム関連の案件がすごく増えているように思います。

 

ガッチマンV : 案件とか大会とかね。実際にイベント会場には行けないのかもしれないけど、会場でVTuberさんたちと一緒にイベントが盛り上がってるのを見ていて、面白そうだなと。僕らの時は直接会場に行ってお客さんの目の前にいたんだけど、昔やったなって。ひとつのことでみんなで盛り上がれるのは楽しいなと思ったので、そういう活動をしたいなと。

 

-強くてニューゲームじゃないですけど……!

 

ガッチマンV : そうですね、11年経験済みですからね(笑)。場数は踏んでますから、それなりに。

 

-ガッチマンさんのこれからの更なる躍進が楽しみです……!

今回はご回答いただきまして誠にありがとうございました!それでが最後に、TOPPA!!読者へメッセージをどうぞ。

 

ガッチマンV : 私も結局、ゲーム実況とかを11年ぐらいがむしゃらにやってきたんですけど、これ一本をずっと伸ばしてきた結果、あまり周りが見えていなくて。VTuberというものを新しく始めて、今までの活動の延長というか少し違うだけかなと思ったら、全然違う分野で。絵を描く人もいるし、システムを作る人もいる、企画を考える人や音楽を作る人もいる。とにかくいろいろな人が協力してできている、ひとりだと成し得ない世界だと思うんですよね。自分の中では11年やってきたという実績があったので、それなりに分かっているつもりで入ってきたんだけど、やっぱり全然分かってなかった。だからふざけて「新人」と言っているのではなくて、本当に今の自分は新人だと思っています。

だからこの世界で、いろいろな方の絵とかプログラムとか企画だとかをどんどん吸収して、もう私は40歳過ぎてますけど、これからこの世界を知って、勉強していきたいと思っています。なので、何か機会がありましたら、ご指導ご鞭撻の方をよろしくお願いしたいと思います。そして、応援の方もどうぞよろしくお願いします。新人の入社式のあいさつみたいな感じになっちゃいましたけど(笑)。

 

-今回お話を伺う中で、ガッチマンV、そしてガッチマン様としての新しい側面が見えたように感じます。

 

ガッチマンV : 僕やっぱり不器用なんですよ。なんでもこなせてそうなイメージがあるって言われるんですけど、ゲーム実況とかも何回も何回もやり直してるんですよ、上手くできるまで。本当に引くぐらい、人がびっくりするほどリトライしてるんですね。本当はすごく不器用で、しかも自信も無いんですよ。だから腰が低くなってるのは、波風立てないためにやってるんじゃなくて、本当にそう思ってるだけなんです。自信が欲しいです。本当に。だからこの世界で一から勉強して、2年とか3年やったらやっと自信がついてくるのかなと思います。

 

-VTuberってデビューする人も多いですけど継続するのは難しいもので。2~3年もやったら大御所の域だと思いますね。

 

ガッチマンV : 辛くも2~3年って言っちゃいましたけど、よく考えたらそうですよね。でも結局、巻き込んじゃった人も多いので。3Dモデルも作ってもらっちゃってるし、絵を描いてもらったりもしてるから、もう後に引けないですね、言われてみれば。始めたからには納得いくまでやるしかないです。

でもメインの活動と今の活動が、もっと近づいてきて垣根がなくなれば、大変ではなくなるんじゃないかなと。ゲーム実況も普通にアバターが出てくる時代になるかもしれないし、そうなったらメインもサブも一緒になっちゃいますね。まあもちろん分けますけどね(笑)。でも時代がいつか来そうな気はしますね。

    Comments are closed, but trackbacks and pingbacks are open.