クリムゾン インタビュー

クリムゾン インタビュー

クリムゾン : 要望が多いようでしたら そのあたりも考えてみたいですね。

 

-また、漫画家としての活動が今年で20周年となります。現在の心境を教えてください。

 

クリムゾン : まあ そこに関してはあまり何も変わらないですね。本当に何も変わらないです。

寝て、食べて、漫画描いて……みたいな感じですからね。

 

-これまで漫画家として活動してきた中で、一番思い出深かった出来事を教えてください。

 

クリムゾン : YouTubeのこととは関係ありませんが、携帯コミックの売り上げで日本一になったことですかね。

 

-改めて、「絵」を生業とされるに至ってのきっかけを教えてください。また、初めて書かれた絵はどのようなものだったのでしょうか。

 

クリムゾン : ルーツをたどれば、もう本当に幼稚園のときとかになりますかね。

初めて描いた絵は、どんぐりに手足が生えてる「どんぐりくん」みたいなキャラクターだったと思います。

 

-近年執筆活動を行う中で、愛用しているツール・欠かせない嗜好品/BGMがございましたら、是非教えてください。

 

クリムゾン :漫画を描くときに 欠かせない嗜好品は何と言ってもレッドブルですね。1日1本は飲んでいます。

 

-どのような時に執筆のインスピレーションが湧きますか?合わせて、日々の生活リズムも教えてください。

 

クリムゾン : 1日8時間寝て、5時間くらい漫画を描いて、他は細かくいろいろなことをやっています。

だいたい生活のリズムはそんな感じです。

執筆のインスピレーションはテレビCMを見てるときとかが結構多いかもしれないですね。

 

 

-近年、クリムゾン様の中で「アツい!」と感じられているコンテンツ / 感銘を受けた出来事がございましたら、是非教えてください。

 

クリムゾン : もちろんYouTubeがもっともアツいですが、それ以外だと……

ゴルフですかね。 渋野日向子選手の全英優勝のとき、笑顔で堂々としていたことに感銘を受けました。

 

-活動を継続するにあたり、クリムゾン様の中で一番大事にしている事を教えてください。

    Comments are closed, but trackbacks and pingbacks are open.