一二三 インタビュー

一二三 インタビュー

一二三 : この曲は世の中に対する疑念や反骨心をテーマに書きました。目に見えない大きなものに対して、自分の考えや行動が少しでも刺さりじわじわと効いてきますように、といった思いを込めています。

ヴォーカルになるべく感情がこもるように工夫したので、その辺りをじっくり聴いていただきたいです。

 

-まさにじわじわ効いてくる楽曲ですよね。ベースはtmswさんが、ストーリー仕立てのMVは薬屋さんが担当されていますがこちらの経緯を教えてください。

 

一二三 : tmswさんとは友人の紹介的な形で知り合ったのですが、その後YouTubeで演奏されている動画を見て「めちゃくちゃ上手いなぁ、一緒に作品制作したいなぁ」と思い声をかけさせていただきました。

薬屋さんは、可愛らしくもダークな作風がとても素敵だったので、今回の曲のコンセプトにも合致すると思い映像をお願いしました。ストーリーは、薬屋さんが僕の曲から受けたインスピレーションを元に考えて頂きました。

 

-なるほど、ありがとうございます。また、一二三さんの代表曲でもある「欲浴/音街ウナ」はカラオケでも配信されています。ご自身の楽曲がカラオケで配信されることに対する感想はいかがですか? また、こちらの楽曲は唄われるであろうファンの方に歌う際のアドバイスなどありましたらお願いいたします。

 

一二三 : 未だに自分の曲がカラオケに入っていることが不思議でビックリって感じなんですが、これからも配信曲が増えるようにがんばらなきゃなと思っています。今後、歌ってて楽しい曲を作っていきたいです。

あと歌う際は、サビでハッキリとした抑揚を付ける、各ノート末尾の息づかいを意識して歌うと、原曲に近い歌い方ができるかと思います。

 

 

-歌っていて楽しい曲で言うと、THE BINARYのあかまるさんには「ズルくてすごい」という楽曲を提供しております。こちらの経緯や自身の楽曲を制作する際との意識の違いなどお聞かせください。

 

関連 : THE BINARY インタビュー
https://toppamedia.com/interview-2020-7-the-binary/

 

一二三 : あかまるさんとスタッフの青木さんが僕のYouTubeチャンネルを見てお声がけいただき、それから制作が始まりました。

それまでボーカロイドが歌うことを前提で曲を作っていたため”歌いやすさ”を意識する点が難しかったです。また、女性が歌うということでキーを調整するのも少し苦労しました。

 

-一二三さんにとっては新たな挑戦となった曲だったのですね。また、そのあかまるさんが作詞作曲した「青色少女」の編曲も手掛けています。こちらで意識されたことやどのように制作などを行ったか教えてください。

 

一二三 : あかまるさんが録音した歌唱データを僕が受け取り、そこからギターやピアノを足すような流れで編曲を行いました。曲の世界観やあかまるさんの伝えたいことを大切にしながら、かつ自分らしい編曲を施すということを意識しました。

コライトは初めてだったので上手くいくか心配でしたが、CD発売後のリスナーさん達の反応も良かったので自信にも繋がりました。

 

 

-どうやらTHE BINARYの楽曲制作に携わることで一二三さんにも影響があったようですね。ちなみにですが、一二三さんから見たTHE BINARYのお二人はどんな印象ですか?

 

一二三 : 全力でストイックという印象です。昨年ライブにもお邪魔したんですが、スラッとした姿からは想像できないくらい力強い歌声だったのでビックリしつつもひたすら感心してました。

 

-私も同意です! 自身初の殿堂入り曲「猛独が襲う」についても教えてください。こちらはまふまふさんや花譜さんといったアーティストや歌い手が多数、歌ってみた動画をアップしております。こちらの制作エピソードやこういったカバーを受けての感想など教えてください。

 

一二三 : 「猛独が襲う」はプライベートでいろいろとしんどい時期に書いた曲です。歌詞が素直に書けた分、再生数として評価されたときは自分ごと認められたような気がして凄く嬉しかったことを覚えています。

また、まふまふさんや花譜さんに歌っていただいたことで、自分が発信するよりももっと多くのリスナーさんにこの曲が届きました。このお二方を始め、歌ってみた動画を投稿して下さった方々にとても感謝しています。

 

 

-こういった反響は一二三さんの楽曲の持つ力があってこそだと思います。まふまふさんや花譜さんといったアーティストもそうですが、最近は特にボカロPやバーチャルシンガーといったネット発のクリエイターたちがメジャーに進出して、ネット音楽シーンも活発化しています。一二三さんから見て感じることがありましたら教えてください。

    Comments are closed, but trackbacks and pingbacks are open.