The Birth Of Envy インタビュー

The Birth Of Envy インタビュー

-SAKU- : 今回はミニアルバムという形になっているんですけど、もともとはフルアルバムで出そうと思って制作をしていたんですよ。ただ、自分たちの名刺代わりの1枚になるな、と考えた時に、自分たちの音楽性を示せる曲が最低限含まれていればいいのかなという結論に至って。アルバムに向けて作っていた曲の中から、自分たちの音楽性が表現されている曲を厳選して、ミニアルバムという形になりました。

 

-アルバムタイトルの由来を教えてください。直訳すれば「共感覚」という意味ですよね。

 

Bell : これは私が付けました。このアルバムを聴いて何を感じるのかは人それぞれだと思うんですけど、「こんなヤバい音・曲は初めて聴いた!」と思ってほしくて、私たちの曲を聴いて湧き出た思考や感情は今までになかったもので、その新しい感覚を、聴いた全員に味わってもらおうと思って、このタイトルを付けました。

 

-新しい感覚、それこそ私が本作を一通り聴いた印象に近いですね。言い換えるなら、色んな要素が混ざったスープなんですけど、まだどこにも無い味と言うか。更に具体的に言うと、今までヘヴィーミュージックの影響を受けたJ-POPやアニメソング、その逆でJ-POPやアニメそんぐの影響の強いヘヴィーミュージックはありこそすれ、ここまで両極端の要素を振り切った音楽は実は無いと思っていて。そんな本作の聴きどころを、おふたり視点で教えていただけますか?

 

Bell : 私が一番好きな曲は「Sentiment」なんですよ。プリプロの段階からすでに結構出来上がってたし。他は……。

 

-SAKU- : 全部(笑)?

 

Bell : 全部好きだけど(笑)。全部聴いてほしいし、聴きどころしかないですけど。

「Sentiment」は疾走感のある、結構ロックテイストな曲で、「Depravity」はもっとメタル色が強い曲になっています。3曲目の「Monologue」は、ロックなんだけど、バラードでもないけど、どちらかといえば「Sentiment」よりの曲になってますね。メタルメタルしてないというか。

 

-SAKU- : ところどころ小難しいことはしてるけど(笑)。

 

Bell : ちょっとラウドな感じ。4曲目の「Wish Upon a Star」も、「Sentiment」よりで、でも疾走感ある曲だし。基本的に歌詞は私が書いてるんですけど、この曲はどうしても書きたいということで-SAKU-が書いていて。私とは違うテイストの歌詞が乗っているので、それも気にして聴いてみてほしいなと思っています。「The Tempest」は初期の段階で作った曲ですね。

 

-SAKU- : 一番最初だよね。

 

Bell : これはめちゃくちゃメタルな曲だな。しかもアウトロがめちゃくちゃ壮大、オーケストラバチバチみたいな。

 

-SAKU- : 全人類総動員系(笑)。

 

-メロイックサインを高らかに掲げる感じですよね。

 

Bell : そうであってほしい(笑)。

 

-SAKU- : 僕は曲を作る時に、さっき言ったように、聴いた時に風景とか景色が見えるような曲を作るように心がけているんです。今回は全曲にイメージアートがあるんですけど、そのイメージアートを見ながら、各曲を聴いてみてほしいし、あとは単純に何もない状態で曲を聴いてもらって、感じ方はみんなその人それぞれあると思うので、聴いてくれたみんながどんな景色を思い浮かべるのかな、と思っていて。曲から景色を想像しながら聴いてほしいです。

 

-本作の作詞部分に関して、ユニット名よろしく、全体的にどこか憎しみや悲しみといった感情を感じ取りました。制作当時の作詞時の環境などを教えてください。詞は実体験に基づいて作られることが多いですか? あるいは、イメージから作り上げられることが多いのでしょうか?

 

Bell : 実体験のようなものもあれば、アニメを見て着想を得て書くこともありますね。暗めの曲はわりと実体験からきていることが多くて、自分の感情のダークな部分が出ている気がするんですよ。詞を書くとき、物音の全くしない部屋じゃないと集中できないので。必要最低限のものしか置いてないです、換気扇やクーラーも全部消して。

 

-SAKU- : 自分は今回1曲しか書いてないんですけど、歌詞は映画とかアニメとかを見てそこから着想を得ることが多いですし、今回もそうでした。実体験というよりは映像作品とかから。曲もそうですね、アニメや映画とかからの着想が多い。

 

Bell : まず世界観を決めるよね。

 

-SAKU- : そう、世界観からって感じですね。

 

-今回の制作期間でよく見ていたアニメはありますか?

 

Bell : 今回影響があったのだと、『アカメが斬る!』とか。あれはすごく好きで、絶望を感じるような暗いアニメが好きなので、これで1曲書きました。

 

-SAKU- : 僕もめっちゃアニメ見るんですけど、『STEINS;GATE』とか、『ヴァイオレット・エヴァーガーデン』にも着想を得て書いたし、あとは『交響詩篇 エウレカセブン』の映画版とか、『Fate』シリーズ。挙げたらキリがないくらい毎クールのアニメは見てるので、制作期間でいうとそれが印象に残ってる感じですね。

 

-いずれも感情を揺さぶられる箇所が多いアニメですね。
さて、エンジニアとして克哉氏(SLOTHREAT/Misanthropist)が参加した本作ですが、今回の依頼の背景を教えて下さい。克哉氏と知り合ったのはいつになりますか?

 

関連 : 克哉 (Misanthropist)の異分子のすゝめ Vol.1
https://toppamedia.com/column-katsuya-ibunshi-no-susume-vol1/

 

-SAKU- : まず、初めて自分が連絡を取ったのが、5~6年ぐらい前になるんです。前の活動をしていた時に、依頼をしようと思ってコンタクトを取ったんです。その時はお互いの都合で一緒に制作することはなかったんですけど。そこから2年後ぐらいにやっと本人と対面で会うことが出来て。そこからずっと、一緒に制作したいと思っていたけど出来なかったので、今回やっと待望の、という感じで依頼する形になりました。

 

-今回のレコーディング時・制作期間の裏話があれば、是非教えて下さい。

 

-SAKU- : 機材の面だと、新しいギターを買いました。前から8弦ギターは持っていたんですけど、制作してる途中で、これじゃあ良い感じにいかないというところが出てきて。新しくMayonesの8弦ギターを、気合い入れて買いました。RECとか制作の方は……。

 

Bell : プリプロの時は克哉さんと-SAKU-が、1~2日とか、ずっと家にこもりっぱなしで。

 

-SAKU- : 今回アレンジ、プリプロの段階から関わってもらったんですけど、一緒に考えてもらったりもして。

 

Bell : もっと仲良くなったよね。

 

-SAKU- : 一緒に居る時間がかなり長かったので、プリプロして酒飲んで、という感じのことを繰り返してましたね(笑)。

 

-一緒にプリプロをする中での気づきはありましたか?

 

-SAKU- : 克哉さんの、アレンジする際の方法論とか、自分では分からなかったことを目の当たりにできたので、自分にとってはすごく勉強になったし、良い経験だったなと思いますね。

 

Bell : 克哉さんっぽいリフもめちゃくちゃ入ってるし。

 

-SAKU- : そうだよね。

 

Bell : 私はレコーディング自体が初めてでした。まず「Sentiment」から録ったんですけど、歌い終わったあとに、克哉さんから、「もっと癖がほしいし、次は昇華できると良いね」と言われて、今日はあまり良くなかったんだな、と悔しい思いをした日があって。1~2週間後に、2曲目を録る日があって、回さないけど1コーラス歌ってくださいと言われて、私が思ったように歌った後に、2人とも「オーッ!」となっていて、「めちゃくちゃ良くなってるね、努力も感じられました。」と褒めてくださったのが、自分的にも成長を感じられたなと思って。

 

-SAKU- : めちゃくちゃパワーアップしてたな。

 

Bell : 負けず嫌いだからね。なので、この音源に入ってる「Sentiment」はリテイク版なんですよ。

 

-SAKU- : 2回録ったもんな。これは裏話かもしれない。

 

-バンド名もそうだし、レコーディングも感情が左右して良いものが出来上がったのかなと。

 

Bell : 精神状態がめちゃくちゃ表れてますね(笑)。

 

-バンドロゴ・及び今回のアートワークに関して、キョウグ/ kyogudrddd様が参加されています。こちらへの依頼のきっかけ、制作物へのイメージ伝達を行う際に意識したことを教えてください。

 

関連 : キョウグ / kyogudrddd インタビュー
https://toppamedia.com/interview-kyogudrddd/

 

-SAKU- : きっかけとしては、自分が普段聴いているバンドのジャケットやロゴをキョウグさんが担当されているものが多くて、めちゃくちゃ良いなと思っていたので、そこからキョウグさんに頼むしかないだろうという感じになって。

 

Bell : ふたりとも「キョウグさんが良い!」と(笑)。

 

-SAKU- : そこから、ロゴやアートワーク関連を全部やってもらう感じになりましたね。

イメージ伝達については、基本的には『SYNESTHESIA』というタイトル、共感覚という言葉について、具体的なイメージというのは特にしてなくて、キョウグさんが曲を聴いて感じてもらったことをそのままアートワークにしてください、と伝えて。完全に信頼しきっていたので。

 

Bell : 無茶振りみたいな(笑)。

 

-ズバリ、『SYNESTHESIA』を一言で表すなら、どのような作品だと思われますか?

 

    Comments are closed, but trackbacks and pingbacks are open.