ビートまりお インタビュー

ビートまりお インタビュー

ビートまりお : これはもともとウサプロ(USAGI Production)さんから、「曲を作る方で参加しませんか?」とお誘いをいただいていたのがきっかけです。別にそっちの方でもよかったんですけど、ちょうど同じタイミングで自分がバ美肉でデビューする話があったので、歌で参加したいという話をしたんですよね。その時に、俺ひとりじゃなくてアイドルユニットとして、伊東ライフと一緒に歌えたら面白いんじゃないかなと思ったんです。

友人として22年の付き合いがある中で、自分は同人音楽、彼は同人誌の方でずっとやっていて、同じ活動をするということはなくて、離れた位置から「いつも頑張ってんなー。」と思うだけだったので。お互いにVTuberになった、バ美肉したのであれば、一緒にやったらいいんじゃないかと。ビートまりおが歌うのは分かるけど、伊東ライフも歌うとなったら面白いしインパクトがデカイなと(笑)。そういうわけで、やれることを最大限やろうとなりました。たまたまお声掛けいただいたタイミングが良かったのもありますね。

 

 

-ここでもまた、縁を感じます。また、本楽曲は数々の電波系ソングを制作してきたMOSAIC.WAVがプロデュースしています。ビートまりおさん目線での本楽曲の制作時の裏話があれば、ぜひ教えてください。

 

ビートまりお : これはもう単純に、かやぴー(柏森進)はノリに乗って作ってくれたんだろうな〜と、デモが届いた時に思いましたね(笑)。最初にウサプロさんからMOSAIC.WAVさんが書いてくれることになりましたという話を聞いて、俺と伊東ライフもすごくビックリしました。自分たちが青春時代にめちゃくちゃ聴いてたから。それで、次の日くらいにはもうデモ版が上がってきていて。ちゃんとあの頃のMOSAIC.WAVの曲になっていましたし、歌詞の中にビートまりお要素と伊東ライフ要素が組み込まれていて感動しました。

サウンドクリエイター目線というよりは、もともと好きだったので、ファン目線で楽しんで歌わせてもらった節がありますね。ニコニコ動画で「ガチャガチャきゅ〜と・ふぃぎゅ@メイト」とかで盛り上がってたオタクとして、「あのMOSAIC.WAVがバ美肉VTuberの曲を書いてくれてる!」と思って(笑)。

 

-世代的に刺さるものがありますよね。

 

ビートまりお : あのぐらいの年齢層の人にはビートまりおと伊東ライフも刺さると思うので、インターネット老人会の皆様には刺さる内容になったと思います(笑)。

あと、伊東ライフは今まで歌ったりしたことなかったので、レコーディングの時にめちゃくちゃ緊張してましたね。あんなに緊張してるとこ見るのは初めてかもしれない(笑)。

 

-(笑)。先日は伊東ライフさん、兎鞠まりさんを交えてコラボ配信も行われていましたね。初コラボの手応えは如何でしたか? VTuberとしてのコラボは初めてですよね。

 

 

ビートまりお : 伊東ライフはもちろんですけど、兎鞠ちゃんともTwitterとかでやり取りさせてもらっていたので、気心が知れてるといえば知れてたんですけど、めちゃくちゃ緊張しましたね。というのは、人様のチャンネルにお邪魔するわけだから、あまり変なことしたくないなと。かといって、何も言わずにいて、「この人は面白くない人なんだな。」と思われるのも嫌だし。

どう立ち振る舞ったらいいのか全然分からないままだったんですけど、でも楽しかったことは確かですね。ひとりでゲームやるのもいいけど、みんなでワイワイ楽しむのもいいなと思いました。コラボの良さを教えてもらったというか、コラボっていいなー、と普通に思いましたね。

 

関連 : 兎鞠まり インタビュー
https://toppamedia.com/interview-2019-2-tomari-mari/

 

-また、気になっていたり、今後コラボしてみたい方はいらっしゃいますか?

 

ビートまりお : 社築さんやガッチマンVさんとか、ゲーム系の方とコラボしてみたいですね。やっぱり、兎鞠ちゃんと喋っててもそうなんですけど、おじさんたちとコラボしたいなというのは普通にありますね。そもそも俺の根底に、女性と話すのが得意ではないというのがあるんですよね、オタク時代がずっとあったので。VTuberってやっぱり女性がたくさんいらっしゃるじゃないですか。女性の方とのコラボをよくみんなサクサクできるなー、と思ってます(笑)。でも最近は兎鞠ちゃんも普通に女の子だと感じてきているのでちょっと困惑しています。

 

関連 : ガッチマンV インタビュー
https://toppamedia.com/interview-2020-7-gatchman-v/

 

-ガッチマンさんとのコラボが実現したら、これもインターネット老人会的に盛り上がりそうですね(笑)。

 

ビートまりお : 時代的にそうですね(笑)。あと、伊東ライフママの長女であるところの愛園愛美さんとはコラボしたいですね。伊東ライフのイラストのムチムチの良さを語る、みたいな(笑)。

あとは、この記事が出るころにはもうコラボ終わってるはずなんですけど、犬山たまきくん先生の配信にもお誘いいただいてますし、因幡はねるちゃんの「Vのから騒ぎ」にもお呼びいただいているので、ありがたいことにいろいろお声掛けいただいているのが嬉しいなと思いますね。VTuber界隈に受け入れていただいたのかなと。ここからの活動によって、受け入れられるかどうかが決まるんだとは思いますけど、ありがたいなと思いましたね。

 

-再び、音楽・VTuber活動の話について触れると、先日はご自身が主催されるサークルCOOL&CREATEより、『#幻想郷ホロイズム』がリリースされました。本作リリース後の反響は如何ですか?

 

 

ビートまりお : ありがたいことに、めちゃくちゃ反響いただきまして。もちろん、東方Projectとホロライブの両方のファンに向けて作った作品ではあったんですけど、どちらかというとホロライブファンの中で東方を知らない方も多い中で、一方で、「10年前東方の曲よく聴いてたわ。」という人も結構いて、そういう人たちに刺さればいいなと思ってはいたんですけど、思っていた以上に刺さってくれたみたいで。「俺の青春時代思い出して泣きそうになった!」とか、そういう感想もたくさん見て。途中でコロナ禍もあり、制作はめちゃくちゃ大変だったんですが、報われたなと思いましたね。良い作品を世に送り出せてよかったなと。

本当にホロメンのみなさんにすごくご協力いだきましたし、やることが増えちゃって船長も大変だなと思ったんですけど、無事に世に出てよかったです。

 

-最終的に良い物が出来て何よりです。さて、VTuber活動開始から、早1ヶ月が経過しようとしています。現在YouTube Channel登録者数はこの1ヶ月で急増し、5万も突破しました。現在の手応えは如何ですか?

 

ビートまりお : 今は新しいことにまさに挑戦している最中で、日々張りが出て楽しいクリエイター人生を送ることができているなと思います。今までは、コミケや例大祭に向けてCDを作るとか、決まったスパンで活動していて、「このイベントが終わって、何月ぐらいになったら制作を始めて……。」とか、同じことをやっていたんですね。これはこれで大事なことなんですけど。その中で、ゼロから勉強し直して新しい世界に飛び込んだのは自分としてもすごく楽しいと思っています。あとは、やっぱりそれをやることで、「ビートまりおってまだ活動してたんだ、しかも今はVTuber? 見てみよう。」とか、「まりおさんがYouTubeちゃんとやってくれて嬉しいです。」とか、そういう声をちょこちょこいただけたりしたので、そういった意味での手応えはありましたね。

あと、俺はやっぱり同人即売会を大事にしたいと思ってるんですけど、今年は中止や延期も多く、交流できる機会がどんどん減ってきてしまいました。それでこのYouTubeをやっていると、「イベントには行けないけど交流できて嬉しい。」という人も増えましたし。変な話、今のこの大変な社会情勢の中では、VTuberやYouTuberはすごく適した活動形態なのかなと強く思ってますね。

 

-こういった活動がどんどんスタンダードになっていくのかもしれませんね。
近年、「VTuber」という概念の解釈が人それぞれ違うように思います。ビートまりおさんにとって、ズバリVTuberとはどのような存在、そしてこれからどのような成長を遂げると思われますか? 所謂リアルプレイを守られる方もいらっしゃれば、近年はアバター的な用いられ方も増えているように思います。

    Comments are closed, but trackbacks and pingbacks are open.