SLOTHREAT インタビュー 第2弾

SLOTHREAT インタビュー 第2弾

孝哉 : 『Allium』からも想像できない領域かなと思います。

 

克哉 : 1曲目が「現人」で最後の曲が「LIVE FREELY」なのは理由があるんですよ。まず「現人」も「LIVE FREELY」もフェードアウトで終わるというリンクがあり、その上で一番ドス黒くマイナー調な曲が「現人」で一番明るくてメジャー調な曲が「LIVE FREELY」という対比で、これを一つの作品の中で違和感無くやれるバンドって絶対存在しないので。この始まりと終わりはメンバーとの話し合いで最初から決めてました。

 

孝哉 : 「現人」自体、長めのSEというか、アルバムの導入としての意味合いもありますね。

あと、アルバムってApple Musicとかでループ再生できるじゃないですか。そうすると「LIVE FREELY」の最後の転調して終わるフェードアウトから最初に綺麗に戻るので、何回でも聴ける感じがあって面白いと思います。もう一度聴きたくなってほしかったからなんですよ。

 

克哉 : 少しボリューミーな曲なんですけど、故に最後半音上がって転調すると、燃え尽きた感じになっちゃうんですよね。ピークがそこに来る感じで満足してしまうので、本能に訴えかけるように、最後を下降転調にしたことによって、ピークが下がったような終わり方に聴こえるので、もう一度聴きたくなるんですよ。めちゃくちゃ緻密に作ってます。

 

-これぞアルバムならではの曲作り・構成というか。

 

孝哉 : それと、ギターを今回リアンプしたんですけど、それで大分新境地に行けた感じが俺と克哉のどっちにも感覚としてあったし、ペダルとかの機材も持ち寄ってやったんですけど、『Allium』とかでは出せなかったギターの生々しい質感が出てると思いますね。

 

克哉 : 全体的に生々しくなりましたね。Drも加入したし、ドラムも絶対に生で録りたくて。昨今では打ち込みドラムの音源本当に増えてますけど、リアルドラムでやりたかったことが存分に表現された音になってるし、そこら辺もヤンシに語って欲しかったりするんですけど(笑)。

 

SHINYA  : いやあ、めっちゃ苦戦しましたけどね(笑)。激しいアプローチとか速いキックとかは当たり前にあるんですけど、繊細なゴーストがたくさん入ってたりとか。SLOTHREATの楽曲は一打一打全て竿や歌のフレージングとの兼ね合いが大切なので、譜面に書き起こして1つ1つパーツを間違えないようにとか、細かい配慮をしながらやった部分が、プレイヤー目線でも聴いて楽しめる聴きどころかなと思います。

そして、今回ドラムに関して、僕自身初めてPearlからご協力いただいて機材をレンタルさせていただいたりとか、シンバルも全部Sabianからお貸ししていただいたりして、本当に良い機材で録れたというのがあります。

あと、チューニングに関しても、自分は今までドラムをほとんど独学でやってきたので手探りでやってたんですけど、Eiji(ex.FACT)さんから直々に教えてもらったりしたので、本当に裏にはEijiさんの教えがあってすごく良い音に仕上がったという感じですね。

 

KAZ : 生音にした状態のミックスを聴いて、ビックリした(笑)。ドラム1つで楽曲の世界観や空気感がこんなにも変わるんだなって

 

孝哉 : 生音独特の湿り気もありつつカチッとタイトな部分もあって、克哉の処理もだいぶ生きてるけど、相当良い音になってるよね。録った素材も最高だし、克哉がその特色を生かしてる感じが伝わってくる。

 

克哉 : フルトリガーで、普段よく触ってるドラムのサンプルに差し替えちゃったら楽なんだけど、今回ほど生素材の特色を前面に出したのはドラムのミックスは初めてなんですよね。もちろんレイヤー何種類か足したりとかはしてるんですけど。とにかく録音した意味というか、リアルを追求して作りました。

やっぱりメンバーが加入したということもあり、そのメンバーのアイデンティティも音に投影されてないと、バンドとしての意義や面白みがないなと思うので。今回のヤンシのチューニングも彼っぽさがあるので、それを前面に出したかったというのがあります。

 

SHINYA : ここまでドラムの事を考えてくれるバンドは初めてなんじゃないかな(笑)。これは言っておきたいね(笑)。こんなにコンポーザーがドラマー目線でも考えてくれるのはすごいことだと思いますね。

 

瀬希 : 今回使ったベースは『Allium』の時と違うもので、「軀謳」のレコーディングでは1度使ったんですけど、その時とベースのセッティングとかも変わっていたりするので、前よりもパワーアップしてるんじゃないかなと思います。

 

孝哉 : 今回ベースの音、マジで最高(笑)。

 

克哉 : あと、KAZの提案で、ヴォーカルシンセを入れたりもしてて。

 

KAZ : オケが最初に送られてきた時に、自分自身が未だ嘗てやったことがないような事に挑戦していきたいと思ったので、メロ制作の過程で遊び心の一つとしてヴォーカルシンセを導入しました

レコーディングに関しては、このご時世だというのもあるんですけど、僕の自宅にボーカルブースがあるのですが、Яyoさんにマイクだけお借りして今回はそこで歌録りをしましたね。自宅だったのでスタジオでやるよりもかなりリラックスしてできたし、本当に繊細な部分を全身全霊で表現できたので、まだまだ課題はありますが、確実に大幅な成長を遂げたと思います。

 

克哉 : とにかく時間はすごくかけたので。歌に関して、いつもニュアンスをふたりで詰めてやってるんですけど、今作ほど細かく詰めたのは初めてなんですよ。歌詞の一語一句とか細かいところに関しても、この文字の時にしゃくりを入れるとか、ここでがなるとか色々

 

KAZ : 歌い方の種類だけで何十種類もありましたね。

 

克哉 : どれがベストかすごく探して、1つ1つすごく頭を使いながら歌を録りました

 

KAZ : ニュアンスについては、少しでも想い描いていたモノと違う歌い方だったら何十回もリテイクしたりと、かなり根気と集中力を必要とするレコーディングだったので喉を酷使してしまう事も結構ありましたね。でも、克哉から勧められてスロートコートというハーブティーが、喉への疲労回復効果があって、何杯飲んだかも判らない程飲みましたが、かなり助けられました(笑)。

 

孝哉 : あれ良いらしいね。ハーブティー系他にもいい感じのやつがあるから、いろいろ試してみてもいいかもね。

 

-ちなみに個人的な感想ですが、アルバムの曲順的に、ライヴを意識されたものなのかなとも思いました。

 

孝哉 : 実はライヴは全く意識してないんですけど、ライヴのセトリを組む時に意識していることと、アルバムの曲順を作る時に意識していることが、全く一緒なんですよね。だから結果的にそう感じられたのかな、と思います。

 

克哉 : 音楽が連続した時にどうなるか、という一本の軸で考えてるのかなと思います。あと、大団円な感じで終わらせたかったというか、ハッピーエンドじゃないですけど……。こう言うと軽く聞こえちゃうかもしれないんですけど、曲順はめちゃくちゃこだわったので。とにかく全ての曲が一番輝ける順番を僕らでセレクトしたという感じです。

 

KAZ : 色々なパターン作って試しまくったよね、本当に何回試したんだろう(笑)。あとフィックスされた案は瀬希の案だからね、その思いも話して欲しい(笑)。

 

瀬希 : 最初と最後は決まってて、いろいろはめていったら、アルバムを通して聴いた時に一番良いなとシンプルに思ったのがあの曲順だったんですよね

 

孝哉 : 本当に聴き飽きしないというか。このご時世、「アルバム出さずにシングルバンバン出した方が話題に上がるよ。」とか言ういるじゃないですか。今は「ストリーミングの時代だからね。」みたいな。まあ気持ちも言いたいことも分かるんですけど、せっかくフルアルバム出すんだったら、絶対通しで聴いてて飽きない方が良いに決まってるので。結局、セッキーの作ったセトリ案が一番飽きなかったんですよね。スーッと聴ける流れというか。

 

KAZ : どれもシングルカット匹敵するの曲ばかりだから逆に難しかったというのはあると思います。

 

克哉 : 特に、「軀謳」と「氷面鏡」の位置には悩まされましたね、絶妙なところに置きたかったので。あと、考え方を変えて、アンセム的立ち位置でもある「Daybreak」をあのタイミングに置き、そこから更にSEを挟んでラストの「LIVE FREELY」で新しい始まりを鮮烈に印象づける、という感じになるのがベストでしたね。

 

-また、キョウグ / kyogudrdddさんが手がけられたアートワークも素敵です。最早SLOTHREATの作品において、一心同体感すら感じます。こちらの作成のイメージ共有にあたり、意識した箇所はありますか?

 

克哉 : かれこれ10年近くデザインをお願いしているので、今回も変わったことはしてないですね。作品のタイトルの意味を伝えて、音源を送るぐらいでした。どうしたらあんなデザインが出来上がるのか……すごいですよね。

 

孝哉 : 元々は昔からBitoku (Sailing Before The Wind/Ba,Comporser) さんがずっと依頼をされていて、僕も当時Sailing Before The Windに在籍していたのでその時から繋がりがあって、それで良いデザイナーがいると克哉に教えたんですけど、今回も最初の案が送られてきた瞬間に「最高!」ってなりました(笑)。デザインに関してはほぼ意見みたいなのはしてないですね。元々デザイナーさんに口出しするのは気がひけるし野暮だと思ってるので、言い過ぎないようには常にしてるんですけど、今回はもう何かあえて言うのが粗探しにしかならないレベルでハマってました

 

克哉 : 最初からあれだったので。天秤とか、神々しさみたいな。誰からも文句出なかったですね、ただただヤバいんで。

 

孝哉 : イメージにあった何かをすぐに形にしてもらえたので、思い描いた通りのものが出来上がったみたいな。

 

-この他、MV「ILLUMINATE」のMVも公開されましたね。

 

 

孝哉 : このご時世のこともあるんで、各々気をつけながら撮ってきましたね。

衣装はprasthanaさんに貸していただいてます。武井大輔さんという方が手掛けているブランドです。もともとウチのライヴやアー写を撮ってくれているJun Tsunedaさんと前にお話しする機会があって、「衣装とかいるよね。」という話になって。「heaven in her armsとかに衣装を提供してるブランドがあって、俺はそのブランドがこのバンドに合うと思うから、借りられるか話してみようよ。」と言われ、Junさんから話してもらって、heaven in her armsKatsutaさん経由で武井さんと繋がらせてもらえました。まずはSHINYAが加入した時のアー写で衣装を貸してもらい、MVでも使わせてもらって、ウチらのバンドの見た目にも音楽的な部分にもマッチした服がたくさんあるので、ウチら的にもすごくありがたいし嬉しくて。独創的かつスタイリッシュなデザインなので気になる人はチェックして見て下さい。

 

克哉 : MVはかなりシンプルな感じに仕上がりましたね。

 

孝哉 : 前のMV撮った時は、当時のメンバーみんなが克哉のMisanthropistのサポートをしていたので、その流れを汲んでいた感じはあったんですよね。それが良い悪いという話ではなくて、このバンドが活動できるようになるまでに抱えていた思いがああいう形に仕上がっていた感じがするというか。今回のMVでの大きな違いは、俺らがバンドとしてライヴとかのいろいろな活動をした結果、こういう形になったのであって、時間の経過が良い意味で感じられるかなと思います。

 

-縁を感じる話ですね。さて、話は変わりまして、SLOTHREATが活動を開始して、早1年が経過しました。『THEMIS』以前での作品リリースなども重ね、バンドとして着実に活動を進めて来られましたが、現在の手応えはいかがですか?

    Comments are closed, but trackbacks and pingbacks are open.