abstracts インタビュー

abstracts インタビュー

abstracts(アブストラクツ)
メンバー : (LtoR) KAI (Dr) MIKI(Ba) SATOKEN(Vo) LIN(Gt)

HP : http://abstracts-jp.tumblr.com/
Twitter : https://twitter.com/abstractsjpn
Facebook : https://www.facebook.com/abstractsjpn

昨今どんどんブラッシュアップが進むDjent/Techメタルシーン。テクニカルなサウンドの技術的追求もしかり、バンド達は様々な要素を取り入れ、よりハイブリッドなサウンドを目指して国内外問わず切磋琢磨を続けている。

そんな中、日本のDjent/Techメタルシーンにおいて先駆者であるabstractsはいつも一歩先にネクストステージを歩んで来た。彼らが2017年8月会場限定でリリースした『MODE』EPは、彼らの活動、そして国内外のロックシーンに一石を投じるかのような傑作となった。

今回TOPPA!!編集部は、abstracts結成の経緯や彼らの音楽的ルーツ、『MODE』EPの聴きどころ、日本を飛び出し、海外でも活動する姿勢などを聴く為、バンド初の単独インタビューを試みた。

取材・文・編集 / 宮久保 仁貴  写真 / Masaya Fukuda



TOPPA!!初登場ということで、abstractsの結成の経緯、現在に到るまでの経歴を教えて下さい。

LIN : 2014年夏に、前任GtのGenと僕の2人でプロジェクトとしてabstractsはスタートしました。思えば、そもそもabstractsはバンドとして活動する予定はなかったんですよ。

当時、僕が所属していた前身バンドが解散して、どうしようかと思いつつ時間が過ぎていく一方だったんです。
そんな中、とあるレーベルの方にリリースしなよと声を掛けて頂き、2014年10月に1stアルバム『abstracts』をリリースしました。

『abstracts』をリリースしてから、2014年の末ぐらいからどんどんライブオファーが来始めたんです。ただ、ライブをやる為にもメンバーを集めなきゃな、という事でKaz(Vo)、Ichika(Gt)、前身バンドで共に活動していたMIKI(Ba)、当時PaleduskでDrを叩いていたReina(Dr)を誘いました。初ライブはトリプルギターの6人編成で、2015年3月に開催されたLumber Coated Rustの企画に出演しました。
そして、初ライブを終え、「バンドとして活動していこう。」と自然に意識が向いていった事を覚えています。

 

KAI : その時のファンカム映像がTwitterで流れてきたのをリアルタイムで見てたよ(笑)。

 

LIN : 本当に(笑)!? 今となっては貴重な映像だね。ズタボロだったけど(笑)。
話を戻すと、初ライブ後、そのままKazとIchikaとMIKIが加入し、5人集まってシングル曲の「Siberia」を公開しました。その後、Ichikaが脱退し、2ndアルバム『Hologram』の制作に入りました。
この制作中にGenが脱退すると共に、ex.Calling From The ReachのKyosuke(Gt)とHikari(Dr)が加入して、再び5人編成になりました。
そして、ライブ活動を続けながらも、曲を録り溜めていき、2016年3月に無事『Hologram』をリリースしました。


-SATOKEN
さんが加入された経緯はどのようなものだったのでしょうか?

LIN : 『Hologram』をリリースして、ツアーもガンガン進めていったんですが、Kazが家庭の事情でライブ活動にあんまり参加出来なくなってしまったんです。そこで、当時SOUL JAPANで活動していたSATOKEN(Vo)に声をかけました。

 

SATOKEN : 俺自身、LINの事は彼が前進バンドで活動していた頃から面識があったんですが、今となってはまさか加入するとは思いませんでしたね(笑)。

 

LIN : 声をかけた時、ライブが既に何本か決まっていたんですよ。断るのも申し訳ないし、どうしようと悩んだ時に、携帯の連絡先を見ていたら彼の事を思い出しました。

 

SATOKEN : 当時、僕はSOUL JAPAN以外にもWinter Daphneというバンドを組んでいたんですが、メンバーが足りず、実質活動出来ていない状態だったんです。そんな中、声をかけてもらったし、「せっかくのチャンスだからやってみようかな。」と思ったんです。

 

LIN : たまたまSHIBUYA CYCLONEにライブを観に行く機会があって、いざ着いてみたらSATOKENもCYCLONEに居たんです。

これは声を掛けるしか無いなと思い、CYCLONEの踊り場階段で、「実は相談があるんだけど……。」とお願いしたら、「出来るかわからなけど、俺でいいならいいよ!」と二つ返事を返してくれた事を覚えています。

そこから、時折Kaz、時折SATOKENの2人交代制でライブ活動を続けました。

 

SATOKEN : 2016年から1年くらいサポート形式が続いたんじゃないかな?

 

LIN : そうそう。そして、2016年夏の終わりくらい、僕達が方向性に迷っていた時に、Kazが先述の家庭の事情で脱退しました。同時期にSATOKENが所属していたWinter Daphneも解散したんです。

 

SATOKEN : もう1年以上経ってるんだなぁ。その後、2016年の10月に一緒にSHIBUYA THE GAMEにMISERY SIGNALSの来日公演でもたまたま会ったんだよな。

 

LIN : THE GAMEの時も、ライブハウスの踊り場階段で話してたよね。

 

SATOKEN : 「俺、バンド無くなっちゃってさ。」ってね。

 

LIN : 「マジか!?」ってなったよ。んで、SATOKENが「一緒にやらないすか?」って声を掛けてくれたのを覚えてるよ。そこから、すぐにMIKIに電話して、「Voが見つかった!」って伝えました。

 

SATOKEN : 元々界隈も違うバンドでお互い活動していたので、LINに誘ってもらわなかったら、こうやって今一緒にはやっていなかったと思います。

 

LIN : そして、SATOKENが正式メンバーになるタイミングで、方向性の違いからKyosukeとHikariが脱退しました。バンドとして大変な時期を彷徨っていましたが、SATOKENも加入したし、当時は本当に活動を止めたくなかったですね。

 

SATOKEN : 大変だったよね。その後、俺が加入してからすぐに「City Lights」という曲をリリースしました。俺が加入したのも、「City Lights」を公開したのも2016年の10月でした。

 

LIN : あの曲を作った時は、今までのスタイルは置いて、SATOKENに合った曲を作りたい一心でしたね。バンドとしてもチャレンジした1曲になりました。

この当時正式メンバーは3人、僕とSATOKENとMIKIで、Gtも一人になったけど、バンドとして色々挑戦したい一心で動いていました。

 

-KAI様が加入された経緯はどのようなものだったのでしょうか?

SATOKEN : 3人体制になってからは物事が猛スピードで進んだです。

KAIに関して言えば、当時彼はSable HillsでDrを叩いていて、最初はabstractsのサポートとしてスタートしたんです。KAIの初陣は2016年12月高田馬場Club Phaseでの人間椅子らとのイベントでしたね。

 

LIN : 新体制になってからは、ライブに強くなりたかったし、新しい曲をバンドとして身に付けたかったので、そこから我武者羅に努力しましたね。そして、2017年初頭から新体制で曲作りを始め、8月に会場限定のEP『MODE』をリリースしました。

 

SATOKEN : 『MODE』に収録されている「Slow Dancer」のMV発表の次の日に加入発表したよね。

 

KAI : メンバーとの出会いを振り返ってみると、元々Sable Hills時代にSOUL JAPANでSATOKENとはよく一緒に対バンしていたりしまして仲が良かったんです。彼の声も凄く好きでしたし。

LINに関しては、彼が一時期Sable Hillsでサポートとしてギターを弾いてくれた事がきっかけで知り合いました。abstractsのサポートを始めたきっかけは、2016年の11月にLINに「うち今ドラムが居ないんだけど、サポートで叩いてくれない?」と誘われたんですよ。僕の返事はSATOKENと同じく、「自分でいいなら全然やるよ!」と二つ返事で返しました。

個人的には、元々abstractsの音楽性は1st、2ndアルバムの印象が強かったんですよ。でも、サポート始める前にSATOKENが加入して、良い意味でサウンドが変わったと感じました。言い換えるなら、SATOKENの声もそうだし、LINが今後目指そうとしているスタイルに僕自身凄く共感したんです。

同時期、自分が思い描く音楽的方向性、バンドスタイル、ミュージシャンとしてどうありたいかという事に悩んでいて、自分は所属していたSable Hillsを脱退したんです。これからどうしようと考えている時に、2017年5月abstractsが初の北海道への遠征へ彼らが誘ってくれたんです。

 

LIN : このタイミングで、「これからどうする?」って話をしたんだよね。

 

KAI : そうだね。そして加入を決め、今に至ります。

 

それでは、バンドとしての音楽的ルーツ、各メンバーの音楽ルーツを教えて下さい。

LIN : 1stを出した2014年は海外のプログレッシブメタルコアが日本でも浸透してきた時期なんですよ。本格的にキッズも付き出した時期で、僕も前身バンドでそのような音楽性を演奏していた時期がありました。ただ、模倣になるのではなく、自然とそういった形に進んでいた事を覚えています。自分達自身で発信したかったんですよね。

その後、2nd『Hologram』をリリースし、SATOKENが加入した時、音楽性が変わりましたね。今までのやり方もバックボーンにはありつつ、「もっとSATOKENにフィットしたやり方の方が良いんじゃないか?」と思ったんです。

 

SATOKEN : それこそR&Bやソウルの要素を俺自身もそうだし、メンバー個々が聴いていたからね。

 

LIN : そして「City Lights」が出来ました。それ以降は、彼の声がどういった声質を持っているのかを理解し、お互いに好きな音楽をシェアしていった事で、どんどん新しい事を取り入れていきました。国内外問わず誰もやっていない事、自分達がやれば一番かっこいい形を目指して、気がついたら今の形になっていました。どこかで意図的にシフトしようという気はなく、気がついたらこの形態になっていましたね。

 

SATOKEN : 本当に幅広いから中々絞れないよね(笑)。でも敢えて言うなら、BRUNO MARSやニューメタル、HIP HOPは全員好きだからそういう事なのかもしれないね。

 

LIN : トレンドのサウンドって模倣すれば一度はウケるんですが、すぐに消えていってしまうと思うんですよ。かつ、コピーをしているだけだとプレイヤーとしても面白くないだろうし。自分達が面白くないと思っていない事はお客さんにとっても面白くないだろうし、ユニークさを求めたのが今の形なんだと思います。

 

SATOKEN : 個人的なルーツは、小学校の時は普通にJ-POPなどの歌謡曲が好きだったんです。中学校に入った時に、同級生でMergingMoonのYuto(Gt)君がいたんですよ。

 

僕達の学校では、給食の時間に流す音楽を選べたんですが、彼のチョイスがこれまた凄くて(笑)。
嵐の次にKILLSWITCH ENGAGEのとんでもなくヘヴィな音が流れてきて、「一体これは何だ!?」となりました。

 

給食の時間に流れているのがパンチ強すぎますね()

SATOKEN : そうなんです(笑)。その後、「食事時に聴く音楽じゃない!」という理由で、メタル禁止令が出てしまいました。当時はKILLSWITCH ENGAGEやAS I LAY DYINGなどのメタルコアが日本で流行りだした時期で、最初は「何だよこれ(笑)。」と思いつつも、段々聴いていたらハマってしまいました。そこから高校時代はずっとメタル漬けでしたね。

今となっては別ジャンルの音楽、それこそR&Bとかも聴くようになったんですが、彼がいなかったらそもそもバンド活動を初めていなかったと思います。

 

LIN : アーティストというより、Yuto君を語る会みたいになってるね(笑)。

 

SATOKEN : 本当にね(笑)。あと、中学の先輩の田浦楽さんの影響も大きかったな!当時彼が所属していたNOCTURNAL BLOODLUSTを観に新宿ANTIKNOCKに初めて行って……これもよく考えたら最初はYuto君に連れられて行ったんだった(笑)。

アーティストとして影響を受けたのはKillswitch EngageのJesse Leachですね!彼のようなボーカルスタイルは憧れます。

 

LIN : 僕の場合は、小学生の時、年の離れた中学生の先輩が教えてくれたMARILYN MANSONが衝撃的でしたね。元々そういう音楽に興味なかったんですが、たまたま先輩が教えてくれた曲がカッコ良くて。

ギタリストとして影響を受けたアーティストは沢山ありすぎて、一人に絞れないですね……!自分は自分であればいいと思います。でも、ずっと離れられないのはやっぱりSTEVIE RAY VAUGHANですね。

 

KAI : 僕のルーツは2000年代初頭のニューメタルですね。具体的に言えば、LINKIN PARKの初期やP.O.D.やKORN、あとはDEFTONESとかですね。

この手の音楽を聴き始めたきっかけは、当時中学生の時にXBOX 360というゲーム筐体がありまして、当時は日本版のアカウントと北米版のアカウントでコンテンツ量が全然違ったんですよ。それでわざわざ北米版アカウントを作ったんですけど、そこに音楽のオンデマンド配信があったんです。それでたまたまTHREE DAYS GRACE(CA)のMVを見て、「この音楽やべぇ!」と感じたことがきっかけですね。

プレイヤーとして影響を受けたのはP.O.D.のWuv Bernardo(Dr)ですね。彼のドラミングは勿論ですが、身に付けてるブランドや色々なスタイルまで真似してました(笑)。

 

MIKI : 僕自身、音楽を幅広く聴いてきまして、特に90年代のRED HOT CHILI PEPPERSやミクスチャー、それこそRAGE AGAINST THE MACHINEやINCUBUSが好きでしたね。それと並行して、STRUCTURESなどのテクニカルなメタル、暗くてグルーヴィーなメタルも聴いて育ちました。

プレイヤーとして影響を受けたのはRED HOT CHILI PEPPERSのFlea(Ba)ですね。学生時代、彼のことを心酔していました。そして、メロディックなベースソロを弾く日本のフュージョン系アーティストは大抵好きですね!

 

-abstracts様は次世代Djent/Techメタルシーンを担うエース的存在だと思いますが、機材への工夫はございますでしょうか?

 

LIN : 去年からメンバー全員でイヤモニを使い始めたんです。元々ドラムがオケと合わせるためだけに導入していたんですが、全メンバーが導入してからは世界が変わりましたね。

 

SATOKEN : イヤモニが無いとライブが出来ないくらい変わったよね。

 

それでは、昨年リリースされたEPMODE』の聴きどころをお聞かせください。

LIN : 一番最初に出来た曲が「Slow Dancer」だったんです。
当時やりたかった事が最初から最後まで詰まっている曲なんです。新しくこの4人編成になってから、それぞれのバッググラウンドを反映させた事が出来た事もそうですし、今までの事に執着せず、色んなアプローチが出来た事は大きかったですね。

 

SATOKEN : 本当にそうだね!固定概念を脱ぎ捨てて聴いて頂けるとありがたいですね!

 

LIN : 制作スタンスとして変わったのは、1stと2ndの頃は「わかってくれる人だけわかってくれたらいい。」という考えで制作したんです。それが『MODE』EPでは、普段ONE OK ROCKなどメインストリームな音楽を聴いている人、もっと多くの人に聴いて欲しいというコンセプトで作った点ですね。

 

個人的に1st2ndアルバムも拝聴していたのですが、確かに良い意味で今作『MODEEPから幅が広がったな、と感じました。

 

LIN : 海外の例で例えると、BRING ME THE HORIZONとか良い例かなとと思います。ただ、今までの要素を捨てるわけではなく、良い部分は引き継いで行ければ、と考えています。

 

SATOKEN : その部分も忘れないでほしいね!人によっては、「abstractsは変わった。」と思う人も多いだろうけど、自分達としてはやりたい事をやり、自然と様々な要素がミックスされた結果そうなったので。自分達としてはスタンスは変わっていないんです。

 

LIN : 本作のREC、ミックスは全て僕の手で行いました。abstractsは基本は自主スタイルと言いますか、DIYにこだわっています。

 

SATOKEN : 今回はパッケージングも自分達でやったよね。最近音源に関しては、WEBで安易に手に入る時代で、今の子達は音源を手に入れた時のありがたみを知らないと思うんですよ。今回は手に取った子しかわからないというか。だからこそ、今回は是非フィジカルで手に入れてみて下さい。

 

LIN : 誰かに任せる事も簡単なんですが、今回はなるべく自分たちが出来ることは自分達の手で行いました。今の体制になってから、この想いがより強くなりましたね。MVもマーチも自分達で制作しています。

 

国内外問わず、昨今のDjent/Techメタル、ラウドシーンで勢いがあると感じたバンドを教えて下さい。

LIN : 今年RNR TOURSの招聘で来日するALAZKA(ex.BURNING DOWN ALASKA)は良いと思います。

自分達と共通の認識かわかりませんが、今昔の彼らの楽曲の変遷に自分達と重なる所を感じています。

 

SATOKEN : 国内だと言わずもがなAzamiですね。音源もそうだし、ライブもそうだし、悔しいくらいカッコいいんですよね。本当にAzamiにしかできないライブをしていると思います。負けないように頑張りたいですね。

 

それでは、今後のシーンの流行について思う所を教えて下さい。

SATOKEN : ライブがヤバいバンドがのし上がって行くと思います。今の時代、音源も大事なんですけど、ライブを見て鳥肌立つくらいのバンドがどんどん上に行っている気がします。

 

LIN : 格上のバンド達は、ライブ映像、例えばファンカムであったりしても、そのヤバさは画面越しに伝わってきますし、その反面自分達がまだまだ出来ていない点も浮き彫りになって、毎回勉強させられますね。

 

今年は日本だけでなく世界進出に向けた活動も行われるかと思いますが、今年の抱負をお願いします。

LIN : 去年海外ツアーを経験して、そこから学んだ事や吸収した事が大きかったので、日本だけじゃなくて、今まで行った事の無い国に行ってみたいです。違う文化、違う音楽聴いて育って来た人達が、小さな島国で生まれ育ったバンドのライブを見て、どう感じるのかを見てみたいですね。アジアだけじゃなく次はヨーロッパ圏にも踏み込みたいです。

 

SATOKEN : 「日本のバンドもヤベェんだ!」という事を感じ取ってもらいたいですね。

 

今後のabstracts様の予定を教えて下さい。

LIN : 丁度来月2月10日仙台を皮切りに、去年Sable Hillsと共同開催したTHE NEW REALITY TOURをまたやる事になりました。今年は今まで行ったことのない街にも行くので非常に楽しみにしています!

 

SATOKEN : 福岡とかね!このバンドで行くのは初めてなんじゃない?

 

ツアーファイナルのTHE NEW REALITY FESTは会場がより大きなclubasiaでの開催になりますね。

LIN : 規模も大きくなって、本当にやりがいを感じています。今回お声がけしたバンドは両バンド共に交流あるバンドにお声がけさせて頂きました。その中でも、THE NEW REALITY FESTの方は「このバンドで無ければ誰が務まるんだ!」といったバンドが多いです。
今回のツアーはある種、僕達にとってここ最近の集大成的なイベントになるかと思います。全てを出し切りたいですね。

 

克哉(ex.Code Rebirth (Gt))のプロジェクトMisanthropistが出演しますね。

 

LIN : Misanthropistは初ライブですね。僕らと同じくプロジェクトとして始まり、今回初めてライブセットでのお披露目になります。

 

SATOKEN : 次にいつ見れるかわからないし、それこそ最初で最期になるかもしれないですね。非常に貴重な機会だと思うので、是非観に来てもらいたいですね。

 

LIN : 克哉曰く、「完全再現」するそうです。僕達自身も非常に楽しみです!

 

-TOPPA!! 読者へのメッセージをどうぞ。

 

LIN : 実は僕達はインタビューを受けるのが初めてで、人によっては、僕達の事をまだまだ知らない方もいらっしゃったかと思います。今回のインタビューで、新たな発見や共感して頂ける箇所があれば嬉しく思います。

 

SATOKEN : 今回のインタビューでもし気になった箇所があれば、是非ライブに遊びに来てください!音源もしかり、僕達はライブにも命賭けてますので。

Comments are closed, but trackbacks and pingbacks are open.