あくとわん インタビュー

あくとわん インタビュー

あくとわん 
メンバー : (LtoR) しゅうてゃん(Gt)けんせい(Gt)りんちゃん(Vo)歌舞伎先輩(Ba)ヒロト(Dr) 

HP : https://act1website.wixsite.com/act1
Twitter : https://twitter.com/ACT1_No1 

あくとわん(ex.ACT1)は2014年結成の日本のお祭り騒ぎ系ロックバンド。 

ラウドでポップ、そしてお祭り騒ぎのような楽曲とライブの楽しさで、地元名古屋を中心に精力的な活動を行なっている。2017年は名古屋最大級のサーキットフェス「でらロックフェスティバル」にて入場規制をかけ、名古屋の野外フェス「FREEDOM NAGOYA」に出演したり、YouTuberプロダクションUUUM所属のYouTuber「東海オンエア」の動画にも出演した。 

そんな彼らは、2018年1月1日に前身バンド名「ACT1」から「あくとわん」に改名し、来たる3月24日に控えた名古屋 大須RAD HALLでのワンマン公演を控えている。 

今回TOPPA!!編集部は、メンバーの音楽的ルーツや、飛躍の年となった2017年の中で思い出深かった出来事、今年の抱負などを、メールインタビューを介して聞いた。 

文 / あくとわん   編集 / 宮久保 仁貴  


 

あくとわん様の各メンバー様の自己紹介をお願いします。 

 

りんちゃん : ボーカルのりんちゃんです!! 

 

ヒロト : ドラムのヒロトです!! 

 

しゅうてゃん : ギターのしゅうてゃんです!! 

 

けんせい : 同じくギターのけんせいです!! 

 

歌舞伎先輩 : 拙者はベースの歌舞伎先輩だよぉ〜!! 

 

一同 : wwwww 

 

バンドの結成経緯を教えて下さい。 

 

ヒロト : 前身バンドのACT1は僕とボーカルのりんたろうが中学の同級生で毎日のように遊んでいてその延長で組んだバンドなんです! 

 

りんたろう : 毎日の遊びの延長でなんか面白いことしたい、カッコいいことをしたいというのがあってバンドを組んだのがACT1のはじまりです。けんせいや歌舞伎が加入するまではアニソンのコピーバンドでした(笑)。 

 

ヒロト : 当時高校生のまわりのコピーバンド達が流行りのバンドをコピーしていて、それを観ていた僕らは人と違う事をしたいって衝動が止まらなかったんです。気がついたら「マジンガーZ」だったり「アンパンマン」だったり、まわりとは違う方向性の曲をやっていました(笑)。そこからけんせいと歌舞伎が加入して、オリジナル曲を作り始めたのが高校3年の頃でした。 

 

りんたろう : バンドの経歴と言われると難しいのですが、二人が加入してくれたところからACT1としてのちゃんとした活動が始まったと思います。活動を始めてから、半年でZepp NAGOYAのステージでライブが出来たり、主催のサーキットフェスを三日連続でやったり、ワンマンライブをやったり……色々経てしゅうてゃん(Gt)が加入して今の形になりました! 

 

今の形になってからも名古屋市長と対バンしたり、バスを借りてバスの中でワンマンライブしたり、衣装も法被になったり、アイドルやラッパーやお笑い芸人などのバンドというジャンルを超えた対バンをしまくったり、平仮名に改名したり……でも思い返すと、根本的には「高校時代のコピバンだった頃の人と違った事をしたい!」という想いが強く、このようなバンド活動を続けてきました。 

  

バンドとしての音楽的ルーツ、各メンバーの音楽ルーツを教えて下さい。 

 

りんちゃん : バンドとしての音楽的ルーツですか。 

 

ヒロト : 楽しい音楽をモットーにやっていますね。ルーツと言われると難しいですが。 

 

りんちゃん : 個人のルーツも結構バラバラなんですよね。僕は基本的に何でも聞きますが、ルーツと言われるとX JAPAN、マキシマム ザ ホルモン、タートルアイランドとかですかね? 

 

しゅうてゃん : 僕のルーツはMICHAEL SCHENKER、VAN HALEN、OZZY OSBOURNEです。 

 

ヒロト : 僕はニューロティカ、Mr.Childrenです。 

 

けんせい : 僕はRED HOT CHILI PEPPERSです! 

 

歌舞伎先輩 : 拙者もレッチリだよぉ〜! 

 

    Comments are closed, but trackbacks and pingbacks are open.