Ailiph Doepa インタビュー

Ailiph Doepa インタビュー

Ailiph Doepa(読み方 : アイリフドーパ)
メンバー : アイガーゴイル(Vo) / レッドジブラ(Ba) / パプリカパプリコ(Gt) / ドナルディーケチャップ(Dr)
HP : http://www.ailiphdoepa.com/
Twitter : https://twitter.com/Ailiph_Doepa
Facebook : https://www.facebook.com/Ailiph-Doepa-288062907911996/
YouTube : https://www.youtube.com/channel/UCnOUnDoONosh75LG63lcCyQ

Ailiph Doepaは2010年結成の恐怖奇天烈変態娯楽音楽集団。その歴史を遡ると……結成前の20世紀は元より……気が遠くなる程の膨大な歴史が彼らには秘められている……らしい(本人談)。彼らの音楽性を流行りの横文字で表現するならば、ミクスチャーやラウドロック、エクストリーム、ポップス、ジャズ、フュージョン、ゴスペル……もはやこの様なジャンルで語ることすら生温い。活動当初から2018年現在に至るまで、”ドーパ節”をブレる事なく貫き続けている。

その特異な音楽性から彼らの事を知るオーディエンスも多いが、近年はSiM主催のDEAD POP FESTiVALにて快演を繰り広げる等、オーバーグラウンドのオーディエンスもその劇薬的存在を認知しつつある。

そんな彼らは満を辞して3rdフルアルバム『OXYGEN』を2018年10月3日にリリースする。本作は彼らが放って来たProject『Air』の一環で放たれた「Millennium Song」「Scary Night」「Machu Picchu」や、数々のシーンを騒然とさせたDisソング「Shimokitazawa」等の過去発表曲や、新曲「Lemon」等も収録されている。既知のドーパファンは勿論の事、これから彼らの世界に足を踏み入れるリスナーも手にすべき禁断の1枚が誕生した。

今回『OXYGEN』をリリース、結成から間も無く8年を迎える彼らに対し、改めてバンドの振り返りやルーツ、本作の聴きどころや近況等を伺うべく、堂々の1万字超えインタビューを実施した。

取材・文 / 宮久保 仁貴  編集 / 松江 佑太郎


 

-TOPPA!!初登場という事で、改めてドーパの歴史を語って頂けますか?

 

アイガーゴイル : 歴史は今年8年目で……紆余曲折、辛いことも哀しいこともいろいろありました。でも過去は振り返らない主義なんで。

 

-思い返せば、皆さんは大学で出会ったということですが。

 

アイガーゴイル : そうです。それを知ってれば十分、100点満点です。音大生のエリート集団です、我々は。音楽理論を蹂躙してます(笑)。

 

-1st2ndアルバムは大学の学内で作ったため、版権が大学にあるという話を聞きましたが。

 

アイガーゴイル : 大学にいた頃に1枚目と2枚目を作ってしまうという過ちを犯してしまって、それはバンドの経歴の汚点かなと(笑)。音も良くないし、アレンジもちゃんと出来てないし……授業の一環でレコーディングみたいなのがあったんですけど、それで録ったものを商品として発売してしまったので、ミスったなと。

 

パプリカ : メンバーも今の形に揃う前ですよ。

 

アイガーゴイル : パプは俺達が大学卒業するギリギリで入ったんで。前のギタリストのマムゼルは寿司握るからって辞めて、今は寿司も辞めて幼稚園で子供たちと遊んでます。ただ、音楽性の変化はいろいろあったようでなかったかもしれないですね。ヌルヌル、じわじわとマイナーチェンジしてきたバンドなので、そんなに劇的な変化っていうのはなかったです。「Shimokitzawa」とか意図的にやったものはありますけど……基本的にはそれぐらいで、バンドの方向性をガラッと変えようとかそういうのはなく、俺のやりたいことをやってくれる、バファリン並みに優しい人たちで構成されてます。

 

ちなみに、Ailiph Doepaの名前の由来はどういった所から決められたのでしょうか?

 

アイガーゴイル : 某雑誌で語ったような気もしなくもないんですけど、幼児性愛者、ペドフィリア(paedophilia)のアナグラムです。もともとPaedophiliaって名前でやってて……。

 

初めて知りました!

 

ケチャップ : 紀元前ぐらいの話ですね。

 

アイガーゴイル : 学校の先生に、「その名前でやってくつもりなの?海外行ったら即干されるよ。」って言われて、確かに「Paedophilia ライヴ映像」って書いたディスクを俺のイギリスの実家に持っていって、「俺のライヴだから見てくれ。」って言ってCD渡したらすげえみんな苦笑いしてました……(笑)。まあそういうことなんだろうなと。だから名前変えようかってことになって前のギタリストが変えました。俺は3ヶ月くらいずっと反対してたんですけど(笑)。俺がもう1個アナグラムでアイドルヒポッパっていうのを考えたんですけど即却下されて、まあ覚えづらいけどAiliph Doepaでいいやってなって。

勝手なイメージですけど、今のリスナーの人って読めないものを調べないというかそのまま読んじゃう癖があって、アイリスドーパーとか、アイリッシュドーパとか、アイリフェドーペとか、アイリグドーパとか、絶対そう読めないでしょ、なんでphなのにグって読むんだよみたいなのが結構あったりして(笑)。そういう憤りみたいなものもあったんですけど、今はもうなんでもいいです。肝心の外人から正しく読まれないのでちょっと困ってるんですけど(笑)!先日共演したSENSHI(SRB)から「何て呼べばいいんだ?!」って言われました。改名しようかなとも思ったんですけど……良い名前も思いつかないのでしばらくこれでやろうと思います。造語だし、バンド名で人を選ぶようなバンドって逆に良いかなって。WANIMAみたいにスッと読めて、名前も読みやすいし音楽も聴きやすいみたいなのじゃなくて、俺らは音楽がまず人を選ぶので、なおさら名前の時点で人を選ぶバンドかなというところで、ある種分かりやすくていいのかなと。バンド名に関しては特に思い入れはないです。僕が作った名前でもないので。意味もないです。

 

ケチャップ : もう片方の案は初めて聞いたよ(笑)。

 

アイガーゴイル : アイドルヒポッパね。アイドルでヒップホッパーって良くない、みたいな。もしそれだったら、もっとヒドイことになってた(笑)。

 

(笑)。そういえば、今年で始動から8年を迎えられますね。昔から今までドーパの音楽性は一切のブレを見せていませんね。改めて、バンドとしての音楽性を深堀すべく、皆さんの音楽的ルーツを教えて下さい。

 

アイガーゴイル : 逆にブレ過ぎてブレてないように見えてるみたいな所ありますけどね。音楽的ルーツとしては、僕はSYSTEM OF A DOWNが大好きなので、動きもそんな感じになっちゃってます。あとはMike Patton関係も好きです。シンプルに言うと……音楽性としてはSOAD、ヴォーカリストとしてはMike Pattonを意識してます。あとは、00年代のニュースクールハードコア、ミクスチャー。Ill Niñoとか、他には……色々居過ぎて名前がぱっと出てこない。

 

パプリカ : それは好きじゃないってことでしょ(笑)。

 

アイガーゴイル : いやいや(笑)。他にはCOAL CHAMBERとかStatic-XとかPRIMUSとか、そこら辺ですね。ちょっと変態チックな、古き良きラウドロック。今の、やたら裏打ち入れてくる感じじゃなくて、普通に縦ノリできる感じの、ちょっと芋くさいやつが好きですね。

 

ケチャップ : 僕は最初は全然洋楽を深く掘ってこなくて。基本的に邦楽ロックとか、メロコア、ハードコア界隈に囲まれて育ちましたね、地元は山梨なんですけど、そういう感じでした。ドラマーとしては、ビート感の根本にいるのはB’zだったりするんですけど。Shane Gaalaasとか。今は大分、Eric Mooreとか黒人さんが好きで。そういう風にうじゃうじゃっと混ざった感じで……ただ、特に誰っぽいっていうのはなくて、自分に落とし込んでく感じでやってます。

 

パプリカ : パンクと、ギターがうるさくない音楽が好きですね。ピアノトリオとか民族楽器とか、もしくはパンク。プレイヤーとしては、中高生の時ゴリゴリに真似したのはGREEN DAYとHi-STANDARDですね。あとはアイガーゴイルとちょっと似てますね。SOADも大好きですし。ゴリゴリに重い2000年代の古き良きNu Metalですね。

 

レッドジブラ:ぼくはおんがくならなんでもすきだジブ!!

 

なるほど、ありがとうございます。改めまして、この度は新作『OXYGEN』のリリースおめでとうございます!タイトルはどのような意味で付けたのでしょうか。


【リリース情報】

【タイトル名】
『OXYGEN』

【発売日】
2018/10/3 発売
購入 : http://amzn.asia/d/6QAF3o8

【価格】
3,000円(※税別)

【収録曲】
1.Machu Picchu
2.Melt Bitch
3.Poseidon
4.Mashed Potatoes
5.Shimokitazawa
6.Lemon
7.Mars
8.Nile
9.Golden Beggar
10.Sparkling Pussy
11.Rainy Tip
12.Scary Night
13.Say Ho!!
14.Millennium Song


    Comments are closed, but trackbacks and pingbacks are open.