BLACKNAZARENE インタビュー 

BLACKNAZARENE(読み方 : ブラックナザレ)
メンバー(LtoR) : 清乃希子 / 冬野あゐく / 南向いずみ / 戸田ころね / 村田実果子

Twitter : https://twitter.com/blacknzrn
Instagram : https://www.instagram.com/blacknzrn/

BLACKNAZARENEは2018年3月26日、所属レーベルBABYTRACKS主催の「baby’s show vol.1」にてデビューした新進気鋭の5人組アイドルグループ。コンセプトが「THUGxkawaii」と、他のアイドルグループとは異色の存在感を持つ彼女達。先日4月12日に下北沢ERAで開催した単独公演「洗礼vol.1」は見事ソールドアウトと、始動から一ヶ月経たずして怒涛の勢いで成長を遂げている。

今回TOPPA!!編集部は、彼女達に対し、グループ結成の経緯やグループ名の由来、彼女達の音楽的側面を聞くべく、初の単独インタビューを行った。

取材・文 / 宮久保 仁貴   編集 / 鹿野 貴大   写真 / 美月リカ、遊馬耕平


 

-TOPPA!!初登場ということで、グループ結成の経緯を教えて下さい。

 

村田実果子 : 元々私がとあるグループでアイドル活動をしていまして、そのグループが解散して手持ち無沙汰になった時期があったんです。ある時、私がBLACKNAZARENEのプロデューサー兼BABYTRACKS代表の美月リカちゃんとご飯を食べている時、「何かやろうよ!」という話になりました。その後、リカちゃんがあゐく、いずみ、ころねに声をかけて、私が前グループのメンバーのキコに声をかけて、5人が集まりました。

 

-そこから今年3月にBLACKNAZARENEは始動されたわけですが、今いろんな意味で急激な勢いで知名度を上げていますね。このBLACKNAZARENEというグループ名の由来を教えてください。

 

村田実果子 : フィリピンにブラック・ナザレというお祭りがあるんです。そのお祭りでは昔、船が火事になったときに黒焦げになったキリスト像が残ったという逸話があって、その黒いキリスト像が一年に一度台車に乗せられて、街を練り歩かというお祭りの事を指すんです。台車に触れた人は幸せになれるとかいう言い伝えもありまして、そのお祭りにはフィリピン中から何万人という人がやってくるんです。そんなお祭りのように私たちを見に来るお客さんが溢れかえるようになれば良いなあ……と意味が込められています。

 

戸田ころね :BLACKNAZARENEを一目見るために死んでも良い……と思わせられるほどの存在になりたいですね!

 

-グループのコンセプトが「THUG×Kawaii」と他のアイドルグループと比べてパンチがありますが、どういう意図が込められていますか?

 

村田実果子 : THUGという言葉はストリートカルチャーやHIPHOPなどでは「悪い」という意味です。今までのアイドルグループは女の子の可愛い部分だけで作られているグループが多かったと思うんです。そこで、私たちはそれだけではなくて、女の子の「悪さ」だったり「強さ」の部分を押し出していきたいなと思ってこのコンセプトにしました。そういった魅力をロックテイストな音楽とともに表現したいと思っています。

そして、グループ自体は尖ったイメージなんですけど楽曲はポップな感じになっているので、ロックテイストの曲を聞いたことない人でも聴きやすいものになっていると思います!

 

-確かに「悪さ」、言い換えるならダークヒーロー的な要素を持ったアイドルは今までいなかった様に思います。そんな皆さんの熱烈なファンの方々の名称は何と呼ぶのですか?

 

全員 : アドマイラー(※崇拝者)と言います!!

 

-中々強烈な名称ですね!ところで、皆さん各個人が影響を受けてきたアーティスト等、音楽的側面をお聞きで出来れば、と思います。

 

南向いずみ : 今まで聞いてきた音楽は父の影響で圧倒的に洋楽が多くて、その中でも昔のロックとかメタルとかが好きでですね。特にLAMB OF GODが大好きです。ステージに立つという点において、日本ではアイドルって可愛いだけで実力が追いついてない人が多いっていうイメージを持たれがちだと思うんです。でも、アメリカのARIANNA GRANDEとかってめちゃくちゃ可愛いけど歌もダンスもすごく上手いじゃないですか?だから私も可愛くて歌もダンスも完璧にこなせるアイドルになりたいですね。

 

冬野あゐく : 私は小学生の頃からずっとPerfumeを聞いていました。ライブのDVDとかも見たりしていて。キレッキレのダンスがめちゃくちゃすごくて、当初はPerfumeそのものになりたいなと思っていました。最近はK-POPを聴いてるんですけど、MAMAMOOという4人組女性アイドルグループが好きですね。メンバーの中にラッパーがいたりして、あとはメインボーカルとコーラスがいるんですけど、スキルが非常に高くてR&Bみたいな感じなんですよ!

 

村田実果子 : 私の親が音楽が好きで、子供の頃からサザンオールスターズや浜田省吾さん、あとは吉田拓郎さんなんかを聴かされて育ちました。自分から好きで聴いていたのは椎名林檎さんとかですね。色々聴くんですけど……パッと聴いた時に、「この曲は〜っぽいな!」とかすぐにわかるような世界観を持っているアーティストが好きです。

アイドルの中だとハロー!プロジェクトさんのアイドルグループが好きですね。すごく表現力が高いと思います。推しメンはもう引退してしまったんですけど、ももちこと嗣永桃子さんで。でも見ててすごいなと思ったのは高橋愛さんですね。歌もダンスも上手で、なにより彼女は小柄なんですけどステージに立つと大きく見えるんです。そこが凄いと思います。私も見習いたいです。

 

清乃希子 : 私は小さい頃はあまり音楽にハマらなくて、特に影響を受けたようなアーティストさんもいなかったんです。でもアイドルをやるようになってから、色々音楽を聞いたり、研究するようになったので、これからハマったり衝撃を受けるアーティストさんが数多くいます。ちなみに最近聴いているのはモーモールルギャバンです。

 

戸田ころね : 私のお母さんが生粋のジャニーズファンで、私もその影響で小学生の頃からKAT-TUNのファンでずっと聴いていました。今は脱退してしまったんですけど赤西仁さんがKAT-TUNの中でもパフォーマンスが一番好きですね。歌もハモりを入れながら、キレキレのダンスもこなせるっていう感じがすごく好きです。赤西さんの歌い方がやりたくて真似してました。そんな感じでジャニーズのロックテイストの曲がすごく好きで、中学の時に軽音部に入ったりしてバンドマンになりたいと思っていた時期もありました。最近一番聴いているのはパノラマパナマタウンというバンドでいい意味で古臭さがあるところが好きです。他はYUIさんやMy Hair is badやクリープハイプは端から端まで好きです。そんな感じで、元々音楽の趣味がバンド一色だったので、歌い方とかパフォーマンスがバンドすぎる!という風にメンバーによく言われたんです(笑)。それでアイドルのパフォーマンスを研究中なんですが、ハロー!プロジェクトさん、特にBerryz工房さんから多くの事を学んでいます。

 

-皆さんそれぞれの音楽ルーツをお持ちなんですね……!ところで、先日3/26に下北沢SHELTERにて所属レーベル「BABYTRACKS」の主催イベントに出演されましたね。初ライブの感触はどうでしたか?

 

南向いずみ : 私は初めてアイドルとしてライブをやったんですけど、BLACKNAZARENEってその頃は曲をまだネット上で公開してなかったんですよね。それでも現場に足を運んでくださったお客さんは、初めて聞く曲でもノリ方がすごく纏まってて、すごいなと思いました(笑)!

 

戸田ころね : よく、新グループのお披露目のイベントって本当に満員になることは少ないんです。でも、BLACKNAZARENEのお披露目は満員で、お客さんも知らない曲に対しても熱く盛り上がってくれて大成功以外にないんじゃないかなって思いました。

 

南向いずみ : 本当レーベルのファンの方々のおかげだよね。

 

-そこから間髪入れずに4/12には初の単独公演「洗礼vol.1」を行われましたね。BLACKNAZARENE2度目のライブとなる本公演はソールドアウト、大盛況に終わりましたが、この日の手応えは如何でしたか?

 

冬野あゐく : 3/26に続き2度目のライブもソールドアウトしたことがとても嬉しかったです。

 

村田実果子 : 手応えというより、これからが楽しみだなと思いました。まだライブ回数が少ないのもあって、みんな盛り上がり方がばらばらですが、これからライブを重ねてひとつになったら、更に楽しくなりそうだなと思います。私自身も今はまだ曲に慣れてないこともあってダンスや歌に必死なので、これからダンスも歌もフロアも余裕持ってガンガン盛り上げていけたらなと思います。

 

戸田ころね : デビューライブを終えてから2回目のライブがまさかのワンマン、そして新曲披露。焦りとワクワクが入り混じって当日までにおかしくなりそうでしたが(笑)、当日は目を疑う程人に溢れた会場と大きな声援、私達のライブで感動してくれるアドマイラー一人一人の存在を感じ、とても幸せな気持ちになりました。女の子は無料にしていたのもあって、当日は女の子ファンが多かったにも関わらず、ナザレ独特のロックサウンドに会場にいる皆が沸いてくれて素直に嬉しかったです。

新曲「WILL」の披露が一番心配だったのですが、ステージに立ってしまったら楽しくてしょうがなかったです。新曲披露というのは「まだ誰も知らない曲をステージで歌う」という事で、私個人的にはその”新曲披露”という瞬間がとても素敵なものだなと思っているんです。そんな新曲を初めて聴いてくれたアドマイラーの皆さんが『新曲がすごい良かった!!』と終演後に伝えてくれたのがとても嬉しくて、グループやメンバーだけではなく、楽曲まで好きで居てくれているんだなぁと改めて感じ、初めてのワンマンライブ「洗礼vol.1」は素敵なイベントに出来たかなと思いました。

 

清乃希子 : 4/12はBLACKNAZARENEの2回目のライブだったのですが、初ライブの日は緊張と、ミスへの恐怖でいっぱいいっぱいで、正直、ステージングに関して記憶がなくて(笑)!2回目のライブでは良い意味で緊張しすぎず出来たので課題がたくさん見えて、かなり落ち込みました!
けど、課題がたくさん見えたって事は次からそこをもっと良くできるし、これからもたくさん落ち込んでどんどん良いライブに繋げて行きたいと思います!
フロアも2回目という事でみんな各々の楽しみ方をしてくれていて、これからどんどん楽しい現場になるなって確信しました!

 

南向いずみ : まずは足を運んでくれたファンの皆さん、ありがとうございました。
手応えというより、前回よりもメンバーも観客の皆さんも一体感が増していたことが何より嬉しかったです。トーク中ファンの皆さんを見て緊張する、というよりはみんなの姿を見てホッとしました。

 

-だんだん皆さんのスキルもそうだし、アドマイラーの結束力が高まって来ていますね!楽曲について触れますと、先日iTunes及び各種配信サービスにて、楽曲「GAME」「WILL」「first light」が公開されましたね。こちらの聴きどころをメンバー視点で語って下さい。

 

iTunes DLページ : https://itunes.apple.com/jp/album/game/1383270004?i=1383270006

 

冬野あゐく : 4月12日のライブで披露した新曲「WILL」は英詩になっているのですが、慣れるまでとても大変で、発音なども難しかったです。ただ、私は既存の曲で一番かっこいいなと思ってるので、歌詞の意味を大切にしながらこれからもっとかっこよく歌い上げたいなと思っています。

 

村田実果子 : 「GAME」は一番今のBLACKNAZARENEっぽいメロディなんではないかと思ってます。
一番キャッチーで耳に残りやすいので、「BLACKNAZARENEといえばGAME」という印象をつけれたら嬉しいです。
「first light」は歌詞が特に好きで、それぞれの歌声を生かした歌割りになってるので、歌詞に注目しながら歌をきいてほしいです。
「WILL」は特にサビの振り付けが好きで、踊っていてとても楽しいです。サビの振り付けみんなに真似してほしいと思ってます。

 

戸田ころね : 「GAME」と「first light」は私達ナザレのデビュー曲なので「ナザレがスタートした曲なんだな!」と思って聴いて欲しいです。ナザレメンバー皆歌が上手く、一人一人の歌声にも特徴があるのでメンバーの歌声もじっくり聴いて欲しいなと思います。

「GAME」の聞きどころはやはりサビかなと思います。メンバーが歌い上げるメロディが格好良いです。アウトロが個人的にはとても好きです。「GAME」は三曲の中でも一番ダンスの振り付けが難しかったのでダンスも見所かなと思います。新曲「WILL」の振り付けも激しいのですが、アドマイラーの皆さんが真似できる簡単な振り付けになってるので、是非サビで一緒に踊れたら楽しいかなって思います。

「first light」は三曲の中でも一番落ち着いた曲なのですがアドマイラーの皆はこの曲が結構好きみたいで。確かに三曲の中で一番MIXやコールがしやすい構成になってるので楽しいです。切ない歌詞が特徴の曲ですが格好良さもあり、”聴く音楽”という感じなので、是非音源化されたら沢山イヤフォンで聴きたい曲だな、と私は思います。

新曲「WILL」は兎に角メンバーが苦戦した英詞の曲になっていて沢山練習しました。メンバーの中で英語が出来るのはいずみのみだったので、皆でいずみに教えてもらいながら覚えました。なので皆が頑張って覚えた英詞を注目して聴いて欲しいですね。曲調は一番激しく格好良い曲なのですが歌詞が自分の今いる場所から必死にもがいて抜け出そうとしている、戦おうとしている前向きな曲なのでそう言う意味も皆に届くようにもっと歌っていけたら良いなと思います。私は個人的に「WILL」が一番好きです。

 

清乃希子 : 曲に関しては、ナザレとして本格的にレッスンに入る前から今ある三曲はデモでもらってたのですが、一番ビビッときてたのは「first light」です!他の二曲とは少し雰囲気が違って、自分的には「アニソンぽいな!」と思いました!儚さと疾走感、両方が混ざっていて、言葉にはし難いですが……そんな印象を受けました!この曲はワンマンとかした時に終盤で歌ったら泣いてしまいそうな感じで、一番私の中で感情が入れやすい曲でした!この曲はとても見どころのある部分でパートが貰えたのでライブではそこに注目してください(笑)!

次は「GAME」。この曲は一番ナザレっぽいな、となんとなく感じた曲でした!可愛いだけじゃない女の子の強い部分が感じられる曲です。特にいずみちゃんの芯のある歌声が際立ってて大好きです!

ラストは「WILL」。この曲は何と言っても全英詞!!一番覚えるのに苦労しました……(笑)!リズムの当て方も、今まで触れてきたことのない洋楽っぽいところもあって、多分メンバーみんな一番難しいと感じた曲です(笑)!けどその分、細かいところまで、聴きこめて、自分の中ではスルメ曲だと思っています!アイドルの曲として、この曲は珍しい部類だと思いますが、聴けば聴くほど魅力的なので、是非沢山聴いて欲しいです!

 

南向いずみ : 4/12は「WILL」初披露ということで、メンバーみんな袖でドキドキしていました。
曲の聴きどころは、「first light」は何と言ってもメロディです。メロディアスだけど切なくて、歌詞とぴったりの曲だと思います。
「GAME」はなんといっても大サビですね!曲だけでなく、歌っていないメンバーもガツガツ踊っている場所なので見所です!
「WILL」はナザレ初の英詞です!音源や歌詞が公開されたら、歌詞の意味にも注目して聞いてもらえたら嬉しいです。

 

-音源化が楽しみですね!ありがとうございます!話は脱線するのですが最近聞いた中でかっこいいと思ったアーティストさんを教えてください。

 

村田実果子 : サンボマスターがヤバかったですね!ライブの説得力が半端ないです。あとはマキシマムザホルモンのライブ映像で海外でライブしたときにメンバーが「かめはめ波!」って言うんですけど、海外のお客さんが一緒にそれを大声で言ってるところがあって、言葉の壁を超えていて素敵だなと思いました。

 

 

南向いずみ : 女性が歌ってるヘヴィなロックが好きなんですけど、最近はHYDROVIBEとEVANESCENCEのダークな感じがかっこいいなと思いました。

 

-皆さんは今後のアイドルシーンはどうなっていくと思いますか?

 

清乃希子 : 今までバンド主体のフェスにアイドルって出てなかったんですけど、最近はどんどんフェスにアイドルが出るのが普通になってきているじゃないですか。その中でバンドを好きな人たちが聞いても好きになってくれるような曲を重視したアイドルが多くなって来ていると思います。そういうのが切磋琢磨されていってどんどん良い曲をやるアイドルが増えていって、もっとバンドと共存していくようなシーンが増えればいいなと思います。勿論私たちもその中の一つになれれば良いなと思います!

 

村田実果子 : 今まで国民的なアイドルって、モーニング娘やAKB48みたいに王道のタイプのアイドルだったと思うんです。ロックテイストのアイドルだと、今BiSHがかなり来てたりすると思うんですけど、国民的なアイドルとかと比べるとまだまだ差はあると思います。なので、私たちがそういうアイドルの中で先駆け的な存在になれたらいいなと思いますね。

 

-グループとして、今後BLACKNAZARENEはどんどん頭角を現していくかと思いますが、今後の目標を教えてください。

 

冬野あゐく : 目標……とりあえず、アドマイラーを増やしたいですね!

 

戸田ころね : 私たちをもっと色んな方に知ってもらいたいですね。あとは早いスピードで大きい舞台まで辿り着きたいなと思います。

 

村田実果子 : 海外に行きたいですね。将来はアメリカのApollo Theaterでライブをやりたいです。BRUNO MARSやBEYONCEみたいにハーフタイムショーやりたいです……!

 

清乃希子 : ロックフェスに出たいです!!

 

-皆さんのガッツが伝わってきました……ありがとうございます!それでは、今後の予定を教えてください。

 

村田実果子 : 6/5はGirls Music Fest Vol.1、6/17には名古屋のmistress主催のmist fesに出演します。これから更に精力的に活動して行くので、気になった方は是非私たちの事をチェックして下さい!

 

-それでは最後に、TOPPA!!読者にメッセージをどうぞ!

 

全員 : せーの……!BLACKNAZARENEを好きになって、アドマイラーになりませんか?

 


 

【BLACKNAZARENE サイン入りチェキ プレゼントキャンペーン】

[応募要項]
2018年5月16日(水)21:00〜2018年5月23日(水) 23:59 までの間に、
下記(1)-(2)の項目を行って頂いた方の中から、
抽選で1名様にBLACKNAZARENE サイン入りチェキをプレゼント致します。

(1)TOPPA!! Twitterアカウント@TOPPA_MEDIA上の該当Tweetをお持ちのTwitterアカウントにてRT
URL : https://twitter.com/TOPPA_MEDIA/status/996721927313014784
(2)TOPPA!! Twitterアカウント@TOPPA_MEDIAをお持ちのTwitterアカウントにてフォロー
URL : https://twitter.com/TOPPA_MEDIA

※当選後、ご指定頂いた住所への送付が可能な方のみご応募ください。
個人情報につきましては、プレゼントの発送以外には使用いたしません。
※同一人物による複数のお申し込みが発覚した場合、ご応募は無効とさせていただく場合がございます。

[当選者発表]

当選者発表は2018年5月29日(火)20:00を予定しております。
当選者をTOPPA!! Twitterアカウントにて発表後、 同アカウントから当選者様のTwitter宛に、プレゼント発送の詳細をDMにてお送り致します。