Concealments(コンシールメンツ) インタビュー

Concealments(コンシールメンツ) インタビュー

Concealments(読み方 : コンシールメンツ)
メンバー : Anz(Gt) Maruyama(Ba) Tamaki(Gt) Kano(Vo) Daisuke(Dr)
Twitter : https://twitter.com/concealments
Bandcamp : https://concealments1.bandcamp.com/

昨今、海外は勿論日本のラウドシーンにおいて、そのサウンドを確立させつつある叙情ハードコアサウンド。日本のシーンを見てみると、様々なバンドが音楽的に海外バンドを聴いていたり、インプットに共通のバックグラウンドを持ちつつも、彼らのアウトプットするサウンド・プレイスタイルは各々独自の色が出ていて非常に興味深い所だと言えよう。

今回TOPPA!!編集部は、東京・町田出身、2017年3月に初の1stフルアルバム『The Watershed』をリリースし、過去Gideon(USA)との共演やKEEP AND WALK FEST 2017に出演等、若手バンドの中でも精力的に活動するConcealments、その中でもバンドの核を担うGtのTamakiとVoのKanoにインタビューを試みた。

取材・文・編集 / 宮久保 仁貴  写真 / 秋和 杏佳


 

-Concealments結成の経緯、及び今までに至る経歴を教えて下さい。

 

Tamaki : 結成にあたって、最初に声を上げたのは僕ですね。Concealments結成前にもバンドをやっていまして、それは上手く行かず解散という流れになってしまったんですが、自分自身またバンドをやりたいという気持ちがありまして。そこから当時の仲間達と一緒に、当時聴いていたイージーコアやメタルコア、メロコアを混ぜた音楽が出来ればと思い、メンバー集めをしました。当時2013年9月にHELL YEAH!! FESTというイベントがありまして、その時に出演者だったKanoのステージを初めて観て、一緒にバンドをやろうと誘いました。そして、ライブ活動を始めたのが2014年の7月からですね。曲作りにあたって、彼が持つ豊富な知識の影響は大きかったですね。

 

Kano : 入った時は、HER NAME IN BLOODなどに影響を受けたオーソドックスなメタルコアがやりたいという話だったんですが、シーン自体にそういったメタルコアが多く、埋もれてしまうのではないかと思いました。そこで僕自身TAKENやCounterpartsなどを聴いていたので、Tamakiにこれらのバンドの名前を投げてみて、その時から、そういう方向性でやっていこうと決まりました。

メンバーに関しては、音楽性のソリが合わず、中々安定しなかったんですが、開始1年くらい、2015年辺りで今のメンバーが出揃いましたね。といっても、Gtはこの間変わったばっかりですが。こう話してみると、もう今年で活動を初めて、約3年とちょっとばかし経過しましたね。

 

-Gtにex.Envisioned / Sadness, Lost ThingのAnzさんが加入しましたよね。

 

 Kano : そうですね。僕と同い年で聞く音楽も近かったりと親交があったんですが、彼がもともとやっていたバンドが解散することになって、尚且つConcealmentsからもギターが抜けることが決まったタイミングだったので、僕から誘ったら快く引き受けてくれました。なので加入はごく自然な流れだったかと思います。彼はメタルコアバンド出身で、今までメンバーの中に僕以外メタルを聞く人間がいなかったので、個人的に嬉しいのとメタリックな要素など音の方向性のレンジが広げられれいいな、と思います。

 

-BaのMaruyamaさんはKanoさんの後輩ですよね?

 

 Kano : その通りです。そもそもConcealmentsが初ライブをする際、当時のBaが抜ける事になって、口コミで誰かいないか探していたんです。それと同時に、音楽性をツインボーカルスタイルにシフト出来たら良いなとも思っていて、僕とは対照的にメロディも歌えるカジュアルなメンバーがいればと思っていました。

元々Maruyamaは僕の入っていたHEATWAVEというメタルサークルにVoとして入って来たんですが、学内のライブでSUM 41を彼がBaでコピーした時がありまして、そこでBa/VoでConcealmentsやってみない?と引きずり込み、今に至ります。ベーシストとしてはまだまだ発展途上な感じがありますが、ボーカルとしてはシャウトから、かなりハイトーンの音域のメロディまで歌えたりとポテンシャルは高いと思っています。余談ですが、それ以前はEarthists.のShugoにサポートを頼んだりしていました。

 

-clubasiaでのライブで、途中Baを投げ出し、ツインボーカルスタイルになる動画がバズっていましたね。

 

 

 Kano : そんな事もありましたね。最初僕も気づかなくて、気づいたらBaを横に投げ出してマイク持って歌い出したんで、こいつ何してんだ?と驚きましたね(笑)後から聴いたら、機材トラブルで音鳴らなくなって、このスタイルをとったという事だったんですが、偶然のトラブルで僕達の目指したいスタイルが色濃く出たなと思っています。ツインボーカルのスタイルを取り入れようと思った要因の一つに僕は柏のKamomekamomeを崇拝しているんですが、ボーカルの向達郎氏とベースの中瀬賢三氏のシャウトの掛け合いがとても好きでかなり影響を受けているんですが、後でこのトラブルの時の動画を見返すと、より深く感じましたね。

 

Tamaki : Drに関しては、僕の大学の同級生のDaisukeが叩いています。元々前のバンドを一緒にやっていた事もあり、そこからの流れになります。 学部学科も一緒で、所属していたサークルがex.MergingMoonのTakuが設立したNaked Wednesdayというメタルサークルだったんですが、ここも一緒で。

 

Kano : TamakiもDaisukeも元々はメロディック畑で活動していたので、こちらのシーンは当初凄く新鮮だとよく言っていました。

Comments are closed, but trackbacks and pingbacks are open.