ダイナ四バンド インタビュー

ダイナ四バンド インタビュー

ダイナ四バンド(読み方 : ダイナシバンド)
メンバー(LtoR) : ダイナ一(Gt) / ダイナ三(Ba) / ダイナ四(Dr) / ダイナ二(Gt)
Twitter : https://twitter.com/uraotoko_r

このページをご覧頂いている皆さんが初めて触れたゲームは何だろうか?FINAL FANTASYシリーズ?DRAGON QUESTシリーズ?はたまたSAGAシリーズ?あるいは任天堂派……?そんな数々のゲーム音楽を見事にアレンジしているのが、今回ご紹介するダイナ四バンドだ。

元々はニコニコ動画やYouTube上にて「叩いてみた動画」で名を馳せていたリーダーのダイナ四(Dr)が発起人となって始まったこのバンド。彼の元に集まったダイナ一(Gt)、ダイナ二(Gt)、ダイナ三(Ba)、彼らもまた超絶技巧の持ち主なのだ。バンドとしては、近年は2018年2月17日に「第一回!チキチキ!世紀のゲーム音楽大合戦!」@初台DOORSを主催し、ゲーム音楽バンドシーンを牽引するかのオーラを放っている。

今回TOPPA!!編集部は、バンド結成の経緯や彼らの音楽とゲームのルーツ、バンドの近況等を覆面越しで話を聞いた。

取材・文・編集 / 宮久保 仁貴  写真 /添田晃史


 

 

-いつからWEB上に演奏してみた動画をアップされたのでしょうか?

 

ダイナ四: 一番初めは2013年9月21日にニコニコ動画にアップしたビッグブリッジの死闘ですね!その後、2014年になった時にYouTubeに試しでアップしてみると、こちらの反響も良かった為、今現在は両サイトで動画をアップしています。

 

 

-最初のアップロードから約5年が経ちますね!覆面マスクスタイルで活動されたきっかけはございますか?

 

ダイナ四 : そこに関しては、僕自身ダイナマイト四国が好きなんです。名前の「ダイナ〜」、そしてこの覆面マスクは敬愛しているダイナマイト四国から来ています!最初、顔出ししない方法を考えた際、色々考えたんですよ。例えば、安易に馬マスクを被ろうとか(笑)。ただ、それだと普通過ぎるな……と思いまして、自分の好きなダイナマイト四国をモチーフに今のスタイルを確立しました。

 

-そんなエピソードがあったんですね!それでは、今のバンドスタイルになったきっかけを教えて下さい。

 

ダイナ四 : 先述の通り、元々はドラム動画をネット上にアップするだけで完結していまして。ただ、どうしてもバンドでやりたいなと漠然に思っていたんです。そして……気がついたらダイナ一、ダイナ二、ダイナ三を橋のたもとで拾い上げ……(笑)、現在に至ります。初ライブは今から約2年半前の2015年10月17日でして、そこから2ヶ月に1本ペースでこの4人でライブを続けています。今も昔も変わらず、ずっとゲーム音楽を奏でています。

 

-橋のたもとはかなりアグレッシブですね(笑)!そんな皆様の音楽的ルーツを教えて下さい。

 

ダイナ三 : 元々はMarcus Millerなどのフュージョンを元々聴いて育ったんですよ。その反面、激しめなサウンドも並行して聴いて育ちました。ダイナ四バンドでは彼のアレンジに合わせて、よく16部刻みでプレイしています。
最近はDjent界隈のバンドをよく聴いています。

プレイヤーとしては、ex.PERIPHERYのAdam “Nolly” Getgoodから影響を受けていますね。サウンド面というよりは、彼のベースプレイに影響を受けています。今使っている竿も彼と同じくDingwallですし。

 

ダイナ一 : 自分も同じく、ダイナ四のアレンジに合わせてプレイしています。ただ、自分の畑としては、メタル寄りというよりは、どちらかというとハードロックやミクスチャー寄りではありますね。日本だとSIAM SHADE、海外だとLINKIN PARKやAEROSMITH、RED HOT CHILI PEPPERS、RAGE AGAINST THE MACHINE辺りがルーツとなります。

プレイヤーとしてはLUNA SEA / X JAPANのSUGIZO(Gt)、RAGE AGAINST THE MACHINEのTom Morello(Gt)、RED HOT CHILI PEPPERS のJohn Frusciante(Gt)からの影響が強いですね。

 

ダイナ二 : 元々布袋寅泰が好きで、そこからギターを始めました。自分はどちらかというとテクニカル思考が強くて、MR.BIGのPaul Gilbert(Gt)に強く影響を受けています。また、ダイナ1と同じく、日本のバンドだとX JAPANやSIAM SHADEを敬愛しています。ダイナ四バンドではゲーム音楽の旋律を重要視しつつ、ダイナ四のアレンジに忠実に沿ってプレイしています。

最近はギター講師の西尾和矢さんのプレイを参考にしています。
彼のプレイはとてもユニークなんですよ!

 

 

ダイナ四 : 自分がドラムを始めたきっかけは、X JAPANのYOSHIKI(Dr)さんに憧れた事がきっかけです!彼の影響からヴィジュアル系だの色々やった挙句、ハードロックに目覚めました。JOURNEY、VAN HALEN、HAREM SCAREMなどなど……80年代-90年代のハードロックが好きになり、その後、
STRATOVARIUSやHELLOWEENなどの元祖パワーメタルを聴いて育ちました。そんな中、ゲーム音楽はずっと前から大好きだったので、「これドラムで叩きたい!」と思い、動画を上げていったら……今に至ります(笑)。

 

-そんな皆さんのルーツとなったゲーム作品を教えて下さい。

 

ダイナ三 : ベースを始めた当初と同時に、FINAL FANTSY Ⅵをプレイする機会があったんですよ。世界崩壊後のワールドマップのBGM……「仲間を求めて」が一番好きですね。ゲーム音楽のベースの旋律って、昔はmidiとかで作られた曲が多かったので、運指やコード進行等複雑な曲が多かったんですよ。そういったゲーム音楽もコピーした事で、今のプレイアビリティ、音楽理論の知識等に繋がっています。

 

ダイナ一 : 小さい頃、家にファミコンがありまして、主にマリオやドンキーコングなどの任天堂との出会いがゲームを始めるきっかけでした。
ゲーム音楽になると、ダイナ四バンドに入る前にマリンバでFINAL FANTSY Ⅵの「決戦」を弾いていらっしゃる方を見たんですよ。そこで自分も耳コピしてみようと始めたは良いものの、これはめちゃくちゃ難しいな!と実感しました。その時、昔プレイしていたFINAL FANTASYの思い出が沸々とよみがえって来ました。それこそ、小さい頃はFINAL FANTASY Ⅳの「四天王バトル」など、バトル曲を沢山聴いて育ちましたので。そんな思いを抱いている時、丁度ダイナ四バンドに拾われました。

 

ダイナ二 : 元々FINAL FANTASYの音楽が元々好きで、いざギターで弾いてみようと思った一番目の曲が「ビッグブリッジの死闘」だったんですよ。

 

ダイナ四 : 一発目からハードル高い感じだね(笑)。

 

ダイナ二 :そうそう、当時NintendoDSのアドバンス版をプレイしてたんだよ。アドバンス版にはゲームトップ画面の選択欄にサントラがあってね、それで「ビッグブリッジの死闘」をひたすら聴いてひたすら弾いてやっとの想いで耳コピ出来ましたね〜。そしたら、そんな自分をダイナ四が見つけてきて、ダイナ四バンドに拾われたんです。

 

ダイナ三 : 当時はただの動物だったもんね(笑)。

 

ダイナ四 : あれは雪の日だったね……拾ってやったら、彼は恩返しに来てくれました(笑)。そして、全裸になった時もありました……

 

 

……という設定です(笑)。

 

さて、自分のゲーム音楽の一番初めのはFINAL FANTASY Ⅰのカオス神殿のBGMかと思います。カオス神殿のマップは地面が真っ黒で、グラフィック的にもサウンド的にも、すごく神秘的な印象深かったんですよ。ゲームの内容もさることながら、その時に初めてゲーム音楽が自分の音楽の琴線に触れました。
同時に、ドラクエ2の「Love Song 探して」には個人的に逸話がありまして……あのメロディに合わせてプレイ当時は替え歌を歌っていましたね(笑)。その歌、確かカセットテープに残していたはずなんですけどねぇ……(笑)。

 

ダイナ一 : 録ってたんかい(笑)!

 

ダイナ四: 母親が面白がって録ってくれてたんだよ(笑)。確かこんな感じだわ……「僕たちの~〜〜、僕たちの〜〜〜!」的な感じ(笑)!

 

ダイナ二 : 何回「僕たちの〜」って言ってるんだよ(笑)!

 

ダイナ四 : あと、こんなverもあってだな……「熱い心が滾ってる〜!きっと君にもわかるよ〜!」的な感じ!

 

一同 : (大爆笑)

 

ダイナ三 : わからねぇえよ(笑)!

    Comments are closed, but trackbacks and pingbacks are open.