DIMLIM インタビュー

DIMLIM インタビュー

DIMLIM(読み方 : ディムリム)
HP : http://www.dimlim-official.com/home/
Twitter : https://twitter.com/official_dimlim
YouTube : https://www.youtube.com/channel/UCMZYEjd9SsCAx4EdgKWpCcQ

DIMLIMは2017年始動のヴィジュアル系エクストリームバンド。始動当初より、エクストリームメタルやデスコア、Djent、アンビエント、電子音、ダブステップ等をハイブリッドに掛け合わせた”禁忌的”サウンドを奏でている。また、聖(Vo)の鋭利なスクリーム・ガテラル・グロウル、そして儚さを感じさせつつも芯の通った美しい歌唱が演奏に重なり、DIMLIMは退廃的な美世界を表現している。

また、彼らは近年はヴィジュアル系シーンでの活動を横断し、他ジャンルとの交流も行なっている。2018年8月に行われた主催企画「オトノギ」では、同じヴィジュアル系からはK、L.O.V.E、そして他ジャンルからAiliph Doepa、ichika、Sailing Before The Wind、そこに鳴るを迎えた。

そんな禁忌的存在であるDIMLIMは2018年8月8日初の1stフルアルバム『CHEDOARA』をリリースした。これまでの彼らが持っていたエクストリーム……言い換えるならば”怒”や”哀”な部分は円熟し、その極みの中からは、どこか”喜”であったり、”楽”と、新たな要素も垣間見える。相反するはずの2面、動と静が極限まで振り切りつつも調和した禁断の1枚が完成した。

今回、『CHEDOARA』をリリースした彼らに対し、改めてその音楽的ルーツや本作の制作時の想い、活動における観念等を紐解くべく、メールインタビューにて話を伺った。

文 / DIMLIM 編集 / 宮久保仁貴


 

-DIMLIM音楽性はヴィジュアル系シーンみならず近年ではラメタルシーンでも認知される所となりましたが音楽性を紐解くべく皆様音楽的ルーツを改めて教えて頂けますでしょ

 

聖 : 歌謡曲などが多かった気がします。バンドでは、THEE MICHELLE GUN ELEPHANT、X JAPANなど……高校生くらいの時は、DIR EN GREYばかり聴いていました。ステージに立つ上で影響を受けた音楽は……沢山です。

 

竜弥:小学生の後半くらいから音楽を聴き始めたんですけど、その当時ドラマが好きだったので、いろいろな主題歌を中心に歌謡曲を聴いていました。中学生でX JAPANを知り、そこからヴィジュアル系やメタルなども知り影響を受けました。

 

大志:小さい頃からL’Arc~en~Cielを聴いてきて本格的にベース、そしてバンドを始めるきっかけとなったのもやはりL’Arc~en~Cielからの影響がありましたね。

 

鴻志:小学生の時に島谷ひとみに出会って音楽人生が始まって、そこからジャンル問わずにいろいろ聞くようになりました。メタルはあんまり詳しくないですが。

 

烈 : 洋楽から入って、the GazettE聴いて、メタル聴いてました。

 

バンドが始動してから1年経過しましたが、今まで活動されてきた中で一番印象深かった出来事を教えて下さい

聖 : ブロッコリーが好きになった事。

 

竜弥 : 上京してDIMLIMを始められた事ですね。

 

大志 : 新体制となった6月3日のワンマンライブは、僕の人生にとってターニングポイントとなりました。DIMLIMで活動している毎日が濃いので、これからもどんどんそういう事は出てくると思ってます。

 

鴻志 : ヴィジュアル系バンドマンになった事かな、と。

 

烈 : 音楽に対する考えが変わったな……と。

 

普段ライブノリはどなもが多いですか

大志 : ヘッドバンキングだったりジャンプだったり様々ありますけど、そこは皆が感じたように楽しめればいいのかなって思ってます。

 

烈 : ノリというものはあまり意識をして曲作りしてません。色々ジャンルや音楽シーンのノリはあると思いますが、各々好きなように楽しんで、感じてくれればそれが嬉しいです。

 

改めまして度はCHEDOARAリリースおめでとございますこちらリリース経緯を教えて下さい


【リリース情報】

【タイトル名】
『CHEDOARA』

【発売日】
発売中
購入 : http://amzn.asia/d/3Rf4PS5

【価格】
3,024円(※税込)

【収録曲】
1.EXORDIUM
2.GROTESQUE
3.Malformation
4. …物狂ひ…なりて
5.愛憎につき…
6.狂の理
7.Ambitiosus principles
8.Mad [K]
9.シガラミ – CHEDOARA MIX –
10.D.Hymnus
11.「vanitas – CHEDOARA MIX –
12.「人」と「形」


 

烈:ありがとうございます。フルアルバムでないと伝えたい事が伝わらないので……フルアルバム出しました。ノリとかではないです。このタイミングだからなんです。

 

作品名CHEDOARAにはど様な意味が込められているでしょ

 

聖:「喜怒哀楽」、この一言に尽きます。

 

本作はこれまで作品に続きエクストリームな箇所は進化を重ねつつキャッチーなパートも増えましたね本作聴きどころを皆様視点で教えて下さい

 

聖 : SEを含めた”通し”です。

 

竜弥 : 最初から最後まで聴き逃さないで欲しいです。

 

大志 : 聴きどころと言ったらもう全部ですね!勿論、一曲一曲それぞれが本当に素晴らしいのですがこのアルバム全てを最初から最後まで聴くとお腹いっぱいになるんですよね。耳が幸せになる感覚ってこういう事なんだと思います。このアルバムの楽曲を手掛けた烈は本当に凄いやつだなって尊敬してます。

 

鴻志 : 緩急ですね。曲調だけでなく曲順においても。通して聴くと一層楽しめます。

 

烈 : 聴き所は沢山あると思います。行く所は行く。引く所は引く。色んなトラップは用意しておいたので是非ハマってください(笑)。

 

本作制作時の裏話があれば是非教えて下さい。

 

聖:何曲か歌録りのその場で、メロディ、歌詞を変えたりしちゃってます。

 

竜弥:できていると思っていた事が波形を見ると全然甘くて……弾き方を変えてみたりして成長できました。

 

大志:これはもう何回か話しているのですがやっぱり「vanitas」のベースライン作りにはかなり苦戦しましたね(笑)。中々、思う様なベースラインが作れなくて。「vanitas」が固まってから他の楽曲のベースラインが順調に作れたので、この時に「僕にとってのDIMLIMはこうだ!」っていうのが明確になった気がします。

 

鴻志:「人」と「形」はフレーズがなかなか思い浮かばなくて苦労しました。

 

烈:エンジニアリングはMisanthropistの克哉です。音に関しては彼に絶対的な信頼を置いてるので頼んでます。
ジャケットワークは俺の弟のRyuseiがやってます。非常にぶっ飛んだもの持ってくるので毎回楽しみです。レコーディング全部難しかったですね(笑)。

克哉(Misanthropist) Twitter : https://twitter.com/fuckinkatsuya

Ryusei Instagram : https://www.instagram.com/ryusei_design/


直近話をすると本作からはvanitas」「愛憎につきMVが公開されていますねこちら収録時裏話を教えて下さい

 

 

 

聖:大志君が寝ながらたくさんベース弾いていました。

 

竜弥:今までMV撮影はあまり緊張しなかったんですが……今回の2作はかなり緊張しました。

 

大志:「愛憎につき…」の撮影場所が半端なく薄気味悪すぎました。開始早々衣装の装飾がぶっ壊れたました(笑)

 

鴻志:カメラアングル的にミュートを取っていたので、苦情がくる一歩手前でした。あと死ぬ程暑かったです。

 

烈:愛憎のMVのロケ地着いたら……俺のiphoneが割れた。

 

話は変わりますが皆さんが最近聴いた触れたりした中で、感銘を受けた人や物を教えて下さい

 

聖 : 他人の商度、人の意の如きは少なし。

 

大志 : 最近は邦楽・洋楽問わずヘヴィメタルの音楽をメンバーの影響もあって触れることが多くなりましたね。今まで聴いていたグランジやハードロックとはまた違ったグルーヴやサウンドが最高にやみつきになりますね。改めて音楽って素敵だなと感じます。

 

鴻志 : めぞん一刻。これに勝るラブコメは無いんじゃないでしょうか。高橋留美子はレジェンドですね。

 

先日はCHEDOARAレコ発として主催企画オトノギを開催されましたね出演アーティストは同じヴィジュアル系からはKL.O.V.Eそして他ジャンルからはAiliph DoepaichikaSailing Before The Windそこに鳴るが出演されましたねいずれもかなりテクニシャンが集まったイベントでしたが出演者を選ばれた際に注力していた事を教えて下さいまた手応えは如何でしたか

 

 

 

聖:音楽してる人。そして……手応えアリ!です。

 

竜弥:手応えは勿論、個人的にもバンドでも課題が沢山見つかったので良かったです。

 

大志:初主催なのもあったので当然、インパクトのある一日にしたいなと思ってました。凄く充実した1日になりましたしDIMLIMとしても次へのステップになったと確信したので大成功だったと思います。

 

鴻志:Ailiph Doepa以外は他のメンバーに任せてたのですが、本当に良いイベントだったと思います。

 

烈:かっこいい人達を選びました。

 

今後もこな異種格闘技戦的なイベントは行われるでしょまたDIMLIM自身としても他ジャンルと対バンは希望されますか

 

聖:やります。

 

竜弥:どんどんやっていきたいですね。

 

大志:勿論、企画も含め色々と考えてますね。枠に囚われる必要はないと思いますし純粋に僕がオーディエンス側だったとしたらやはりライブハウスの醍醐味は「音を楽しむ」事だと思うので。

 

鴻志:定期的にやっていきたいです。

 

烈:何言われようが自分らのやりたい事やります。

 

今後予定としては9/24に「CHEDOARA」購入者限定ONEMAN LIVE EXORDIUM」が開催されますねこちらに対して意気込みをど

 

 

 

聖:はじまり。はじまり。です。

 

竜弥:全力でやります。

 

大志:購入者限定ということでこの機会だからライブにも行ってみようって方もいると思うんですよね。普段からライブに来てくれているお客様も含めて全員が「最高に楽しかった!」って感じてもらえるライブを展開できる様に頑張りたいです。

 

鴻志:汚い声、沢山聴かしてください。

 

烈:ライブに来た事ない方。この機会に是非。体感しに来てください。最高のライブにします。

 

それでは、今後目標を教えて下さい

 

聖:そろそろ自分のマイク買います。

 

竜弥:ずっと前からの目標なんですけど、海外でライブをしてみたいです。

 

大志:目標は大きくワールドツアーです。

 

鴻志:地元の千葉でライブしてみたいですね。

 

烈:たくさんあります。書ききれません。

 

今回はご回答頂きましてありがとうございました!それでは最後にTOPPA!!読者へメッセージをど

 

聖:また、どこかで……。

 

竜弥:是非ライブを体感しに来てください。

 

大志 : 今回は最後までインタビューを読んでいただきありがとうございます。改めて、8月8日に発売された1st CONCEPT FULL ALBUM「CHEDOARA」の購入者限定ONEMANが9月24日に渋谷CHELSEA HOTELで開催されます。是非、遊びに来てくださいね。

 

鴻志:変な人達ばかりですみません。DIMLIMをよろしくお願いします。

 

烈:ありがとうございました!

Comments are closed, but trackbacks and pingbacks are open.