E-Ⅱシリーズ / 株式会社ESP マーケティング開発室 菅田雄一氏 インタビュー

E-Ⅱシリーズ / 株式会社ESP マーケティング開発室 菅田雄一氏 インタビュー

ESP GUITARS JAPAN
HP : http://espguitars.co.jp/
Twitter : https://twitter.com/ESPGuitarsJP
Facebook : https://www.facebook.com/ESPGuitarsJAPAN/
Instagram : https://www.instagram.com/espguitarsjapan/

ギター及びベースを志す人間にとって、必ず一度は目にした事がある楽器メーカー、ESP。本ラインESPを軸に、NavigatorやEDWARDS、GrassRoots等のブランド、そして数々の名アーティストのシグネイチャーモデルをリリースされている。いずれのブランドも知名度は勿論の事、そのスペックも折り紙つきであり、国内外問わず数多くのプレイヤーが愛機としてセレクトしている。

そして、今回ご紹介させて頂く「E-Ⅱ」シリーズもESPブランドの中の一つだ。元々ESP USAが開発をスタートした当ブランドだが、今ではここ日本でもラウド・メタルシーンを中心に、根強いファンベースを築いている。近年では、2016年に期間限定で発売されたBABYMETALとのコラボレーションモデルである「ARROW-7 BABYMETAL」で、ブランドの事を知ったユーザーも多いのではないだろうか。

今回、E-Ⅱのギアとしてのスペック詳細や、日本ローンチ時の逸話等を聞くべく、株式会社ESP マーケティング開発室所属の菅田雄一氏に対し、メールインタビューを実施した。

文 / 菅田 雄一 編集 / 宮久保 仁貴


 

-まず初めに菅田様の簡単な自己紹介、及び貴社内(ESP)内での業務内容をお教え下さい。

 

菅田 : はじめまして、株式会社ESPにて、マーケティング開発室に所属しております菅田と申します。元々自分はESPミュージカルアカデミーのギタークラフト科(※現ESPエンタテインメント東京 楽器技術科ギター製作コース)に通っておりました。その後、卒業と同時に同校講師となり、後進の指導に携わっておりました。その後、ご縁がありまして、ESPマーケティング開発室に異動となり、現在に至ります。主な業務内容は自社ウェブサイトの運営管理、弊社エンドースメントアーティストの使用する楽器のケア、新商品開発など多岐に渡ります。

 

-それでは、貴社がリリースされていらっしゃいます各ブランドのご紹介、そしてE-Ⅱブランドの歴史を教えて下さい。

 

菅田 : まず、弊社のブランド構成についてお話しさせてください。弊社には価格帯に分けられたブランドがいくつか存在しています。設立当初のブランドで、現在はトラディショナルモデルのみをリリースしているNavigatorと、会社名でもあり全ての核となっているESPがございます。そして、ハイコストパフォーマンスモデルのEDWARDS、エントリーモデルのGrassRootsとなります。ざっくりと50万円程から5万円程と、かなり幅の広い価格帯を網羅しています。他には海外市場を中心に展開しているLTD(※EDWARDSからGrassRootsまでのクラスと同等)があります。こちらは数機種のみ日本市場でも販売していますが、原則として海外市場のみで販売しています。

そして、E-Ⅱに関しては、まずはじめに立ち上がりからご紹介させて頂きます。触れ弊社内で多くのブランドがある中、海外ユーザーからESPとLTDとの間を埋めるブランドを求める声が多くあり、新しいブランドを立ち上げることになりました。それがE-IIシリーズになります。

その後、同シリーズはESP USAが主導して企画開発を行うブランドとして正式に動き出すことになり、2014年に正式に全世界で販売をスタートしています。日本の位置付けは、ESPオリジナルとEDWARDSの間のクラスになります。基本的にはESPの代表機種であるHORIZONやECなどを展開していますが、ESPにはない、E-IIのみの仕様で展開しているモデルも数多くあります。

 

-現在E-Ⅱシリーズは国内外問わずメタル/ラウド系ミュージックシーンを中心に、有名アーティストがエンドースを受けていたり、シグネイチャーモデルをリリースされていらっしゃいますね。いずれも素晴らしいアーティスト様が使用されていらっしゃいますが、こちらの基準はございますか?

 

菅田 : よく聞かれる質問なのですが、我々は特に基準を設けている訳ではありません。ただ、これまでの歴史の中で、特にUSAやEUではハードロックやヘヴィメタル、最近ではラウド系と呼ばれるエクストリームロックのアーティストに好まれて使用されてきた実績がございますので、ESP=メタルギターの印象が強いのかもしれません。それはデザインやカラーリング、そしてサウンドに顕著に現れていると思います。確かにメタル以外のジャンルでは少々使い辛いかもしれません(笑)。

 

-それでは、E-Ⅱシリーズのギター/ベースならではの特色/こだわりを教えて下さい。

 

菅田 : サウンドが優れているのは当たり前、大前提ですので、あえてそこに注力はしていません。つまり、サウンドが優れていない楽器は弊社のラインアップに存在していない、と言う事です。サウンド以外での重要なポイントとなると、ボディシェイプやヘッドシェイプを含めルックスがカッコいいかどうかでしょうか。やっぱり自分が弾いていてテンションのあがる楽器を使いたいと言いますか。

そして、カラーリングも重要です。先の質問でも出てきた音楽性のアーティストが多く使用していますので、どうしてもソリッドで暗いブラック系のカラーが多くなります。ここ最近はサテン系(艶消し)の塗装が好まれています。他にはいわゆるフレイムやキルテッドメイプルなどの杢目が出ている木材をトップに使用しているモデルに関しては、杢目が際立つカラーリングになるのですが、こちらも豪華なルックスで人気は高いですね。

サウンドの核となるピックアップに関しても出力が高めのモデルを搭載している機種が多く、パッシブタイプではSeymour DuncanのSentinentやNazgulなど、多弦に焦点を当てて開発されたものや、モダンヘヴィネス系に愛用者が多いBare Knuckle、アクティブタイプでは定番のEMGや、最近登場したFishmanのFluenceなどを採用しています。

    Comments are closed, but trackbacks and pingbacks are open.