兀突骨 インタビュー

兀突骨 インタビュー

兀突骨 (読み方 : ごつとつこつ)
メンバー(LtoR) : 円城寺慶一(Gt) 高畑治央(Ba/Vo) 秋田浩樹(Dr)
HP : http://jp.gotsutotsukotsu.com/
Twitter : https://twitter.com/GotsuMetal
Facebook : https://www.facebook.com/Gotsu-Totsu-Kotsu-%E5%85%80%E7%AA%81%E9%AA%A8-137420836295935/

日本のエクストリーム・メタルシーンを語る上で欠かせないバンドが、埼玉は川越に存在する。ex.DEFILEDの高畑治央により結成された兀突骨だ。「川越の残虐王」の名にふさわしく、デス・スラッシュメタルに特化した爆走&暴虐サウンドで、オーディエンスを音で蹂躙している彼ら。また、彼らの出で立ちもしかり、歴史をテーマにした日本語詞も特徴的で、3人の豪傑的武士が現世に蘇ったかの様な印象を受ける事間違い無しだ。

今回TOPPA!!編集部は、改めて彼らのバンド結成のきっかけや音楽的ルーツ、近年の海外ツアーの手応えなど、彼らの今昔を振り返るインタビューを実施した。

取材・文・編集 / 宮久保 仁貴 写真 / Mizuki Kawamata


 

TOPPA!!初登場ということで、改めまして、バンド結成の経緯、現在に到るまでの経歴を教えて下さい。

 

高畑 : 2000年4月に私主導で兀突骨を結成しました。
当時は4人組のメンバー編成で、実はVoがいたんですよ。
その後、諸々ありまして、Voが脱退し、自分がBa/Voスタイルの今の3ピース体制になりました。
メンバー変遷を経て、2014年の1月に秋田(Dr)が加入、円城寺が2014年6月に加入、この3人の不動の体制で活動しています。

 

バンドとしての音楽的ルーツ、各メンバーの音楽ルーツを教えて下さい。

 

高畑 : オリジナリティのあるメタルをやりたい想いがバンド結成のきっかけですね。結成当時はアジアンチックなサウンド流行っていた時期でもあり、そこの影響も受けつつ、兀突骨はスラッシュメタルに近づいていく形になりました。
また、以前のVoが脱退し、自分がVoとして歌うようになってから、デスヴォイスで歌うスタイルに変化を遂げました。
自分の音楽的ルーツを語ると、幼稚園の年少ぐらいからメタルを聴いて育ちました。

 

メタル歴が長いですね!

 

高畑 : まぁ、兄貴の影響なんですけども(笑)。
IRON MAIDEN、JUDAS PRIESTの正統派から始まりました。

そして、ベーシストとしてジャズやファンクも通りましたが、メタルが一番好きなんだなと今も昔も思います。

今の自分のプレイスタイルに影響を与えたのは、PRIMUSのLes Claypool(Ba)とファンクレジェンドのLarry Grahamですね。スラップに関しては、元SUICIDAL TENDENCIES、現METALLICAのRobert Trujillo、FAITH NO MOREのBilly Gouldですね。

 

兀突骨はおおまかにジャンル分けすると、スラッシュメタルやデスメタル、デスラッシュにカテゴリ分けされますね。ただ、テクニカルなフレーズだったり、ジャズやファンク色の強いスラップ等が他のバンドには無い点だと思います。
高畑さんのルーツを考えると、バンドの骨格となっている要素が感じられました。

 

円城寺 : 続いては、僕のルーツを語りますね。僕の母親がピアノの先生だったんですよ。その影響で小学校までピアノをやり始めたのが音楽活動を始めたきっかけですね。

そこから中学に入り、MEGADETHの影響でギターを買ってもらうんですが、それが間違ってアコースティックギターだったんですよ(笑)。そして、高校に入り、どんどんギターヒーローに憧れてギターの道を追求する様になりました。それこそ、Michael AngeloやMR.BIGのPaul Gilbert、当時ギネス記録で世界一速くギターを弾いた男Tiago Della Vegaですね。

 

 

BURNING IN HELLの元ギタリストですよね!DRAGONFORCEやCELLADORと共に、当時のメタルシーンで大きくフックアップされていましたね。

 

円城寺 : 確か、当時テレビ番組の「世界仰天ニュース」にも取り上げられていたかと思います。一緒にギターをやっていた友達は、彼のサウンドを聴いてただただ「凄い……!」と言っていたんですが、そこで自分は「このサウンドに勝ちたい……!」と思ったんですよ。そこから早弾きを練習するようになりました。
この想いが根底にあり、音楽の専門学校に進んで全てのジャンルを経験し、今では兀突骨との活動と両立して音楽講師としても活動しています。

 

よく円城寺さんの高速シュレッド動画がTwitterでバズっていますよね。1日に平均何時間ギターを弾かれるのでしょうか?

 

 

円城寺: 教える時間を含めれば、最低7時間以上はギターを弾いていますね。

 

秋田 : 自分もジョージさんと同じく、親がピアノの先生でして、小学校の時にピアノを習い始めたのが音楽に触れたきっかけですね。ドラム自体は小学2年生から叩き始めました。

HR/HMの入りは、クラシックなハードロックDEEP PURPLE、BON JOVIから始まりまして、中学生の時には、よりハードロックからへヴィメタルへと方向性が寄って行きました。

プレイヤーとしては、元SlipknotのJoey Jordisonに影響を受けました。
ただ、こういったエクストリームなドラムをプレイするようになったのは、実は結構遅くからなんですよ。兀突骨に入り、高畑さんが「もっと練習しろ!」と言うもんですから(笑)。

 

高畑 : 言うならば、高畑ヨットスクールですね!

 

それちょっとマズいやつですよ(笑)!

 

一同 : (笑)。

Comments are closed, but trackbacks and pingbacks are open.