Graupel(グラウペル) インタビュー

Graupel(グラウペル) インタビュー

(インタビュー時:2017930)YouTube上の再開回数50,000回を突破している「Etherial」の聴きどころ、拘りを教えて頂ければと思います。

 

Yuu : 簡単に言えば、「速いぞ!凄いぞ!リフが強いぞ!」っていう(笑)。

 

この3 = Graupelといっても過言ではない訳ですね()

 

Yuu : そうですね!

 

Julien : Etherialの聴きどころは圧倒的にBPMが速い点、リフやドラマー的にはブラストビートとかが特にそうですね。
そういった激しいパートもありつつ、細やかで綺麗なコード使いが重なり合っている点を聴いて頂ければ、と思います。

 

最近このバンドが来ている!、現在のラウドメタルコアシーンについて感じる事などあれば教えて下さい。

 

Yuu : 同じシーンでやっているバンドだとHORSEHEAD NEBULAや、札幌のTsvlalaですね。
あとはBloodAxeに出てたSECONDLOWが良かったです。ベストアクトでした。
あまりジャンルとして接点はないのですがtataraやsans visage、Super Structureとは一度一緒にやってみたいです。

 

Julien : 今度のCrystal LakeのTrue North Festivalに出演するA Ghost of FlareとSable Hillsには良きライバルとして負けたくないですね。

 

Yuu : 優勝したいね(笑)。

 

Kai : この前来日していたAfter The Burialにはシビれました。

 

源田 : 自分も同じくですね。

 

Yuu : この手の界隈に関して言えば、良い意味で昔に比べて人が増えたと感じています。

 

Sota : そうだね、自分がバンドを始めた頃に比べて、若いバンドマンやお客さんが目立つなと最近思います。

 

Kai : 確かに。僕も22歳だし、Graupelの平均年齢が23歳ぐらいなので、結構若いと思われているんですけど、実際は10代の高校生~大学・専門入りたてのお客さんやバンドマンも増えてきているので、相対的にはそんなに若くないんですよ。

 

Sota : これだけSNSが発達した世の中なので、ライブハウスに来てくれる人は勿論、潜在的にこの手の音楽を聴く人は増えてきているんじゃないかなと感じます。

 

Julien : 良くないなと思う所は、シーン全体的に、結構バンドの個性が出しにくい時代だなと感じます。

 

Yuu : Graupelはおかげさまで好きにやらせてもらえてるけどね。

 

Julien : 周りの人と好みが若干違う人間が集まってるからね。

 

Yuu : あと、人の入れ替わり激しくない?

 

Sota : そうだね。結成解散のサイクルが早いと思う。
学校を卒業して、社会人になって就職してバンドを辞めて、シーンを卒業するパターンが多いなと思います。少し寂しいですけどね。

 

今後の予定(リリースライブ情報等)を教えて下さい。

 

Yuu : このインタビューの公開時には、もう既に新曲を1曲、『Towpath』を公開しておりまして、
来年の春ぐらいにはアルバムをリリース出来ればと考えています。

Julien : あとは今年の12月にはリリース予定のアルバムから新曲を公開予定です。
こちらの詳細に関しては、随時僕たちのSNS(Twitter / Facebook)から公開予定ですので、
是非フォロー/いいね!してチェックして頂ければ、と思います。

 

Yuu : ライブに関しては、直近ですと10月21日にCrystal LakeのTrue North Festival@新木場Studio Coastがあります。
新木場で初めて見る人も多いと思うので、その日に出演するどのバンドよりもいいライブをして、皆さんの心を鷲掴みにしたいですね。
ただ、ここに限らず、どのライブでもその日のライブが今までで最もいいライブになるように心がけています。

 

Julien : 是非、僕達のライブを見て欲しいですね。

 

これからを担う若手バンドマンキッズへのメッセージをどうぞ。

 

メンバー一同 : 何事も途中で辞めなければいい方向に向かっていくと考えています。
自分を信じてやり続ければカタチになるので、諦めずに自分の道を突き進み続けてください!
バンドをやっている、やりたいという人はいつか大きなステージで共演しましょう!
ステイメタル!

    Comments are closed, but trackbacks and pingbacks are open.