黒沢ダイスケ インタビュー

黒沢ダイスケ インタビュー

黒沢ダイスケ (読み方 : くろさわだいすけ)
HP : http://kuro-music.com/
Twitter : https://twitter.com/kuro_96chang
YouTube : https://www.youtube.com/user/kidokyomei

皆さんは普段音楽ゲームはプレイされるだろうか?据え置きタイプやゲームセンターの筐体タイプ等様々形態やソフトがあるが、その中でも『BEMANI』の存在をご存知の読者も多いのでは無いだろうか。この音楽ゲームを語る上で、黒沢ダイスケ氏の事は外せない。

黒沢氏は1983年生まれのコンポーザー・ギタリスト。彼は2003年DREAM THEATER主催のSongwriting Contestで自作曲「D.N.A.」にて2位を受賞した事をきっかけに、プロギタリスト、そしてコンポーザーとしての道を歩み始めた。その後、2006年から2017年96(クロ)名義にてゲーム音楽作曲家としてKONAMIに在籍し、その間BEMANIシリーズの作編曲やTVアニメ『おそ松さん』のOP「はなまるぴっぴはよいこだけ」やTVアニメ『BORUTO-ボルト-』ED曲「デンシンダマシイ」の編曲を担当する等、マルチスキルを発揮している。

そんな黒沢氏は、2018年8月8日に5年ぶりの2ndソロアルバム『BLACK ALBUM 2』をリリースする。本作は彼のゲーム音楽キャリアにおいて欠かせない珠玉の名曲達がブラッシュアップされて収録されている。

今回、『BLACK ALBUM 2』をリリースする黒沢氏に対し、改めて彼の音楽的ルーツや本作の聴きどころ、彼自身の音楽観等を聞くべく、メールインタビューにて話を伺った。

文 / 黒沢ダイスケ   編集 / 宮久保仁貴


 

-TOPPA!!初登場という事で、改めまして黒沢様の自己紹介をお願い致します。

 

黒沢 : コンポーザー・ギタリストの黒沢ダイスケと申します。2006〜2017まで11年間ゲーム会社のKONAMIでお仕事をさせていただき、入社から一貫して主に音楽ゲームの楽曲制作を担当しておりました。今回のアルバムのようなプログレギターインストのような音楽を得意としておりますが、元々J-POPが好きなので歌物も作るのは好きです。近年ですと、2015年のTVアニメ「おそ松さん」の初代OP曲「はなまるぴっぴはよいこだけ」の作曲を担当しました。

 

それでは、今回改めまして黒沢様の音楽的ルーツを教えて下さい。

 

黒沢 : 元々はJ-POPが好きで、初めて買ったCDはシャ乱Qです。中学3年間アメリカに在住しており、何か習い事をしたいと思い始めたのがギターなので、特定のギターヒーローに憧れて、というパターンではありませんでした。

また、元々ものを作ること全般とパソコンや機械が好きだったので、パソコンで音楽を作るという事も中学時代から始めていました。その後純粋に技術を磨くために、より難しい練習曲を、という流れで必然的にDREAM THEATERに行き着きました。2003年にDREAM THEATERが主催する公式作曲コンテストに応募し、自作曲「D.N.A.」にて2位を受賞しました。その後色々チャンスが広がりましたので、DREAM THEATERは自分の人生にとって今後も絶対的に外せない存在です。

 

この度はソロアルバム『BLACK ALBUM 2』のリリースおめでとうございます!本作は前作から5年ぶりのリリースとなりますね。今回のリリースのきっかけを教えて下さい。


【リリース情報】

【タイトル】
『BLACK ALBUM 2』

 【発売日】
2018/8/8
Amazon 予約URL : http://amzn.asia/asvfeSJ

【価格】
2,800円(※税抜)

【収録曲】
1.INSPION
2.From Hell to Breakfast
3.R.I.
4.Agartha
5.El Nino
6.Phantom Razor
7.Yakudoshi
8.La Nina
9.Dragon Burst
10.Spiral Waves
11.D.N.A. (Revisited 2018)


 

黒沢 : 2017年に独立してから、まず一つの目標として、”自分の裁量でアルバムをリリースする”、という事を掲げてきました。ゲームへの提供曲の公開タイミング等の都合上、1年以上かかってしまいましたが、ようやく正式に発表することが出来ました。「INSPION」を作ってから……と数えると1年以上ですが、その間別のお仕事があったのでその合間を縫いつつ少しずつ進めていました。ジャケのやりとりなど本格的に始めたのは3月あたりからです。

 

本作は「D.N.A.」の再録が収録される等、ファン垂涎の名曲達が収録されていらっしゃいますね。本作の聴きどころを黒沢様視点で語って下さい。また、選曲の基準はございますか?

Comments are closed, but trackbacks and pingbacks are open.